コンシューマは、クラウド・サービス上にある自分のコンテンツが安全性からもプライバシーの観点からも完璧ではないと懸念しています。
59%のコンシューマがクラウド・サービス上に蓄積したコンテンツに他人がアクセスし得ると考えています。



さらに60%の人々が、プロバイダーが第三者へ個人的なコンテンツを売却している可能性に懸念しており、62%がデジタル空間での振舞いについての売却を心配しています。
63%の人がストレージ・ベンダーの技術の脆弱性を懸念しています。




こちらの図のパーセンテージは、ストレージ・ベンダーの技術の脆弱性について懸念しているコンシューマを、年齢層、およびシングル・スクリーン / マルチ・スクリーンで分類したものです。