エフセキュア株式会社は、LinuxサーバOS向けセキュリティ対策の「エフセキュア Linuxセキュリティ コマンドライン エディション」の最新バージョンVer10.20で、RedHat Enterprise Linux7(RHEL7)およびCentOS7のサポートを開始しました。

「エフセキュア Linuxセキュリティ コマンドライン エディション」は、昨年12月5日に現在の最新版となるバージョン10.20をリリース致しました。リリースを行った当初は、RHEL7およびCentOS7はサポート対象外でしたが、リリース後にお客様からRHEL7とCentOS7のサポートについて多数のご要望を頂きました。お客様の声を受け、弊社開発部門にて追加テストを行った結果、「エフセキュア Linuxセキュリティ コマンドライン エディション」バージョン10.20がRHEL7およびCentOS7上で問題なく動作することが確認できたため、サポート対象OSとして追加することとなりました。

「エフセキュア Linuxセキュリティ コマンドライン エディション」は、シンプルで使い易いコマンドラインのインターフェースを備えた、Linux OS向けのアンチマルウェア製品です。検査結果をリターンコードで取得することも可能なため、シェルや外部のプログラムと組み合わせての利用も容易で、これまで多くのお客様にご採用頂いてきました。このたび、RHEL7およびCentOS7をサポートOSに追加することで、さらに多くのお客様の環境で、ご利用頂けるようになります。

なお、「エフセキュア Linuxセキュリティ フルエディション」は、2015年の第2四半期(4〜6月期)で、RHEL7およびCentOS7をサポートするバージョンを新たにリリースする予定となっております。