合衆国下院常設情報問題特別調査委員会が月曜、中国の通信会社HuaweiおよびZTEに関する報告書で、騒ぎを引き起こした。

U.S. House of Representatives

  同報告書は中でも、両社を機密システムから除外し、米国のネットワークプロバイダが他のベンダを探すことを勧めている。それに対してHuaweiは、中国政府との結びつきやバックドア化された危機の可能性にかけられた嫌疑の背後にある真の理由は、米国の保守主義であると主張している。

Forbes

  しかし、すべてのニュースの中で忘れられているようなのは、Huaweiが信頼できるかどうかではなく、ハッキング可能かということだ。

  DEFCONのニュースに従うなら、答えがイエス…であることは既にご存知だろう。

Risky Business #250

  つまりおそらく、ベンダにはHauweiを使用したくない、愛国度の低い別の理由がある。

  このエピソードを、Risky Businessのポッドキャストでチェックして欲しい:Risky Business #250 -- Hack it like it's 1999

  LindnerとKopfによるDEFCONでの講演のPDFもそこにある。