国家安全保障局の元コントラクターであるエドワード・スノーデンによる最初の暴露が公開されてから一年以上になります。

オバマ大統領が政府の大規模な監視ポリシーの改革を呼びかけたにもかかわらず、米国の法制を改革し、データの「膨大な収集」を終わらせるための重要な試み、即ち米国自由法は、11月に失敗に終わりました。そして多くのプライバシー擁護派は、その法案でさえ、善行を推進し、人々に奨励するためには、余りにも限界があると警告していました。9/11の直後の余波で制定された愛国者法は2015年に見直されるため、過去15年にわたるNSAによる戦術に関して、さらに大きな議論が起こるかもしれません。

しかし今のところ、変化したのは、政府がどのように私たち市民にスパイ行為を働くことができるのかについて、僅かながら知ることができたということです。



私たちは「水族館」のような生活と、歪んだ「プライバシー」の定義に屈するのでしょうか?ミッコ・ヒッポネンの最新のトーク'The Internet is On Fire'を見て、マイクを握る用意があるか考えてください。




スノーデン氏の暴露は、あなたのプライバシーに関する見解をどのように変えましたか?

>>原文へのリンク