当社は、Bits Of Freedom(訳注:オランダのデジタル著作権関連の団体)から送付された、25の別々の団体の署名付きの手紙を受け取った。これらの団体は、国家が監視目的で当社のソフトウェアを利用することについての当社のポリシーに、興味を抱いている。同じ手紙は、他のアンチウイルス企業15社にも送られた。

BoF

 彼らは具体的に4つの質問を行っている。

1. 政府(または国家機関)によって、監視を目的としたソフトウェアが使われているのを検知したことがあるか?

2. 特定のソフトウェアが存在しても検知しないように、あるいは検知してもユーザに通知しないようにという要求が、政府から申し入れされたことはあるか?また、もしあるのなら、この要求の法的根拠について、また許可を求められたソフトウェアの具体的な種類について、さらにこのソフトウェアの使用許可が求められた期間について、情報提供できるか?

3. このような要求を受け入れたことはあるか?もしあるなら、上で述べた点と同様の情報と、政府からの要求に応じる決断を導いた材料を提示できるか?

4. 今後そうした要求にどのように応じるか明確にできるか?

 (手紙の全文はこちら

 当社の公式の回答は以下で、Bits Of Freedomには11月1日に返信した。

Letter to bof.nl

 参照:Policy on Detecting Government Spy Programs(政府のスパイプログラムを検知したときのポリシー)