エフセキュアブログ

by:パトリシア

ブラウザとメール:マルウェア配信における最大の攻撃経路

 エフセキュアラボでは、顧客が一般的に遭遇するような普及している脅威について継続的に監視している。脅威の大勢を観察する際、我々はサイバー犯罪者が用いる感染経路を調査する。また、こうした攻撃から顧客を保護する効果的な方法を探る。

 以下は、当社の顧客を保護した検知の上位10件である。なお、上位2つはエクスプロイトとスパムメールに関連している。

top10_worldmap_20160428

 まず、最上位にランクされた検知について見ていこう。

ブラウザ経由での攻撃:Angler EK(エクスプロイトキット)

 当社における検出でExploit:JS/AnglerEK.DとなるAngler EK(現在もっとも活動的なエクスプロイトキット)は、当社の世界地図上の統計で最上位の1つになっていることが多い。

 ここ24時間で、同エクスプロイトキットは攻撃的なキャンペーンを再開したように見える。

AnglerEK_hits_20160428

 ユーザは大抵の場合、侵害されたWebサイトを訪れることで感染する。こうしたWebサイトには、インジェクションするリダイレクタのスクリプトや、悪意ある広告(マルバタイジング)が含まれている。このキャンペーンでは、ヒットするのは侵害されたWebサイトからだが、一部はOpenXの広告プラットフォーム経由でもやってくる。

angler_adplatform_blur

 Angler EKは、ワンクリック詐欺のトロイの木馬をインストールすることで知られているBedepを配信し続けている。また、最近ではランサムウェアCryptXXXもインストールする。

angler_saz_20160427_blur

メール経由での攻撃:JavaScriptのダウンローダ

 当社の統計で2番目に多く検知したのは、JavaScriptのダウンローダであるTrojan:JS/Kavala.Dだ。このJavaScriptのダウンローダは、大抵の場合スパムメールに添付されたzipファイルに格納されて届く。当社のテレメトリー上で急上昇を引き起こした、現行のスパムキャンペーンのメールのサンプルを以下に示す。

locky_spam1

locky_spam2

 Locky、TeslaCryp、Dridex、GootKit、Kovter、Boaxxe、Gamarueのようなマルウェアを配信するスパムキャンペーンにおいて、過去数か月の間、ダウンローダとしてJavaScriptを使用するケースが増加しているのを当社では目撃してきた。通常、このようなスパムは様々なテーマで届く。「請求」「写真共有」「支払・注文」「履歴書」「スキャン画像」「VISAの景品」「宅配便の通知」「保険」「Amazonの注文」といったものだ。攻撃者は被害者の範囲を広げるべく、より大きな網を打とうとしているのだ。

 JavaScriptのダウンローダで使用されているファイル名の例を以下に挙げる。

0061705_006774.js
CAN0000013502.js
20160403_914618_resized.js
01c4b975.js
details.jse
63e0f3bc.js
2016 Sales Invoice 700422016.pdf.js
bill.js
copy.js
ADCWYuEi.js
dino kennedy.js

 今回のキャンペーンでは、JavaScriptのダウンローダはランサムウェアLockyの配信を試みる。

locky_blur
Lockyの脅迫メッセージ

 当社の世界地図上でのこれら2つの検知は、マルウェアを配信する最大の攻撃経路がブラウザとメールであることを示唆している。

 顧客の皆さんには、常にブラウザおよび、Flash PlayerやSilverlightといったプラグインを最新バージョンに更新するように注意喚起する。また使用しないのであればプラグインを無効にすることをお勧めする。スパムについては、メールの添付ファイルには慎重になるようにアドバイスする。

Flashの最新の脆弱性CVE-2016-1019と共にMagnitude EKが急増

 アドビ社は、Flash Playerのまた異なる脆弱性CVE-2016-1019に対する緊急アップデートを公開した。これは20.0.0.306以前のバージョンのFlash Playerに影響を及ぼすものだ。まず4月5日にアドビはセキュリティアドバイザリを公開し、Flashバージョン21.0.0.182に含まれる脆弱性のさらなる悪用を回避する緩和策を強調した。そして緊急アップデートが公開されたのは4月7日だった。

 ご存じのとおり、エクスプロイトキットの作者は、パッチがまだ利用できないときにこそ脆弱性につけ込む。最初にアドバイザリが公開された時点で、我々は当社のテレメトリでMagnitude EK(Exploit Kit)のヒット数が増大したのに気付いた。

Magnitude EK 2016.04.07

 Magnitude EKはCVE-2016-1019の欠陥に対応するエクスプロイトを盛り込むように更新されたが、当社ではすでに既存のFlashエクスプロイトの検知でブロックしている。

MagnitudeEK_Salama.H_20160407

 1か月前、ユーザをMagnitude EKへと押しやるマルバタイジング・キャンペーンについて記事を投稿した。今回の最新のキャンペーンでも同様の広告プラットフォームが使用されていることだけでなく、ユーザをランディングページへと導く新たなリダイレクタやゲートといった注目に値する追加部分も観察している。当社ではこうしたリダイレクタやゲートもMagnitude EKの検知の一部に含めている。

MagnitudeReferers_AdPlatforms_20160407.PNG

 さらに、一部はアダルトサイトや無料動画サイトからヒットしていることも観察している。

MagnitudeReferers_AdultSites_20160407.PNG

 Magnitude EKは現在、暗号化ランサムウェアCerber(SHA1:1f6f5c03d89a80a725cdff5568fc7b98bd2481b8)を配信している。

 このキャンペーンの影響をもっとも受けている国は、フランス、ベルギー、ドイツ、フィンランド、オランダである。

 当社のユーザは以下の検知により、CerberというランサムウェアやMagnitude EK(リダイレクタや使用する最新のFlashのエクスプロイトを含む)から保護されている。

  • Exploit:JS/MagnitudeEK.G
  • Exploit:SWF/Salama.H
  • Trojan:W32/CryptoRansom.A!DeepGuard

 当社のユーザには、最新版のFlash Playerにアップデートすることをお勧めする。

PUAが使う広告配信プラットフォームがMagnitudeエクスプロイトキットをも配信

 先月、あるマルバタイジング・キャンペーンについて投稿した。ユーザをAnglerエクスプロイトキットへと向かわせるマルウェアの攻撃に対し、たとえ非ブラウザのアプリケーション上であっても、広告プラットフォームは影響を受けやすいことを明らかにした。

 さらに別のマルバタイジング・キャンペーンに先週気付いたが、こちらはMagnitudeエクスプロイトキットにユーザを押し進める。

Magnitude EK Hits 2016.03.04

Magnitude URLs

 我々は以下の広告プラットフォームが、Magnitudeエクスプロイトキットへのリダイレクトに用いられていることに気付いた。

www.terraclicks.com 
bestadbid.com
onclickads.net
popped.biz
click2.danarimedia.com
onclickads.net
ads.adamoads.com

 その広告プラットフォームの1つであるclick2.danarimedia.comについて、興味深い点を観察した。「潜在的に迷惑(potentially unwanted)」だと考えられているConduit Toolbarsの特定のディストリビューションでも用いられているのだ。Conduit Toolbarsは一般に無料のソフトウェアとバンドルされてやってきて、ブラウザ設定の変更を強要する。

conduit_properties

conduit_strings_text

 同広告プラットフォームから当社のアップストリームを経てMagnitude EKへと差し向けられる様子を以下に示す。

magnitudeek_redirection_20160304

 これは、我々がPUA(Potentially Unwanted Application、潜在的な迷惑アプリケーション)のパワーを過小評価すべきでないことを示す。仮にあるプログラムが潜在的に迷惑なものとして始まったとして、攻撃者がユーザのマシンに他の脅威を配信するのにそうしたプログラムを活用するはずがない、なんていうことはないからだ。ユーザはエクスプロイトキットへとリダイレクトされ、最終的にマルウェア、つまりこちらの特定のエクスプロイトキットCryptoWallランサムウェアへの感染に繋がる。

cryptowall

SHA1: b9bf3131acae056144b070c21ed45623ce979eb3

 当社のユーザはこれらの脅威から保護されており、以下のように検知する。

  • Exploit:JS/MagnitudeEK.A
  • Exploit:SWF/Salama.H
  • Trojan:W32/Crowti.A!DeepGuard
  • Application:W32/Conduit.B

エクスプロイトキットAnglerの1月の休暇

 エクスプロイトキット(exploit kit、EK)に至るさまざまなリダイレクタについて、当社では昨年から監視を行ってきた。そうしたリダイレクタの1つに、AnglerエクスプロイトキットまたはNeutrinoエクスプロイトキットのいずれかへ誘導するものがある。SANS ISCでも、この2つのエクスプロイトキットを切り替えるリダイレクタを監視していた。

 今年の初め、当社のテレメトリにおいて当該リダイレクの急激かつ大幅な落ち込みがあることに気付いた。

Hits of the redirector that leads to either Angler EK or Neutrino EK.

 興味深いことに、同日、当社のAnglerのテレメトリでも急減していた。それに対して、Neutrinoは活動しているままだった。この間、Neutrinoはリダイレクタ経由ではなく、侵害されたWebサイトから直接提供されていたことが判明している。

Angler EK and Neutrino Hits 2015.12.24 - 2016.01.15

 最初に見たときには、Anglerが休暇を取っているかのように思えた。おそらく、それが大部分の真実だろう。しかし、さらに詳細に当社のテレメトリを見ていくと、休暇とされる期間中も活動していた、非常に小さな一団がいたようだ。

 以下は、当社のテレメトリで目にした例の一部だ。

Angler URLs 2016.01.03

 1月11日になりAnglerの活動が再開したが、一方でNeutrinoの活動は徐々に緩やかになっていった。この休みの前後でAnglerエクスプロイトキットに明らかな変化があったことは認められない。単にちょっと休暇を取ったようにしか見えない。

 また興味深いことには、Anglerはサブドメインを生成する際に非英語の単語を用いている。以下は、2015年および2016年にAnglerで使用されているのを目にした、フィンランド語の単語である。

Angler Finnish 2015

 「valtioneuvostossa」とは「国務院」を指す。
 「omakotirakentamisessa」は「一戸建て住宅の建築時」を意味する。

Angler Finnish 2016

 「kansatieteelliseen」は「民族的な(何か)に対し」という意味だ。
 「nauhoittamasta」は「記録から」である。

ブルートフォースパスワード攻撃を発端としたFlashリダイレクタの事例

 「Flashリダイレクタ」の検知件数のグラフにおいて、10月に異常な山があることに気付いた。この原因は侵害されたWebサイト群だ。

RedirectorHits
図1:Flashリダイレクタの検知件数

 侵害されたWebサイトにはコードが挿入されている。このコードは、ユーザをエクスプロイトキットのAnglerへリダイレクトしようとする、悪意あるFlashオブジェクトを読み込む。

InjectedCode
図2:挿入されたコード

 このFlashリダイレクタは新しいものではない。これについては1年前にMalwareBytesに記事が掲載されている。しかしながら、10月中に観測した急増は我々の関心を引き、もう少し詳しく眺めてみることになった。

 URL短縮ツールus.toの使用を確認できなかった点を除いて、MalwareBytesが確認したものとURLのパターンに大差ないことを発見したのには、興味深いものがあった。攻撃の背後にいる人物は、フリードメインや一般的でないトップレベルドメインを巧みに利用している。

RedirectorURLs2014
図3:2014年のFlashリダイレクタのURL
RedirectorURLs2015
図4:2015年のFlashリダイレクタのURL

 Webサイトがどのように侵害されたかを調査するうち、そうしたサイトすべてがWordPressを使って構築されていることに気付いた。我々は当初、当該Webサイトは脆弱なプラグイン経由で攻撃されたと考えていた。

 侵害されたサーバについてさらに調査を行うと、単純なブルートフォースでのパスワード攻撃が、攻撃者の戦略の1つであったことが明らかになった。攻撃者は以下のようなURLにアクセスすることで、WordPressのユーザ名を列挙しようとした。

http://www.samplewebsite.com/?author=1
http://www.samplewebsite.com/?author=2
http://www.samplewebsite.com/?author=3

 以下は、authorをスキャンしたことを示すアクセスログの一部だ。

accesslog1

 ユーザ名を獲得したなら、攻撃者が特定しなければならないのはパスワードだけだ。攻撃者が使用したツールは、ログインに成功するまでにおおよそ1200件のパスワードを試していた。

accesslog2

 管理者アカウントへアクセスできるようになったら、攻撃者は悪意のあるスクリプトをサーバにアップロードし始める。こうしたスクリプトには、バックドアやさらにはスパマーのコンポーネントが含まれる。

accesslog3

 サイバー犯罪者にとって、マルウェアを配布するのにもっとも効率的な方法の1つは、Webサイトを侵害することだ。ユーザは習慣のとりことなっており、一般に自分のマシンが感染しているかもしれないなどと考えることなくお気に入りのWebサイトを訪れる。そのため、こうしたWebサイトの所有者がこの脅威が広がらないようにするのに重要な役割を持つ。前々からアドバイスされていることの1つは、あなたのサーバで実行される全ツールを最新にして、脆弱性を突いて攻撃される可能性を低減することだ。しかしながら、他ならぬこの攻撃の場合については、ユーザ名の保護および強力でユニークなパスワードを使用することの重要性をいくら強調してもし足りない。さらに、この種のWordPressの攻撃から身を守るためには、何を公開するにせよWordPressの管理者アカウントを使用すべきではない。また.htaccessに以下のコードを追記すると、autherを列挙しようとする試みをブロックできる。

# Stop wordpress username enumeration vulnerability
RewriteCond %{REQUEST_URI} ^/$
RewriteCond %{QUERY_STRING} ^/?author=([0-9]*)
RewriteRule ^(.*)$ http://yoursite.com/somepage/? [L,R=301]

 より詳細については「Block WordPress User Enumeration, Secure WordPress Against Hacking」で確認できる。

Hacking Team社のFlashのゼロデイが複数のエクスプロイトキットとともに押し寄せる

 Hacking Team社の侵害があってから、7月5日になって間もなく大量の情報が一般に暴露された。特記すべきは、同社の顧客情報と、同社が使用してきたAdobe Flash Playerのゼロデイ脆弱性だ。

 最初のゼロデイ脆弱性についての情報が自由に得られるようになって以降、攻撃者達が早速それを使うようになったことを当社では把握した。Kafeineの報告によると、案の定、FlashのエクスプロイトはAngler、Magnitude、Nuclear、Neutrino、Rig、HanJuanといったエクスプロイトに組み込まれていた。

 当社のテレメトリによれば、6日から9日まで継続してFlashのエクスプロイトの増加が見られた。

overall_stats (11k image)


 以下は、エクスプロイトキットごとの統計だ。

ek_stats (27k image)


 CVE-2015-5119というゼロデイ脆弱性のセキュリティアドバイザリは7月7日に公開され、パッチは8日に適用できるようになった。そのためパッチ公開から約2日後には、ヒット数が下がり始めた。

 しかし人々がシステムのアップデートを始めたばかりのときに、AnglerのFlashエクスプロイトのヒット数のグラフにまた別の山があった。

weekend_wave_stats (22k image)


 見たところ、さらに2つのFlashの脆弱性、CVE-2015-5122およびCVE-2015-5123が発見されたようだ。これらの脆弱性にはまだパッチが用意されていない。Kafeineによると、この2つの脆弱性の一方がAnglerエクスプロイトキットに追加された。

 Anglerエクスプロイトキットに関して注記しておこう。2番目のグラフをよく見ると、AnglerとHanJuanで共通の統計になっている。これは、当社におけるAnglerのFlashエクスプロイトの検知では、HanJuanのFlashエクスプロイトもヒットするという事実に基づく。

 Anglerで検知されるURLのパターンに異なるものがあることを発見したのち、当社にてこの点を検証した。

angler_vs_hanjuan_urlpattern (9k image)


 当社で双方のキットで使用されているFlashのエクスプロイトを参照したところ、2者はまったく同じであった。

AnglerのFlashエクスプロイト:

anglerek_ht0d_3 (26k image)


HanJuanのFlashエクスプロイト:

hanjuanek_ht0d_3 (23k image)


 この2つのエクスプロイトキットの背後にいる人物の間に強いつながりがあるようだと、かねてから推測されている。たとえば両者は、「ファイルなし」でのペイロードの送信を採用し、暗号方式でさえも同様のものを用いている。おそらくある時点でHanJuanでもこの新しいFlashのゼロデイをサポートするのを目にするだろう。

 ところで、これら新しいエクスプロイトにはまだパッチがないが、当社のユーザはBrowsing Protectionを通じて当該エクスプロイトキットの影響から保護されている。また同時に以下の検出も行われている。

Exploit:SWF/AnglerEK.L
Exploit:SWF/NeutrinoEK.C
Exploit:SWF/NeutrinoEK.D
Exploit:SWF/NuclearEK.H
Exploit:SWF/NuclearEK.J
Exploit:SWF/Salama.H
Exploit:SWF/Salama.R
Exploit:JS/AnglerEK.D
Exploit:JS/NuclearEK.I
Exploit:JS/MagnitudeEK.A


OphionLocker:ランサムウェア・レースに参戦

 今年8月、SynoLockerCryptoWallといった一連のランサムウェアについてのブログを書いた。Cryptowallに関するポストの中で、より高度なランサムウェアファミリーCTB-Lockerについて簡単に触れている。これはファイルの暗号化に楕円曲線暗号を、またC&Cサーバとの通信にTorを使用している。

 今週になり、暗号化に同じ暗号処理を用いている別のランサムウェアが出現した。最初は、RIGエクスプロイトキットを使用したマルバタイジングキャンペーンの中から、Trojan7Malwareにより見出された。彼らはそのマルウェアをOphionLockerと名づけた。

 感染すると、送金して復号ツールを入手する方法について、Tor2webを用いて指示を送ってくる。

 このランサムウェアは、次の拡張子を持つファイルを暗号化する。

extensions (8k image)

 以下は、暗号化後にユーザに表示するメッセージだ。

ransom_pop (14k image)

 ENCRYPTED[..].txtというフォーマットの複数のファイルが作成される。これには被害者のマシン用に生成したhwid(ハードウェアID)が含まれる。

tor_hwid_instruction2 (20k image)

 hwidを入力すると、1 BTCを要求する身代金メッセージが表示される。

ransom_page2 (32k image)

 ただし、仮想環境上で感染すると、OphionLockerは少々異なる芸当を見せる。hwidは依然として提示するのだが、表示されるメッセージの中で身代金の支払いは求めない。

fake_ransom (41k image)

 無料で復号を提示するのだ!いや、そんなうまい話が本当だとは思えないんだが、我々は引き続き試さなければならない。念のため、セキュリティ研究者に親切である場合に備えて。

 復号機能を試すと、以下のメッセージが示される。

decryptor_message (9k image)

 「OK」をクリックすると、直後に別のメッセージをポップアップする。

decryptor_message2 (6k image)

 ただ残念ながら、どのファイルも復号されなかった。


 SHA1:
 eb78b7079fabecbec01a23c006227246e78126ab (ransomware) - Trojan:W32/Ransomware.D


ArchieとAstrum:エクスプロイトキット市場の新たな担い手

 エクスプロイトキットは依然として、クライムウェアの増殖に重要なツールである。このポストでは、今年登場した新たなエクスプロイトキットの中から、ArchieとAstrumの2つについて論じる。

Archie EKは当初、8月には簡素なエクスプロイトキットとして説明されていた。Metasploit Frameworkからコピーしたエクスプロイトモジュールを使っているためだ。

 我々はArchie EKで使用されているエクスプロイトを検知して、当社のテレメトリーを参照した際に、当該エクスプロイトキットが7月第1週に初登場していることを確認した。以来、活動的なままだ。

Archie hits, Jul to Dec

 7月からArchie EKのトラフィックと共にCVE-2014-0515(Flash)のエクスプロイトがヒットしているのを我々は目にしてきた。続いて8月には、CVE-2014-0497(Flash)、CVE-2013-0074(Silverlight)、CVE-2013-2551(Internet Explorer)の各エクスプロイトを検知していることに気付いた。11月までにKafeineが指摘したところでは、このエクスプロイトキットに新しいFlashの脆弱性CVE-2014-0569とIEの脆弱性CVE-2014-6332が統合されている。これもまた当社の上流からも明確に示されている。

Archie vulnerability hits

 当社では、Archie EKが使用するエクスプロイトを以下のように検知する。

  •  Exploit:HTML/CVE-2013-2551.B
  •  Exploit:JS/ArchieEK.A
  •  Exploit:JS/ArchieEK.B
  •  Exploit:MSIL/CVE-2013-0074.E
  •  Exploit:SWF/CVE-2014-0515.C
  •  Exploit:SWF/CVE-2014-0569.A
  •  Exploit:SWF/Salama.D

 他のエクスプロイトキットとまったく同様に、このキットは脆弱性のサポートの範囲内だけではなく、ランディングページでも何か月にも渡って展開している。当社が遭遇した、Archieの初期のサンプルでは「pluginDet.js」や「payload」のような直接的なファイル名や変数名を使っていた。

 以下は、初期のランディングページのコード片である。

Archie Flash payload

 しかし11月中は、少々修正をして難読化を試みた新たなサンプルを目にするようになった。現在では、単純で説明的な変数名の代わりにランダムに見える文字列を使用している。以下は、最近のランディングページのサンプルのコード片である。

archie_flash_payload_v2 (28k image)

 さらに、初期のバージョンでは行っていなかった、アンチウィルスやVMwareのファイルの確認も含まれている。

archie_AVandVMcheck (46k image)

 当社ではこうしたランディングページをExploit:JS/ArchieEK.AおよびExploit:JS/ArchieEK.Bとして検知する。

 ArchieのURLのパターンでもまた、以下のようにトラフィック内で説明的なファイル名を使用していた。

  •  http://144. 76.36.67/flashhigh.swf
  •  http://144. 76.36.67/flashlow.swf
  •  http://144. 76.36.67/ie8910.html
  •  http://144. 76.36.67/silverapp1.xap

 しかし最近では、ファイル名にSHA256の文字列を用いた異なるパターンを観測している。

  •  http://31. 184.194.99/0d495794f41827de0f8679412e1823c8
  •  http://31. 184.194.99/cd8e0a126d3c528fce042dfb7f0f725055a04712d171ad0f94f94d5173cd90d2.html
  •  http://31. 184.194.99/9edcdf010cd9204e740b7661e46c303180e2d674417193cc6cbadc861fdf508a.swf
  •  http://31. 184.194.99/e7e8ed993b30ab4d21dd13a6b4dd7367308b8b329fcc9abb47795925b3b8f9d0.swf

 以下は、当社の上流から報告された、このエクスプロイトキットがホストされているIPアドレスだ。

Archie IP table

 当社のテレメトリーによると、もっとも影響を受けている国はアメリカとカナダである。

Archie, country hits

 Archie EKの共通のペイロードは、トロイの木馬型のクリッカーだ。以下は、当社の上流を基にしたこのエクスプロイトキットのハッシュの例と、続いて当社で検知したときの識別子だ。

  •  8b29dc79dfd0bcfb22e8954c65066be508bb1529 - Gen:Variant.Graftor.152508
  •  1850a174582c8b1c31dfcbe1ff53ebb67d8bde0d - Gen:Trojan.Heur.PT.fy4@bOYsAwl
  •  2150d6762db6ec98e92bb009b3bdacb9a640df04 - Generic.Malware.SFdld!!.8499435C
  •  5a89a48fa8ef92d1a4b31ee20f3f630e73c1c6c2 - Generic.Malware.SFdld!!.294B1B47

 Astrum EKはもう1つの、エクスプロイトキット市場における今年の新たな担い手である。これは9月にKafeineが初めて報告したもので、Revetonという集団が使い始めたキットのうちの1つであることが判明している。

 当初はCVE-2014-0515/CVE-2013-0634(Flash)、CVE-2013-0074/CVE-2013-3896(Silverlight)、CVE-2013-2551/CVE-2014-0322(Internet Explorer)、CVE-2010-0188(Adobe Reader)の各脆弱性をサポートしていた。10月になって、Astrum EKがFlashの脆弱性CVE-2014-8439を侵害していることをKafeineが指摘した。この脆弱性は、Kafeineと共に当社が発見したものだ。

Astrum vulnerability support

 エクスプロイトキット市場の新たな担い手の1つとなったことは、当社のテレメトリー上でもはっきりと示されており、現在も活動を活発化させ続けている。

Astrum hitcount

 エクスプロイトキットArchieと異なり、Astrumはランディングページにおいて数多くの難読化を行っている。以下は、基本的には同一の2つのランディングページのコード片だ。2つ目のほうはコードの合間に屑コメントや空白文字を追加して、一層の難読化を図り、検知されるのを阻害している。

Astrum landing page codesnippet

Astrum landing page codesnippet 2

 これもKafeineによって述べられているとおりだが、コードの難読化を解除すると、分析ツールやKaspersky社のプラグインを確認することが示されている。

Astrum tools check

Astrum, Kaspersky plugin

 当社ではランディングページをExploit:JS/AstrumEK.A and Exploit:JS/AstrumEK.Bとして検知する。

 以下はAstrum EKがホストされていると報告済みのIPアドレスだ。

  •  http://ad7. […].com.ar/QRtVMKEnSCR8eD9fnxd2SHxwOl7GRXQaKC5kXc4ULxt6IWlcy0omTTI9bg-cDmhPKQ..
  •  http://adv2. […].com.ar/Zhc_UrNYeTNRKVVsiDscWV57AGvSbhcJAy5baY0-EA4NLFQ73WETCxUxBG2OcVlYDg..
  •  http://pic2. […].net.au/nGtsDdma82ajBwA2t_jOC6FUCjW--MsC-FVZYeOuywn3BgYy4fPIV-9NVTjks9MO8w..
  •  http://pic2. […].net.au/nHEeB7017BijH3duhVKAdqJJJDvcVtIh90UvaNdf03ylHSY7gwrQJu9XJzKAHMxw8w..
  •  http://cdn-net4. […].net.au/Y9fEaE97uN9d7v0FdRyCs1yy_wopS9zhDO_3CSVI3uAI7KhQI0fV4RDx_1R3Upi0Cg..
  •  http://cdn-net8[…].net.au/4xuNWu0qxwyNdLxn0xysbIsg6jPeTq9jjnO5MNsZoWPTcbNqgBL_PJA9tmbVA-dnig..

Below are reported IP addresses where Astrum EK is hosted:

Astrum IP table

 当社のテレメトリーに基づくと、次のような国々にてAstrum EKがヒットしている。

Astrum country hits

 ArchieおよびAstrumは、新しいキットのうちの2つに過ぎない。新しいキットはRigNull HoleNiteris(CottonCastle)のように他にもあるし、それ以外にもAngler、Nuclear、Neutrino、FlashEK、Fiesta、SweetOrange、その他のエクスプロイトキットが増殖、発達を継続している。

 こうしたエクスプロイトキットで特筆すべき1つの特徴は、いまやアンチウィルスのファイル、VMwareのファイル、その他の分析ツールを確認することが一般的になった点である。他のNuclearやAnglerのようなエクスプロイトキットも、マルウェア研究者による分析を回避するために、こうした確認を統合している。さらなる詳細については、Kafeineのブログで確認できる。

多言語サポート:ありふれたスパムではない

 我々は今年の頭頃、Fareitスパムの急増に遭遇した。Fareitとは、ZeusやCryptowallの配送に使われるダウンローダである。

 最近になって、また別の、スパムに使われるダウンローダに気付いた。このダウンローダのスパマーは、ユーザに正規のメールだと信じ込ませるために、一層の労力を払ったように見受けられる。

 ある最近のスパムは偽のKLM eチケットだった。エールフランスKLM社のセールス&サービスセンターから送信されたように装っている。

klm_eticket_ready

 しかし、このスパマーは単純に英語を話す人に対し、気を配っただけではなかった。ここ最近、ポーランド語で送られた同じスパムも相当数目にした。

 たとえば以下のメールは、ポーランドを拠点とするオンライン決済サービス企業、dotpay.plから表面上は送付されている。

dotpay_blurred_ready

 おまけにこのメールはポーランドの有名ISPを使っている。

nowy_kontrakt_listopad_ready

 そしてスパマーの言語スキルもこれで途切れたかと考えた正にその時、フィンランドをテーマにしたスパムのサンプルを入手した。

lomake_ready

 文法は十分に納得のいくもののように見える。題名と添付ファイルにさえ正確なフィンランドの用語が用いられている。それのみならず、使用されているメールアドレス「suomi24.fi」というのは、フィンランドでもっとも人気のあるWebサイトの1つである。

 より効果的な詐欺を実施するために、スパマーは明らかにメッセージのカスタマイズに関する研究も行っている。標的とする国や人々の言語を使用するのみならず、人気のあるメールやサービスの提供者を用いることさえ実現している。

 これらのスパムのペイロードは、Wauchosというトロイの木馬型のダウンローダだ。

 以下にWauchosの最近のファイル名を挙げる。

attachments_ready

 2つのサンプルの添付ファイルについては、http://www.google.com/webhpへの接続を試みることで、Wauchosはインターネット接続について確認する。

 以下のネットワーク接続を行う。

• http://188. 225.32.207/ssdc32716372/login.php
• http://188. 225.32.208/ssdc32716372/file.php
• http://188. 225.32.209/ssdc32716372/file.php
• http://188. 225.32.209/ssdc32716372/file.php
• http://188. 225.32.209/ssdc32716372/file.php
• http://92. 53.97.194/ssdc32716372/file.php
• http://46. 28.55.113/ssdc32716372/file.php

 また以下からトロイの木馬を追加的にダウンロードする。

• http://auto*.it/*/jeve.exe
• http://dd*.ru/old.exe

 これらのメールで見かけたWauchosのバリアントは、双方ともに情報を盗むZbotもしくはCridexをダウンロードする。

 当社ではこれらファミリーをTrojan-Downloader:W32/Wauchos、Trojan-Spy:W32/Zbot、Trojan:W32/Cridex.として検知する。

ランサムウェア・レース(パート4):アダルトコンテンツ、Browlockの持続力

 当社では最近ランサムウェアファミリーの隆盛に目を光らせている。CryptoWall、CTB-LockerSynolockerについてのこれまでの記事にあるように、悪い奴らがこの種のマルウェアファミリーを絶えず開発中であることは歴然としている。これらのファミリーに加えて、ややシンプルなタイプのランサムウェアBrowlockも観察している。ただし、Browlockはかなり活動的で、最初に遭遇した2013年から非常に活発である。

 他のランサムウェアファミリーと対照的に、Browlockは被害者のファイルを暗号化しないし、被害者のマシン上にファイルを追加したり起動したりしない。Browlockはブラウザを「ロック」して、警察や当局からだと主張して警告を表示する。そこには児童ポルノのWebサイトの閲覧、あるいは海賊版のソフトウェアのダウンロードという犯罪をその被害者が犯した、と述べられている。ユーザがブラウザを閉じるのは妨げられるが、たとえばタスク マネージャーを通じてブラウザのプロセスを終了すると、問題は解決する。

 以下は当社のテレメトリーのBrowlockの攻撃から取得した6月以降の統計情報だ。

HitCount2 (51k image)


 当社の統計によると、標的となった被害者は、アダルトサイトを訪れているユーザだった。半数以上がアダルト関連のWebサイトに行った後、Browlockのページにリダイレクトされた。他には広告ネットワークを通じて、リダイレクトされた。当社のデータにて突出しているアダルトサイトは認知していないが、広告ネットワークの割合では、おおよそ60%がtrafficbroker.com単独からのものだった。

referer (63k image)


 Browlockのランディングページは、その時々で異なるIPやURLを持つ。これについてさらに観察したものが、malekalのWebサイトで確認できる。URLはランダムに見えるが、目立ったパターンがある。以下はサンプルの一部だ。


 •   http:// alert. policecoin. info/ FI/cls.php
 •   http:// alert. porschepolice. net/ FI/cls.php
 •   http:// alert. xraypolice. com/ FI/cls.php

 •   http:// alert-police. barbrastreisandagent. com/
 •   http:// alert-police. estateagentsolutions. net/

 •   http:// attention.starpolice. biz/FI/cls.php
 •   http:// attention.starpolice. co/FI/cls.php

 •   http:// police. grantscards. com/
 •   http:// police. redunderground. com/

 •   http:// security-scan-nuqbqakx. in/
 •   http:// security-scan-jdytiujg. in/

 •   http:// system-check-abevbrye. in/
 •   http:// system-check-ipxmjdry. in/

 •   http:// security-akechksv-check. in/

 •   http:// security-zxqkcohl-chk. in/

 •   http:// law-enforcement-tqvrlbqb. in/
 •   http:// law-enforcement-icgkjyrr. in/

 6月から、当社のアップストリーム内でもっとも多く報告が上がった以下のURLの監視をした。ホスト先の対応するIPアドレスも掲載する。

IPtable3 (62k image)


 以下のグラフは、該当するURLのパターンが、当社のアップストリーム内で活発に報告された時期を示している。Browlockは平均して約2週間から1ヶ月の間、ランディングページのURLのパターン1つを維持できるようだ。

ip_graph2 (92k image)


 また当社では、米国、イギリス、欧州各国がもっとも影響を受けていることにも気付いた。

top5countries (8k image)


 この非常にシンプルなメカニズムで、悪い奴らが実際に金を得ているのかを疑問に思い、しばらくの間このオペレーションの進行を見てきた。ひどのくらいの数の被害者が偽の警告メッセージに応じて身代金を支払ってしまったのか、確かなことは分かっていない。ただ我々が確信しているのは、このランサムウェアファミリーが活動的なのが見られる間、当社の顧客をこの脅威から保護し続けるために油断せずに見守ることだ。

バックナンバー
セキュリティ関連リンク
セキュリティ機関

政府関連

セキュリティ関連団体

研究機関・大学
詳細カテゴリ
メディア関係者の皆様へ
エフセキュアブログメンバー
エフセキュアブログメンバー
ミッコ・ヒッポネン
エフセキュア CRO(セキュリティ研究所主席研究員)(ヘルシンキ)
(Twitterアカウント)
(研究所Twitter)
ショーン・サリバン
エフセキュア セキュリティ・アドバイザー(ヘルシンキ)
(Twitterアカウント)
高間 剛典
メタ・アソシエイツ代表
(公式ブログ)
(Twitterアカウント)
星澤 裕二
株式会社セキュアブレイン 最高技術責任者
(公式ブログ)
(人物紹介)
岩井 博樹
デロイト トーマツ リスクサービス株式会社 (〜2013年3月 株式会社ラック) 情報セキュリティ大学院大学 客員研究員
(Twitterアカウント)

(人物紹介)
福森 大喜
株式会社サイバーディフェンス研究所 上級分析官
CDI-CIRTメンバー
(人物紹介)
鵜飼 裕司
株式会社FFRI 代表取締役社長
(人物紹介)
福本 佳成
楽天株式会社 システムセキュリティ室 室長
Rakuten-CERT representative
(人物紹介)
神田 貴雅
エフセキュア株式会社 プロダクトグループ 部長
富安 洋介
エフセキュア株式会社 プロダクトグループ
コーポレートセールスチーム
エフセキュア株式会社
(エフセキュアブログ公式Twitterアカウント)

海外記事翻訳
株式会社イメージズ・アンド・ワーズ
エフセキュアメールマガジン

ブログに載らないメルマガ限定情報や、技術者インタビュー、製品情報、技術解説を掲載して毎月一回配信します。アドレスのみの登録で購読無料。

エフセキュアブログQRコード
QRコード