全世界で10人に1人以上の割合でオンライン詐欺による金銭的被害を経験していることがエフセキュアの最近の調査で明らかになりました。この調査では、ユーザのオンラインの安全性に対する懸念が浮き彫りになっています。また、同調査では、デスクトップおよびノートパソコンが、オンラインに接続するにあたって最も危険なデバイスであると考えられていることがわかりました。
オンライン詐欺による金銭的被害を経験している人の割合は、ヨーロッパで12%であるのに対し、ヨーロッパ以外では17%となっています。ヨーロッパで最も高いのは英国の17%で、ヨーロッパ以外では、米国およびマレーシアが最も高く、両国とも20%となっています。

オンライン詐欺から身を守るために、次のようにご注意ください。

・ 英数字や特殊文字を組み合わせて、アカウントごとに異なるパスワードを使用する。
・ 確実に信頼できるサイトの、URLに「HTTPS」が含まれているページにのみ、個人情報や金融関係の情報を入力する。
・ 共有のパソコンや公共の場にあるパソコン上、または公共のWiFiを経由したオンラインショッピングやオンラインバンキングは回避する。
・ 銀行などの機関を装ったフィッシング詐欺メールに注意する。
・ 不審なメールのリンクをクリックしたり、添付ファイルを開いたりしないようにする。
・ ブラウザおよびソフトウェアを必ず最新の状態に維持する。
・ お子様がいるご家庭は、お子様がクリックする場所に気をつける。多くの「罠」は、お子様の興味を引くように設計されています。
・ 現実にはありえないようなできすぎた話に注意する。
・ 銀行やクレジットカードの取引明細を定期的にチェックして、見覚えのない取引がないか確認する。
・ エフセキュアをはじめとする信頼できる会社のインターネット セキュリティ ソフトウェアを使用する。エフセキュア インターネット セキュリティは、ご利用のパソコンとネットライフに最高のセキュリティを提供し、ウイルス、スパイウェア、マルウェアをブロックして、オンライン バンキング、オンライン ショッピングやネットサーフィン中も保護します。体験版は無料でご利用いただけます。

なお調査結果の詳細はこちらをご覧ください。
http://www.f-secure.com/ja/web/home_jp/news-info/product-news-offers/view/story/1125080/