偽AVがスポットライトを浴びた際、そのユーザインタフェースはかなり安っぽく明らかに不正なAVから始まり、非常に説得力のあるデザンに至った。悪党たちがそのレベルに到達するにはしばらく時間がかかったが、より多くの犠牲者集団を獲得するために、デザインを完璧にしようと実に労力をかけた。

  偽Androidアプリケーション用Webサイトは同じ道を辿っているようだ。かなり前から、これらは同じWebサイトレイアウトテンプレートを使用している。模倣している最新のアプリケーション例は、「Android Office」「Winamp」「Doodle Jump」「DrWeb」「Mass Effect,」および「Nova 3」だ。

android_template2

  しかし、そのトレンドは変化している。我々はすでに、より洗練されたデザインを生み出すため、テンプレートを使用していない偽アプリケーションもいくつか見かけている。

skype_instagram

  たとえば、このChromeと偽Chrome Webサイトだ。私が「FAKE(偽)」と入れいなかったら、違いがお分かりだったろうか?

chrome_fake_real

  こうしたサイトはますます説得力が増している。これらWebサイトのルック&フィールは2、3ヵ月後にはどうなるのだろうと考えさせられる。

  かなり見栄えが良いものが良いというわけではない。Androidの世界では、デバイスに何かをインストールする場合、我々は慎重になければならない。

  我々はこれらのサイトの悪意あるアプリケーションを「Trojan:Android/Fakeinst」ファミリーとして検出している。さらにエフセキュアでは、Browsing Protectionを通じて、このような悪意あるWebサイトへのアクセスからモバイルカスタマを保護している。