報道されているとおり、ロシアのハッカー集団が、およそ42万のサイトから12億人分ものユーザIDやパスワードを盗んでいたことが分かりました。この大量のパスワードの中に皆さんのパスワードが含まれていても不思議ではありません。しかし、実際のところ何が起こっているのでしょうか。なぜこれが私たちにとってリスクとなるのでしょうか。そして、個人としてはどう対応すべきなのでしょうか。その内容を少し詳しく見ていきましょう。
 
まず、webシステムでは毎日システムへの侵入が行われており、パスワードが盗まれています。盗まれたパスワードは、闇市場で取引され、さまざまな目的に悪用されています。これは今に始まったことではありません。このニュースの本質は、その規模にあります。ロシアのハッカー集団は、ネット上で脆弱性のあるシステムを探し出すために強力なスクリプトを使って自動的にハッキングし、その結果、この極めて大量のパスワードが盗まれることとなったのです。しかし、この事件を記事にしたり、話題にすることは今もなお有益です。というのも、この事件は、個人のパスワードに関する習慣がなぜ重要であるかを再認識させてくれるからです。
 
ではまず、一般的なインターネットユーザがどのような過ちを犯すのか検証していきましょう。ここにアリスというインターネットユーザがいます。

 1. アリスはGoogleでメールアカウントを作成します。運よく、alice@gmail.comは誰にも使用されていませんでした。彼女は安全とされるパスワードの基本条件を知っており、大文字、小文字、数字、特殊文字を含んだパスワードを設定しました。

 2. アリスは、頻繁にネットを利用し、FacebookなどのSNSやディスカッションフォーラムを利用しています。その多くで、alice@gmail.comをユーザIDとして使用しており、パスワードも同じものを使用することは非常に合理的です。パスワードはメールアドレスとセットのようなもので、複数のパスワードを覚えたい人などいないでしょう。

 3. そこへ悪意のあるハッカーが登場し、脆弱なシステムを見つけ出すためネット上でスキャンを開始します。Gmailは適切に保護されているため、この攻撃の影響を受けることはありません。しかし、小規模組織の多くは趣味レベルでサイトを運営し、サイトをしっかり保護するスキルやリソースを持っていません。アリスがよく利用するサッカークラブのサイトもそうしたサイトの1つです。ハッカーはこのサイトのユーザデータベースへアクセスし、それをすべてダウンロードします。ここでハッカーはこのサイトでのalice@gmail.comのパスワードを知ることになります。皆さんは、「それで?」と思うかもしれません。ハッカーが、アリスがよく参加するゲームを知っているだけでは、特に実害はありません。しかしちょっと待ってください。これがすべてではないのです。

 4. alice@gmail.comがGmailユーザであることは明らかです。そこで、ハッカーはアリスのパスワードをgmail.comで試してみます。見事に一致しました。この結果、ハッカーはアリスのメールアドレスのみならず、彼女がGoogleのサイト上で管理するその他のデータをすべて入手します。

 5. ハッカーは、Facebookなど、多くの人が利用しているインターネットサイトをスキャンします。またも一致しました。これでハッカーはアリスのFacebookアカウント、それからおそらくその他いくつかのサイトのアカウントも手に入れます。

 6. ハッカーは、入手したアカウントを使い始めます。情報、メールの内容、その他の連絡先情報、eメール、文書、クレジットカード番号などありとあらゆるものを入手するためにアリスのアカウントを利用します。また、いくつか例を挙げるならば、ハッカーは彼女のアカウントやIDを使いスパムを送信したり、なりすまし詐欺を行うこともできます。
 
では、この話の教訓とは何でしょうか。アリスは安全とされるパスワードを使用していますが、この場合においては安全ではありません。彼女の犯した間違いは、そのパスワードを多くのサイトで利用したことにあります。規模の大きなサイトであれば通常少なくとも妥当なレベルのセキュリティが適用されています。しかし、同じパスワードを複数のサイトで使用してしまうと、パスワードの保護能力は同じパスワードを使用しているサイトの中でセキュリティレベルが最も低いサイトのレベルになってしまうのです。そのため、自分のメインのメールパスワードを、特に規模が小さく怪しげなサイトに利用することは絶対にしてはいけないことなのです。
 
しかし、強力なパスワードを複数使用することは非常に不便だと、皆さんはそうお考えかもしれません。しかし、そんなことはありません。もし、皆さんが体系的に、正しいツールを使用すれば複数のパスワードを所有することができます。まず、すべてのパスワードに共通する部分を決めます。この部分にはセキュリティの面で効果的な大文字、小文字、数字、特殊文字を含めます。それからサイトごとにそれぞれ異なる短い文字列を加えます。こうすることで、異なるパスワードを設定しながらも、簡単に覚えることができます。
 
それでも自分の記憶に自信が持てない方もいるかもしれません。大丈夫です。エフセキュアでは、便利なツールを用意しています。それが、パスワードマネージャのF-Secure Keyです。
 
ところで、最初の質問の解答は何でしょうか。ロシアのハッカー集団による攻撃は、私たちに影響するのでしょうか。個人としてどう対応したらよいのでしょうか。(この執筆時点では)どのサイトに影響が及んでいるのかがわからないため、誰に影響が及んでいるのかはわかりません。しかし、盗まれたパスワードの数が膨大であることから、皆さんのパスワードがそこに含まれている危険性は実際に存在します。とにかく、自分にアリスと共通する点があると思ったら、すぐにパスワードを変更することをお勧めします。今回のロシアのハッカー集団の被害者ではないにしても、遅かれ早かれ被害者となる日がきます。そうなる前に自分のデジタルIDは安全に保護してください。
 
すでに利用しているすべてのサイトで覚えやすい異なるパスワードを設定している場合は、慌てる必要はありません。被害を受けたサイトがわからないうちに、パスワードをすべて変更する必要はないでしょう。しかし、もしこの42万のサイト一覧が公開され、自分がそのいずれかのサイトのユーザである場合は、該当するサイトのパスワードを変更することは重要です。
 
安全なネットサーフィンを。
Micke

>>原文へのリンク