F-Secure Internet Security 2009, published in 2008

  エフセキュアは顧客保護で長い経験を積んでいる。その結果として、我々には何年にもわたってエフセキュア製品を使用している顧客がいる。

  他のソフトウェアベンダと同様、我々も過去のレガシー製品のサポートを、どこかの段階で停止しなければならない。

  そういうわけで、個人ユーザと法人ユーザの方々は、「エフセキュア 8」シリーズ製品のアンチウイルスアップデートが、2012年1月1日に終了することを思い出して頂きたい。

  実際には、以下の製品では新たなアンチウイルスアップデートは行われないということを意味している:
  • エフセキュア インターネット セキュリティ 2009
  • エフセキュア アンチウイルス 2009
  • エフセキュア クライアント セキュリティ 8シリーズ
  • エフセキュア Linux セキュリティ 7シリーズ
  その他にも影響を受ける製品がある。影響のある消費者向け製品の全リストはここで、影響のある企業向け製品の全リストはここで確認できる。

  くり返せば:これらの製品がサポートされないということを意味するだけではない(これら製品の一部は、かなり以前からサポートされていない)。これらの製品では、実際のアンチウイルスアップデートシグネチャがリリースされないとうことを意味している。

  よってすぐにアップグレードすることをお勧めする:  アップグレードしない理由はない。このアップグレードは無料で、有効なライセンスがある限り、動作し続ける。

  オペレータを通じて購入した製品を使用しているなら、あなたが最新バージョンを使用しているかどうか、オペレータが確認するはずだ。

  我々のコミュニティサイトのこのトピックに関するディスカッションスレッドはここにある。