Macマルウェアの新たな亜種「Imuler.B」が先頃浮上した。これはほぼ「Backdoor:OSX/Imuler.A」と同じだが、若干の変更とコード最適化が見られる。現在のC&Cサーバはouchmen.comだ。

  興味深い新機能:Wiresharkが見つかると、Imuler.Bは終了する。

Imuler.B, Wireshark exit

  Imulerは、チベットの人権活動家を標的としていると考えられている。

  他のMac関連ニュース:エフセキュアのBroderick Aquilinoがこの木曜、「VB2012」でFlashback OS Xマルウェアに関するプレゼンテーションを行う。