アップル社の2015年のスペシャルイベントが本日開催される。つまり、9月9日=iOS 9の発表、だ。

 アップルはiOS 9においてセキュリティが向上していることを確約している。Touch ID用に6桁のパスコードを実装したことは、広く報道されているものの一例だ。

iOS 9 improved security
ソース:アップル

 セキュリティ研究者のFrederic Jacobsによる、ドキュメントにある変更点についての秀逸な要約がMedium上にある。

 私がiOS 9のパブリックベータ版をテストしている際に気付いた細かい変更点は、Windowsに関連するものだ(*1)。

 iTunesがインストールされているコンピュータ(OS Xを実行しているあらゆるコンピュータを含む)に、iOS 9のデバイスを接続した際に目にするプロンプトを以下に示す。

iOS 9, Trust This Computer?
Trust This Computer?(このコンピュータを信頼しますか?)

 そして以下は、iTunesのドライバがインストールされていない(Windows)コンピュータに、iOS 9のデバイスを接続した際に見られるプロンプトだ。

iOS 9, Allow this device to access photos and videos?
Allow this device to access photos and videos?(このデバイスが写真およびビデオにアクセスすることを許可しますか?)

 これは些細だが、興味深い差異だ。「Allow」は制限されたアクセスを示唆する一方で、「Trust」ではより重要な何かを示唆している。かつて、iOSを狙ってクロスプラットフォームのマルウェアが試みられたことがあった。このAllowプロンプトがあることで、注意深い観察者なら、そうしたクロスプラットフォームのマルウェアがそこに存在していることを判定できるだろう。iTunesがインストールされていないと分かっているWindowsコンピュータにiOS 9デバイスを接続したとして、信頼する(Trust)かどうかを尋ねられたら…、信頼してはならない。

 もう1つ、細かいが大歓迎の変更点は、7月にブログに書いたSafariの新たな機能だ。

 SafariをJavaScriptによる警告ダイアログの無限ループに陥らせようとする詐欺サイトは、Safariの新たなオプション「Block Alerts(警告をブロックする)」によって、彼らの努力が無になったことを知るだろう。

iOS 9 Safari, Block alerts from?
Block alerts from?(〜からの警告をブロックしますか?)

 全般的に見て、iOS 9は良い感じだ。今日のアップルのイベントの最中に、さらにセキュリティに関する情報が出てくることを望んでいる。また9月16日に予定されている、iOS 9の一般公開を楽しみにしている。

 @5ean5ullivan

 (*1) Kali Linuxでテストしたところ「Trust」プロンプトが得られた