現在、実際のLinuxベースのシステムを標的とした、新たな暗号化ランサムウェアのたくらみがある。これはDr.Webの人々から「Linux.Encoder.1」と呼ばれている。基本的にLinux.Encoder.1による脅迫者は、脆弱なWebサーバ上でフィッシングサイトやエクスプロイトキットへのリダイレクトを設定する代わりに、コンテンツを暗号化してWebサーバの所有者を直接標的にする。

 その結果、数々の被害がGoogleにインデックスされている。

 (訳注:「Linux.Encoder.1というトロイの木馬による被害を受けた運用中のWebサイトを、Googleがたくさん発見している」という意味)

 以下はGoogleのキャッシュにある脅迫文のコピーだ。

README_FOR_DECRYPT.txt

 すばらしいFAQだ。

We are accept only Bitcoins. - http://memegenerator.net/instance2/2810855

 「Can I pay another currency?(Bitcoin以外の支払い方法はありますか?)」

 「No.(いいえ)」

 Linux.Encoder.1の被害者がバックアップを取っているといいのだが。さもないと、Bitcoinを入手させられることになる。脅迫者たちが支払いの対価として、本当の復号キーを渡すかどうかはまだ不明だ。そして、彼らのTorで隠ぺいされたサービスが現在オフラインなのだ。これは前途多難だ。

 追記:

 当社のスレットインテリジェンスチームの研究員Daavid Hentunenは、脅迫者たちは1ヶ月で11,934ユーロを稼いだと見積もっている。