大半の人は個人情報の盗難について認知しているし、それが(信用情報にアクセスすることで)比較的に簡単にお金を稼げるタイプの犯罪であることも知っている。しかし我々は、どの時点で、個人情報を盗むよりも、でっち上げるほうが簡単になると考えついただろうか?

 FBIは先週、銀行への詐欺の罪で13人を逮捕した際に、この疑問に対する回答を示した。

Eighteen People Charged in International $200 Million Credit Card Fraud Scam

 被疑者達は、数千件の偽造した個人情報や書類、企業を悪用して数万枚のクレジット・カードを入手していた、と申し立てられた。そして、2億ドルの現金を引き出したのだ。

 我々が気に入った詳細情報は?

 「被疑者の1人のオーブンの中におよそ7万ドルの現金が入っているのを、捜査当局が発見した。」

 冷凍庫が満杯だったんだろう…。

 予想:デジタル化された個人情報が増えるにつれ、また上述のような事件がより一般的になるにつれて、個人情報を守るために費やす時間は減り、偽情報ではないことを証明しようと試みるだろう。