何万ものノードを持つ大きな組織にとって、アップデートの配備は、複雑なプロセスとなる可能性がある。プロダクション・ネットワークを開始するため、配備の前には多くのテストが必要とされる。

  そのため、火曜日のアップデートにはしばしば、テストのスケジュールを議論するべく、「水曜日のパッチ・ミーティング」を開く必要が生じる。

  Microsoftは現在、便利な視覚手助けを用意している。

  Microsoft Security Response Center(MSRC)による10月の速報に関する記事には、グラフィカルな「Severity and Exploitability Index」が含まれているのだ。

Severity and Exploitability Index

  IT管理者にとっては、「Deployment Priority」という配備のプライオリティを示すチャートがより便利だろう。

Deployment Priority

  限られたリソースで、どのパッチを最初にテストすべきか決定する必要がある人々にとって非常に便利だ。ありがとう、Microsoft。