前回の記事でワンクリック詐欺サイトについて触れるのを忘れていました。iPhoneのSafariの設定画面に「詐欺Webサイトを訪問したときに警告します」と書かれているので、無駄だとは思いましたが、いくつかワンクリック詐欺サイトを訪問してみました。予想通り、ワンクリック詐欺サイトで警告が表示されることはありませんでした。

ちなみにiPhoneでワンクリック詐欺サイトにアクセスすると次のような感じになります。

oneclick1まず年齢認証などの確認画面が表示されます。最近のワンクリック詐欺サイトは1回のクリックで契約が完了、利用料金請求というサイトは皆無に等しいです。















oneclick2パスコードと年齢を入力してログインすると、アクセスしたPCのIPアドレスやプロバイダ名などを記した契約に関するメッセージをポップアップ表示します。個人が特定されているから利用料の支払いは避けられないと利用者に思い込ませるワンクリック詐欺の常とう手段です。













oneclick3ポップアップメッセージを閉じると会員登録完了のページが表示されます。振込先や支払い期限、不払いの場合の注意事項などが記されています。