多くの人々が、モバイル・デバイスやタブレットよりもPCを使っているときのほうがオンラインの安全性について懸念しています。
消費者の69%が、ブラウジング、ショッピング、メール、ゲームなどの毎日の行動のためにデスクトップやノートPCを使っているときに、自分たちが安全なのかどうか心配しています。
モバイル・デバイスについては54%、タブレットについては43%です。
オンラインの安全性に関する懸念は、一般的にヨーロッパが他の地域よりも低くなっています。



女性のほうが男性よりもPC上でのオンラインの安全性について心配しており(男性の67%に対し71%)、逆にタブレットについては男性のほうが懸念しています(女性の41%に対し44%)。
またモバイル・デバイスについては男女ともに54%が懸念を示しています。