どのような種類のWindowsシステムであっても、あなたがその管理者であるなら、Microsoft Security Advisory (2887505)は、おそらく必読だ。

Microsoft Security Advisory for CVE-2013-3893

 Internet Explorerの全バージョンに影響がある。

 マイクロソフトは現状「特にInternet Explorer 8および9を狙った、限定的な数の標的型攻撃」について認識している。攻撃における限定的という性質が、近い将来、変わる可能性は大いにある。エクスプロイトキットの提供者が今まさに、その脆弱性に基づいたエクスプロイトを追加サポートするように動いているからだ。当社では、そのようなエクスプロイトの検知がすでに進行している。

 一方、マイクロソフトはFix itツールをリリース済みで、パッチがリリースされる前の潜在的な攻撃を軽減できる。