Washington Timesが、政府使用のためのバックドアおよびトロイの木馬を開発する企業に関する、長文の記事を掲載している。

  この記事は、Gamma Technologies、Elaman GmbHおよびエジプト政府間の関係についてのニュースを我々が伝えた後に開始された。

Elaman / Gamma Technologies
Photo by F-Secure GmbH

  バックドアやエクスプロイト、トロイの木馬を開発する大企業が存在するとは、不安どころではない。

Elaman / Gamma Technologies
Elaman HQ Photo F-Secure GmbH

  もちろん、それらのほとんどは「合法的なインターセプト」のために設計されている。

  合法的なインターセプトは、絶えず存在した。もともとはオペレータによる通話の選別を意味し、そのうち、携帯電話の通話やテキストメッセージに拡大。そして次に、電子メールとWebサーフィン情報の選別に拡大した。しかし、疑わしい人物がSSLを使用したサイト(たとえばGmail)にアクセスするなら、オペレータはそれを選別することはできない。そのため、標的のコンピュータを感染させるマルウェアやバックドアを使用する必要が生じた。一度感染させれば、そのマシン上で行われるすべてをモニタすることができる。

Finfisher offer

  理論的には、合法的なインターセプトには何ら問題は無い。それが警察によって行われるなら。民主主義国家で行われるなら。裁判所命令があるなら。そして容疑者が実際に有罪である場合なら。

  Eli Lakeの記事で挙げられている企業には、HBGary FederalとEndgame Systemsも含まれている。