消費者の89%がWindows搭載コンピュータを、16%がAppleのコンピュータを、39%がAndroidスマートフォン、そして22%がAndroidタブレットを使用しています。しかし、マルチデバイス時代の負の側面として、インターネット接続が1つ増えるということは、同時にユーザの弱点につけ込もうとするサイバー犯罪者の新たなゲートウェイになるということです。新しいF-Secure SAFEでは、消費者は複数のコンピュータとモバイルデバイスをこの製品だけで簡単に管理できます。

実際に、スマートフォンやタブレットが紛失したり盗難に遭うなどで、消費者のデータやコンテンツ、個人情報がリスクにさらされる可能性は高いのです。モバイルマルウェアの状況も絶えず進化しており、新たな脅威は四半期ごとに少なくとも25%増加しています。Androidのマルウェアは、正規のアプリストア以外で、マルバタイジングやドライブバイダウンロードといった形で出現しています。





どのデバイスからでも安心してネットサーフィン、ショッピング、インターネットバンキングを利用に

F-Secure SAFEは、コンピュータ、スマートフォンならびにタブレットを、ウイルスやスパイウェア、ハッカー、なりすまし犯罪から守り、悪質なウェブサイトやオンライン攻撃をブロックします。保護者は、F-Secure SAFEを使うことで、不適切なウェブコンテンツから子どもたちを守ることができます。F‐Secure SAFEは、PCまたはMacでのインターネットバンキングの取引の安全性を確保します。スマートフォンおよびタブレットを紛失したり、盗難に遭った場合でも、紛失したデバイスのロックおよび位置検索機能でこれらを保護します。

F-Secure SAFEには、使いやすい自己管理型ポータルが含まれます。消費者は、このポータルでデバイスの追加や削除のほか、デバイスごとの保護設定を簡単に変更することができます。

F-Secure SAFEは、www.f-secure.com/ja/web/home_jp/safeからご購入または30日間無料でお試しいただけます。また、Google Playおよび世界中のチャネルパートナーからも入手できます。