英国の児童保護慈善団体であるNSPCCが今週、子供のオンラインポルノ視聴習慣に関する研究結果を発表しました。その結果は衝撃的なものです。12〜13歳の子供の10人に1人が、自分がポルノ中毒ではないかと心配しているのです。これは、たまたま不適切なコンテンツに出くわした子供たちだけに限定しているわけではありません。ただし、これがきっかけで中毒になる可能性もあります。

NSPCCはこの問題に真っ向から取り組み、両親へのアドバイスを提供し、オンラインポルノの危険性を子供たちに教育するよう政府に求めました。また、NSPCCによれば、この話題についてのディスカッションフォーラムは、1カ月あたり1万8,000のヒット件数を記録しています。アドバイスについてはこちらからご覧いただけます。

この問題に対処できる特効薬はありません。アプローチ方法は、子供によって異なります。子供との双方向の対話によって危険性を教えることが、テクノロジーを使用してリスクを制限することと同じ位重要です。

技術的な観点から見ると、オンラインポルノから子供を保護するためにできることは何でしょうか?最も簡単な方法は、インターネットセキュリティソフトウェアのペアレンタルコントロールを有効にすることです。この作業には2分ほどかかりますが、何年にもわたって子供を保護することができます。

ペアレンタルコントロールはどのような仕組みになっているのでしょうか?

ペアレンタルコントロールは、親であるあなたが適切だと考えるコンテンツと利用方法だけを許可するようにスマートフォン、タブレットまたはコンピュータを設定できる、非常に便利な方法です。

適切なコンテンツ

エフセキュアのペアレンタルコントロールは、まず、10代または10歳未満の子供に適したいずれかの設定を選択するオプションを親に選んでもらいます。これらの設定では、さまざまなカテゴリのコンテンツを許可できます。たとえば、子供の年齢にかかわらず、出会い系、ギャンブル、麻薬、暴力またはポルノ関連の情報を見せたいと思う親はまずいないと考えられるため、これらのカテゴリはデフォルトでブロックされています(ただし、希望する場合はブロックを解除できます)。しかし、10代向けの設定では電子メールやソーシャルネットワーキングは自動的にブロックされていません。

タイムリミット

タイムリミットは、子供が毎日スマートフォンやタブレットのさまざまなアプリに費やす時間を抑制できる非常に便利なツールです。ウィキペディアへは無制限にアクセスを許可する一方で、Facebookへのアクセスは1時間だけに限定することができます。デスクトップバージョンでは、1日の決められた時間は勉強に関連するサイトにしかアクセスできないようにすることで、宿題の時間を決めることもできます。これで、子供が勉強しているはずの時間に、インターネットのせいで気が散っていないか心配しなくて済みます。また、週ごとにインターネットに費やせる時間を設定する機能もあります。これは、学校が休みの期間中は特に便利です。

コールブロッキング

携帯電話のコールブロッカーはいじめられている子供の親にとって便利なツールです。特定の電話番号からの着信をブロックすることができます。着信ブロックされた人には通話中のトーンが聞こえた後、切断され、メッセージを残すオプションは与えられません。着信記録または連絡先データベースから電話番号をブラックリストに追加できます。親も、着信ブロックした番号のリストにアクセスすることができます。

位置情報取得、ロック、ワイプ

当社のアンチセフト機能を使用すれば、紛失した携帯を見つけることができるだけでなく、親が子供のいる場所をチェックすることもできます。もちろん、携帯電話にこの機能があることを子供とオープンに話し合っておく必要があります。これによって、携帯電話を盗まれたり紛失したりしても、リモートで携帯電話にロックをかけて、データを削除することができるため、悪い人間の手元にデータが渡ることはありません。

エフセキュアのペアレンタルコントロールはパスワードベースなので、ハイテクに精通した子供でもすり抜けることはできません。もちろん、強力なパスワードが必要になりますが、それについてはまたの機会に取り上げます!

>>原文へのリンク