3月27日、FacebookのプライバシーおよびセキュリティのエンジニアJoey Tyson氏が、次のように問いかけた。

status/317006898274635776

 In general, I think many people tend to trust Google more than Facebook. Any thoughts from my followers on why that might be?(訳注:一般に、多くの人々はFacebookよりもGoogleを信頼する傾向があると思う。そうなる理由について、私のフォロワーから考えを募りたい)

 Social Hackingとしても知られるTyson氏はプライバシーを推進している。Facebookで働き始めるずっと以前からだ。

twitter.com/theharmonyguy

 同氏は重要な疑問を投げかけている。なぜ人々はFacebookよりもGoogleを信頼するのか?

 ええと、以下はその理由の一例。

 最近、私はGraph Searchのテストを行った。そのときFacebookの設定の「Clear Searches」オプションで自分の検索履歴を削除することを指摘した。つまり少なくともこういうことが可能だった。

Facebook Settings, Clear Searches

 先週後半には…、パッと消えた!このオプションがFacebookの設定から無くなったのだ。

Facebook Settings, No Clear Searches

 消え去ってしまった。こんなふうに。初めから存在しなかったかのように。

 そして週末にかけて(一時的に)何が登場したのか?

 Giftsだ。

Facebook Gifts

 Facebookの設定に「Gifts」が戻ってきたことに気づいて以来、こうしたものがポップアップすることを予期していた。

Facebook Settings, Gifts

 もしFacebookのことをよく分かっていなかったら、なぜだと思っただろう。私はうすうす疑念を感じていたのだ。FacebookのGraph Searchは私が興味を持っているものを見つけやすくするためではなく、むしろ私をプロファイルするのに使えるやり取りを発生させるために設計されたのではないか、と。すると、私へギフトを贈るよう私の友達や家族を促すために、この消費者分析が使われ得るのだろうか?

 冗談抜きに、これでなんでFacebookを誰かが「信頼」するはずと?

 私は自分の検索や他のデータが、物を勧めるために使用されることに同意していない(それはAmazonの仕事だ)。

 AmazonもGoogleも検索履歴を一時的に停止したり、消去するオプションを提供している。

 Facebookはまさしく期待どおりだ。

 他にどんな過失があるにせよ、Googleは少なくともダッシュボードのコンポーネントをちょっと追加したり削除したりしているようには見えないし、新しいサービスを公開する際に思い付いたように登場させたり削除したりはしない。

 Facebookのプライバシー制御は、今日ここにあったものが、明日には無くなっている。— 決して信頼を構築することはできない。

では。
ショーン

更新:「Move Fast and Break Things(迅速な行動が物事を動かす)」をモットーにするFacebookは、このたびの消失をバグのせいにしている。