福田和代さんが執筆した「サイバー・コマンドー」というタイトルの小説が発売になりました。

サイバー・コマンドー

DEFCON CTF優勝経験者が防衛省サイバー防衛隊に入り、日本を巻き込んだサイバー戦争に立ち向かうというストーリーです。
CTFに関しては、なぜ自分がCTFをやるのかといった心意気からどうでもいいコネタにいたるまでを私が入れ知恵し、防衛省に関しては、元陸自システム防護隊初代隊長の伊東さんがアドバイスしていますので、妙にリアルな内容になっており、業界の人ならニヤリとするネタが満載です。
もちろんネタだけじゃなくて、今後起こりうるサイバー戦争のシュミレーションとしても価値のある一冊です。

プロモーションビデオもあるようです。