連邦捜査局(FBI)のニューヘーブンオフィスが今週、Corefloodボットネットをハイジャックし、「葬った」。詳細は「Wired.com」のKim Zetterによる記事で読むことができる。Zetterの記事は、Bredolabボットネットに対してオランダ当局が行った似たような行動に言及している。そのケースについて、我々は昨年10月、記事を掲載した。

  ボットネットをシャットダウンすることは、技術的に難しくはない。ボットはしばしば、自身を削除するためのインストラクションを含んでいる。しかし、ボットがそうするためのインストラクションを送ることは、法的に「不正使用」とみなされるため、アンチウイルス企業は行わない。この「News from the Lab」ブログでも、このことは何度か議論になっている。たとえば、この記事のコメントを見て欲しい。

  政府およびその法執行機関のみが、ボットネットのシャットダウンを認可できるというのが、我々の主張だ。そしてその場合であっても、これは慎重を要する問題だ… FBIは非アメリカ合衆国(たとえばカナダ)のコンピュータにインストールされたボットネットを葬るべきだろうか? 彼らはUSベースのIPアドレスに限定しているだろうか?

  あなたの考えは?

投票:法執行機関はボットネットを「ハイジャック」し、シャットダウンしようとすべきだろうか?