エフセキュアブログ

Conficker - 何が起きているのか?

 ニュージーランドでは4月1日に入って18時間ほどになるところだが、アメリカ合衆国の東海岸では、まだ4月1日になって間もない頃だ。それで、何が起きているのだろうか? 今のところ何も。すでにご紹介したように、Confickerワームに感染したコンピュータが5万ドメインものリストを生成し、そのうちの500に向かおうとしているが、これまでのところ、アップデートは入手可能になっていない。

 実際我々は、アップデートが登場するとは思っていない。少なくとも今のところは。

CNN and Conficker

 とは言え、cnn.comのトップページで分かるように、Confickerワームは現在も主要なニュースとなっている。

 Mikkoは、Twitterで最新情報を投稿する予定だ。

TEST

TEST

メディア関係者の皆様へ

メディア関係者の皆様へ

(1)エフセキュアブログはリンクフリーです。エフセキュア株式会社の事前あるいは事後の承諾無くリンク可能でございます。但し、リンクいただいた旨のご一報をいただけると担当者は嬉しく存じます。

(2)エフセキュアブログに掲載された記事の、新聞・雑誌・書籍・レポート・各種資料・オンラインメディアへの引用は自由に行うことができます。但し、情報セキュリティに関わる記事であるため、特に公共性の高いメディアの皆様に対して、引用されたドキュメントや情報の、配布・配信後の安全性の観点を鑑み、掲載前にエフセキュア株式会社により、内容を確認させていただくことを推奨申し上げております。文末の担当者宛に、お気軽にご連絡をいただけますと幸いです。

(3)エフセキュア株式会社は、エフセキュアブログ掲載記事に関する詳細な情報や、掲載記事以外の各種情報、データをご準備いたしております。取材やインタビューに関するすべてのお問い合わせは、文末の担当者宛にコンタクト下さい。

(4)エフセキュアブログの目的と構成を記載した「エフセキュアブログ試験運用開始−このブログについて」をご一読下さい。

(5)エフセキュアブログは投稿時刻を全て日本時間で表記いたしております。そのため、エフセキュア研究所の英語ブログF-Secure Weblog : News from the Labの投稿時刻と異なります。

(6)エフセキュア株式会社による事前確認を経ない引用記事の配布・配信によって発生したあらゆる損害やトラブルに関わる損害賠償責任を、エフセキュア株式会社は免れます

ご連絡先
エフセキュア株式会社
〒107-0052
東京都港区赤坂2-11-7 ATT新館6F
電話番号 03-5545-8940
FAX番号 03-5545-8945
担当:マーケティング部
メールアドレス:  info-japan @f-secure.com 

エフセキュアブログについて

エフセキュアブログは、2009年(平成21年)4月1日よりエフセキュア株式会社により運営されています。当ブログは、エフセキュア社セキュリティ研究所の英語ブログ及びマレーシアのセキュリティ研究所から寄稿される記事の日本語訳をそのときのテーマとして、先端セキュリティ専門家である日本のブログメンバーが記事解説を行うことで、セキュリティについて考え、最新情報を収集し検討する場所を作ることを目的に開設されております。

------------------------------------

■ エフセキュアブログのトラックバック機能をご活用下さい。なお、適切な運用管理の目的で、書き込まれたトラックバックを予告無く消去することがございますので、予めご了承ください。

■ エフセキュアブログは、下記の記事によって構成されます。

1. 以下のエフセキュア・コーポレーションのセキュリティ研究所スタッフによる、英語版ブログへの投稿記事の翻訳
 - ミッコ・ヒッポネン (エフセキュア セキュリティ研究所 主席研究員)
 - ショーン・サリバン (エフセキュア セキュリティ研究所 セキュリティ・アドバイザー)
 - ウェブセキュリティチーム
 - レスポンスチーム
   - ヒリアチ・アリア
   - ミカ・スタルバーグ
   - トニ・アラピールト
   - ナイ・ダン
   - アンティ・ティッカネン
   - ジャルノ・ネメラ
   - サラ・ジャマルディン
   - エラ・エリクソン


※なお、上記寄稿者による記事投稿時刻をエフセキュアブログは、GMTに9時間プラスした日本時間で表記しています

2. 以下のエフセキュアブログ日本メンバー(2012/5/15現在)による記事
 - 高間 剛典 (メタ・アソシエイツ代表)
 - 星澤 裕二 (株式会社セキュアブレイン 最高技術責任者)
 - 岩井 博樹 (デロイト トーマツ リスクサービス株式会社)
 - 福森 大喜 (株式会社サイバーディフェンス研究所 上級分析官)
 - 鵜飼 裕司 (株式会社FFRI 代表取締役社長)
 - 福本 佳成 (楽天株式会社 システムセキュリティ室 室長)

3. 以下のエフセキュア日本法人スタッフ(2012/5/15現在)による記事
 - 神田 貴雅 (エフセキュア株式会社 プロダクトグループ 部長)
 - 富安 洋介 (エフセキュア株式会社 プロダクトグループ)
 - コーポレートセールスチーム (エフセキュア株式会社 法人営業部)

■ エフセキュアブログの翻訳及び運用管理は下記のメンバーが行います。
  - ブログ管理: エフセキュア株式会社 マーケティング部

■ エフセキュアブログ日本メンバーは、エフセキュア株式会社と、当ブログの開設趣旨にご賛同いただき、ご協力を快諾いただいた、情報セキュリティ各領域の専門家の皆様によって構成されています。

上記のエフセキュアブログ日本メンバーによる寄稿記事は、あくまでも各メンバー個人の研究実績と経験により行われます。そのため各記事は、メンバーの属する組織や企業では必ずしも無く、各メンバー個人の見解及び意見であり、すべての記事は、その内容の完全性を保証するものではございません。

インターネット上のコミュニティサイト等におけるエフセキュアブログ関係者、ならびにエフセキュア株式会社の社員による発言やコメントは、エフセキュアの正式な見解またはコメントではございません。エフセキュア株式会社の社員は、インターネット上の様々なコミュニティサイトにおいて、エフセキュアが提供している製品・サービスに関するテクノロジや使用方法などのコミュニケーションに参加することがあり、各コミュニティサイトに参加されているお客様が、より有益な情報をより速く得られるよう、協力させて頂く場合がございます。ただし、それらのエフセキュア株式会社の社員による発言やコメントは、そのコミュニケーションが行われた時点での情報で、個人的な見解、並びに研究実績と経験が含まれている場合もあり、エフセキュアの正式な見解やコメントではございません。従いまして、エフセキュアは、いかなるエフセキュア株式会社の社員による発言・コメントについても保証するものでないことを予めご了承下さい。

各コミュニティサイトを通じて得られた情報に基づいて行ったお客様または第三者の行為につきましても、エフセキュア株式会社・エフセキュアブログ、およびその関連会社は、いかなる責任も義務も負いかねますので、予めご了承下さい。

詳しくは、各コミュニティサイトの「利用規定」や「ガイドライン」をご参照ください。

■ 英語記事の翻訳は、英語記事投稿者の了承を得、エフセキュアブログ編集部によって細心の注意をもって行われますが、英語記事作者のプルーフリードを経たものではございません。また、翻訳の意味内容やニュアンス、専門用語の表記等々において、翻訳の完全性をエフセキュア株式会社は保証申し上げるものではございませんことをご承知おき下さいますようお願い申し上げます。

■ 当エフセキュアブログは、2009年4月中を目処に内容やデザイン等に関して、利用者の皆様のご意見や、ブログメンバーからのフィードバックを元に試験運用を行い、2009年5月20日より正式運用開始しております。

------------------------------------
本ブログに記載された情報に起因する損害及びトラブルに関して、エフセキュア株式会社、及びブログメンバー、解説者、コメンテーターは、あらゆる賠償責任を免れます
バックナンバー
セキュリティ関連リンク
セキュリティ機関

政府関連

セキュリティ関連団体

研究機関・大学
詳細カテゴリ
メディア関係者の皆様へ
エフセキュアブログメンバー
エフセキュアブログメンバー
ミッコ・ヒッポネン
エフセキュア CRO(セキュリティ研究所主席研究員)(ヘルシンキ)
(Twitterアカウント)
(研究所Twitter)
ショーン・サリバン
エフセキュア セキュリティ・アドバイザー(ヘルシンキ)
(Twitterアカウント)
高間 剛典
メタ・アソシエイツ代表
(公式ブログ)
(Twitterアカウント)
星澤 裕二
株式会社セキュアブレイン 最高技術責任者
(公式ブログ)
(人物紹介)
岩井 博樹
デロイト トーマツ リスクサービス株式会社 (〜2013年3月 株式会社ラック) 情報セキュリティ大学院大学 客員研究員
(Twitterアカウント)

(人物紹介)
福森 大喜
株式会社サイバーディフェンス研究所 上級分析官
CDI-CIRTメンバー
(人物紹介)
鵜飼 裕司
株式会社FFRI 代表取締役社長
(人物紹介)
福本 佳成
楽天株式会社 システムセキュリティ室 室長
Rakuten-CERT representative
(人物紹介)
神田 貴雅
エフセキュア株式会社 プロダクトグループ 部長
富安 洋介
エフセキュア株式会社 プロダクトグループ
コーポレートセールスチーム
エフセキュア株式会社
(エフセキュアブログ公式Twitterアカウント)

海外記事翻訳
株式会社イメージズ・アンド・ワーズ
エフセキュアメールマガジン

ブログに載らないメルマガ限定情報や、技術者インタビュー、製品情報、技術解説を掲載して毎月一回配信します。アドレスのみの登録で購読無料。

エフセキュアブログQRコード
QRコード