私はソーシャル・ネットワークのファンだったことは一度もない。

Twitter Logo  Facebookには参加していない。Myspaceにも。LinkedLnにも。

  しかし昨年、Twitterとかいうものを見てみようと考えた。

  Twitterが有益かどうかを見極めるため、2009年末までの2ヶ月間をお試し期間とした。そしてもし、役に立つとは思わなければ、使用するのはやめようと考えた。

  試用期間中、Twitterは他のソーシャル・ネットワークとはかなり異なることが分かった。これはプロフェッショナル・ツールとして、実際かなり有益だ。

  多くの人々は、Twitterが一体何なのか本当には理解していない。これらの人々は、他の人々に自分たちの日々の雑事(「朝食にコーンフレークを食べた!」)について語ることができるシステムだと考えている。これはTwitterの用途ではない。

  Twitterは専門家が自分自身の分野で、重要な展開に対するメモやリンク、示唆などを共有する時、最高の状態となる。

  データ保護の分野では、新たな脆弱性に関するメモかもしれない。突発的な事件。フィッシングの実行。あるいは他の何かかもしれない。

  そして今日では、それについて最初に耳にする場所はTwitterなのだ。ニュースでもなければ、ブログでもない。Twitterだ。

  私自身、Twitterで5000人のフォロワーを獲得しており(ありがとう!)、続けていこうと考えている。

  そしてTwitterで素晴らしいのは、サインアップする必要がないということだ。すべてパブリックなのである。

  皆さんは単に誰かのつぶやきを閲覧するか、search.twitter.comでグローバル・サーチを行えば良い。

  Twitter以前は、何か重要なことが進行している場合、最初の警告とそれに関する最初の議論は、メールや閉鎖的なメーリングリスト、テキスト・メッセージなどを介してプライベートに行われた。現在、多くはTwitterで、パブリックに起きる。そして、それをフォローするのにTwitterアカウントを持つ必要さえ無いのだ。

  例として。仮にTechCrunchのような主要なWebサイトがハッキングされた場合、Twitterで「TechCrunch hacked」と検索することで、一番最初の警告を見、何が起きているのかを読み、専門家の最初の意見を得ることができるだろう。

TechCrunch hacked

  そして最高の側面は、Twitterにはコンピュータ・セキュリティの分野の興味深い人々が大勢いるということだ。

Tweeters

サインオフ
ミッコ