当該マルウェアが、このセルフサービスのプラットフォーム用のソフトウェアを実行しているマシンのみを狙ったものと仮定しても間違いないだろう。

いやいや、間違いあるだろう。NCR社製以外のATMをお使いの業者の方も安心してはいけません。

問題となっているWOSA/XFSという規格は、ウィキペディアでの説明によると、ベンダーごとにばらばらだったATMの規格を統一するために作られた規格です。WOSAのOはOpenのOですので、わざわざ百度(バイドゥ)さんの力を借りなくても誰でもソースコードレベルで実装を手に入れることができます。NCR社だって、XFSを使っていることを堂々とオープンに宣伝しています。

そういうわけですので、「NCR APTRA XFSソフトウェア」がインストールされていなくてもマルウェアは動きます。実際にmsxfs.dllをインストールした私の手元にあるWindowsでも動いています。



残念ながら手元のWindowsには現金が入っていないので、現金があるかのようにエミュレートしています。
(エミュレート部分は弊社エンジニア(op)により作成されました。)

要するに、統一規格であるXFSを採用しているATMであれば被害を受ける可能性があるということです。

じゃあ日本ではどれだけ採用されているのかというと、ウィキペディアのXFSのページには次のように書かれています。
日本国内の主要ATM及び通貨処理機メーカーは、ほぼ全ての金融関連製品で本規格(旧版を含め)を活用している