先月発生したMac Flashbackは、どの程度ひどいもので、最も被害を受けたのは誰だったのだろうか? 我々が推測するに、程度はひどく、最大の被害者は大学のITヘルプデスクだろう。そしてこの推測は、それほど的外れではないようだ。

  オックスフォード大学Computing Servicesのネットワークセキュリティ・チーム(別名OxCERT)が、「2003年の夏に、BlasterがWindowsを襲って以来、おそらくは最大の被害に」対処したと書いている。

  OxCERTはBlasterで約1000件に対処した。彼らは数百件のFlashback事例を見ており…「そして、それはまだ続いている。」



  マンチェスター大学などの他の教育機関も、主として寮内に多数の感染が存在することを詳述している。



  あなたは大学のITヘルプデスクで仕事をされているだろうか? Macマルウェアの事例で、特筆すべき増加を経験されているだろうか? コメント(そして現状に関する情報)をお寄せ頂きたい。

  では!