エフセキュアブログ

by: SuGim

ハッカーの攻撃対象者リスト上にAppleの開発者が?

 注意:このポストは、Digital New Asiaに寄稿した私の記事からの抜粋である。

 約2週間前、Apple社の、MacやiPhone、iPadアプリ開発者向けのWebサイトがオフラインになった。その後間もなくして、当該サイトへの不正侵入があった旨、Apple社より発表があった。

 その直後に、グレイハットでセキュリティ研究者でもある、ロンドン在住のトルコ人Ibrahim Balicが、自身のYouTubeチャンネルに投稿した動画のなかで、侵入についての犯行声明を出した。この動画にて、BalicはWebサイトへの攻撃に先立ち、バグレポートを送付したと主張している。

 Balicの主張に対してApple社からは何ら追加のコメントや声明はないが、Apple社はこの出来事を深刻に受け止めているように見受けられる。また現在のところ継続してWebサービスの復旧作業を進めている。

 今や問題なのは、次の点だ。なぜ開発者、特にiOS開発者が、かつてないほど標的になっているのだろうか? この開発者サイトへの不正侵入は、伝えられるところでは害意なく行われたものの、開発者アカウントを保護することの重要性や、そうしたアカウントが侵害され悪用された場合の潜在的な重要性について、一層の注意を喚起した。

 これに先立ち、iOSモバイル開発者たちの人気フォーラムであるiPhoneDevSDKに対して今年攻撃が行われ、Apple、Facebook、Twitterなど巨大技術企業からまんまと犠牲者が出た。今回は、この攻撃を踏まえている。

Notice from IPhoneDevSDK Admin

 これは教科書通りの水飲み場型攻撃だ。つまり、特定のユーザを攻撃したいハッカーは、まずは当該ユーザが訪れそうなサイトを侵害し、後で標的をさらに直接攻撃する際に使える情報やアクセス権を収集する。今回のケースでは、標的はこのサイトを訪れていた開発者たちだ。

 後に開発者アカウントを侵害するのに使えそうな、アプリケーション開発者の個人情報へアクセスできてしまうと、とりわけiOSプラットフォーム上では、その開発者の製品や評判を信頼するユーザには大きな害となる。

 マルウェアの作者にとっては、Google Playや、他のAndroidプラットフォーム用のアプリケーション販売サイトと異なり、Apple社のApp Storeに侵入して害のあるアプリケーションをアップロードすることは、長い間課題であった。とりわけApple社の厳しいレビューポリシーのおかげで、最初にiPhoneが登場して以来6年に渡って、大量の悪意あるアプリケーションの活動を阻止するのに成功してきたのだ。

 こうした障壁を迂回するために、今ではマルウェアの作者は開発者自体を狙っている。マルウェア作者の本当の目的は、App Store上の開発者のアカウントへアクセスすることだ。ここから、開発者の評価や製品をハイジャックして、マルウェア作者自身のアプリを押し付けることが本質的に可能になるのだ。

記事全文:Are Apple developers on the hacker hit list?Su Gim Goh

マレーシアにおけるネット上での選挙活動

 マレーシアの今年の総選挙は、2013年5月5日の日曜日に予定されている。投票日に向け、同国の政党が選挙期間の最後にギアをトップに入れているので、現在、SNSサイトを含む全報道機関から政治ニュースが押し寄せてきている。

 報道機関の関心の高さが、マルウェア作者に対し、確立済みのソーシャルエンジニアリング技術を用いて新たな犠牲者を生み出す機会を提供することになる。そして今週、Citizen Labから報告書が発表された。案の定、監視マルウェアFinFisher(別名FinSpy)を洗練させたサンプルが、今回の選挙に特化して作成されたWordドキュメントにて検出されたことが示されている。

 このマルウェアは、「SENARAI CADANGAN CALON PRU KE-13 MENGIKUT NEGERI.doc(「州による第13回総選挙の候補者一覧」の意)という名前のマレー語のMicrosoft Wordドキュメントに仕掛けられ、配布された。

SENARAI CADANGAN CALON PRU KE-13 MENGIKUT NEGERI.doc

 報告書では、この攻撃ドキュメントは、同国の歴史の中で一番の接戦となっている選挙に関連した情報を探しているマレーシア人を標的にしている、と推測している。エフセキュアは問題のWordドキュメントをTrojan:W32/FinSpy.D.として検出する。

 FinfisherはGamma Groupという名前のヨーロッパ企業が開発した。過去の投稿で触れたとおり、この企業はマレーシアのクアラルンプールにて開催されたISS World 2011の集まりに参加した。このISS(Intelligence Support Systems)関連イベントは監視ソフトウェアの見本市の役割を果たす(参加には「招待」が必要で、「通信会社、政府、法執行機関」に属している人に限られる)。

ISS World Kuala Lumpur

 加えて、YouTube、Facebook、Malaysiakin(マレーシアの人気ニュースサイト)を含む複数のニュースサイトやSNSサイトが、改変、DoS攻撃、フィルタリングといったさまざまな形態の攻撃を受けてきた、と主張する報告が出てきている。

 エフセキュアラボでは状況を注視している。2013年4月の間、マレーシアではマルウェアの検出件数の増加を見た。しかしながら、この増加が選挙関連の活動なのか、別のものなのかは判別できていない。

Malaysia, detections

ハッカソン・マレーシア 2013

 24時間コーディングに熱狂する準備はいい?

hackathon2013 (62k image)

 あなたは24時間でキラーアプリケーションを開発する資質を備えているかだろうか?そしてイノベーションやコーディング、楽しむことなど、すべてが好きか?

 もしそうなら、Webアプリケーションの安全性を次の段階へと革新、推進する機会がある。マレーシアのエフセキュアにて再びハッカソンを開催する。このイベントでは開発者とそのチームメイトが24時間集中して、我々全員にとってWebがより安全な場所たらしめるアプリケーションを開発する。

 今年のテーマは「Web上のサービスを安全にすること」で、開発者には当社のクラウドネットワークからWebレピュテーションやリアルタイムのマルウェア検知といった詳細な関連情報を引き出せる各種APIが提供される。

 このイベントはBangsar Southにあるクアラルンプールオフィスで4月12〜13日に開催される。勝者には弊社専属のミッコ・ヒッポネンとのディナーという賞品が授与される。世界的に有名なマルウェア研究者の知恵を借りるすばらしい機会となるだろう。

 詳細情報や登録は、ハッカソン・マレーシアのキャンペーンサイトから。

リバース・エンジニアリングおよびマルウェア分析についての大学の講義

 本日、フィンランドのアールト大学(Espooキャンパス)にて、リバース・エンジニアリング・マルウェア講座の、2013年春期の初めての講義が開催の運びとなる。

 この講座は、以前の講座と同様、ヘルシンキのセキュリティ研究所の研究員達が教鞭をとる。悪意のあるコードとは何か、どうすればそれを分析できるのか、WindowsとAndroidなど異なるプラットフォーム用の実行形式のコードをリバース・エンジニアリングするにはどのようにするか、について学生達に指導する。バイナリの難読化やエクスプロイトを含め、さまざまな題材について、学生達は探求することになるだろう。またこの講義では技術的なトピック以外にも、情報セキュリティに関連のある倫理的あるいは法的な問題などを取り上げる。

 当社の講座ではいつものことだが、学生達は非常に実習的な手法で学習していく。これには、当社の研究員が作成した、以下のようなリバース・エンジニアリングのパズルを解くことが含まれる。

homework

 地球の反対側のクアラルンプール(マレーシア)にも当社の別のセキュリティ研究所がある。ここでもモナシュ大学の情報技術学校(Sunwayキャンパス)の講師たちと協力して、同様の講座を立ち上げた。

monash

 Androidプラットフォームを狙ったマルウェアの分析に、もっと重点がおかれたシラバスとなっている。このようなマルウェア分析の講義が、学生に対して初めて提供される。

 この講座では、講義と実習に最新の題材を盛り込み、学生がこの分野についてより広角的な視野を持ち、マルウェア分析に必要な専門スキルを身につける一助となるようにする。講義や実習で取り上げる題材には、Androidのセキュリティ・フレームワークや、OS、ファイルシステム、さらにはマルウェアの静的あるいは動的な分析が含まれる。

バックナンバー
セキュリティ関連リンク
セキュリティ機関

政府関連

セキュリティ関連団体

研究機関・大学
詳細カテゴリ
メディア関係者の皆様へ
エフセキュアブログメンバー
エフセキュアブログメンバー
ミッコ・ヒッポネン
エフセキュア CRO(セキュリティ研究所主席研究員)(ヘルシンキ)
(Twitterアカウント)
(研究所Twitter)
ショーン・サリバン
エフセキュア セキュリティ・アドバイザー(ヘルシンキ)
(Twitterアカウント)
高間 剛典
メタ・アソシエイツ代表
(公式ブログ)
(Twitterアカウント)
星澤 裕二
株式会社セキュアブレイン 最高技術責任者
(公式ブログ)
(人物紹介)
岩井 博樹
デロイト トーマツ リスクサービス株式会社 (〜2013年3月 株式会社ラック) 情報セキュリティ大学院大学 客員研究員
(Twitterアカウント)

(人物紹介)
福森 大喜
株式会社サイバーディフェンス研究所 上級分析官
CDI-CIRTメンバー
(人物紹介)
鵜飼 裕司
株式会社FFRI 代表取締役社長
(人物紹介)
福本 佳成
楽天株式会社 システムセキュリティ室 室長
Rakuten-CERT representative
(人物紹介)
神田 貴雅
エフセキュア株式会社 プロダクトグループ 部長
富安 洋介
エフセキュア株式会社 プロダクトグループ
コーポレートセールスチーム
エフセキュア株式会社
(エフセキュアブログ公式Twitterアカウント)

海外記事翻訳
株式会社イメージズ・アンド・ワーズ
エフセキュアメールマガジン

ブログに載らないメルマガ限定情報や、技術者インタビュー、製品情報、技術解説を掲載して毎月一回配信します。アドレスのみの登録で購読無料。

エフセキュアブログQRコード
QRコード