エフセキュアブログ

trojan を含む記事

LOCKYの新たな大流行

6月初めに投下(英文)が確認された後、暗号化ランサムウェアLocky(英文)をばらまくスパムキャンペーンが、かつてのような活発さを取り戻したようだ。通常、当社では、スパムキャンペーンの際、1日当たり約4,000〜10,000件のスパム攻撃を確認している。

先週の水曜日から金曜日にかけて、当社では、Lockyをばらまくスパムの数が著しく増加するのを観察した。最大で、1時間当たり30,000件の攻撃が確認され、日計で120,000件への増加だ。

また、昨日、火曜日には、新たな2つのキャンペーンが確認された。その規模は、1時間で120,000件を超える、桁違いのものである。これは、通常時の200倍以上で、先週のキャンペーンと比べても4倍の件数である。


import_stats

全文はBusiness Security Insider 日本語版で。

 

ブラウザとメール:マルウェア配信における最大の攻撃経路

 エフセキュアラボでは、顧客が一般的に遭遇するような普及している脅威について継続的に監視している。脅威の大勢を観察する際、我々はサイバー犯罪者が用いる感染経路を調査する。また、こうした攻撃から顧客を保護する効果的な方法を探る。

 以下は、当社の顧客を保護した検知の上位10件である。なお、上位2つはエクスプロイトとスパムメールに関連している。

top10_worldmap_20160428

 まず、最上位にランクされた検知について見ていこう。

ブラウザ経由での攻撃:Angler EK(エクスプロイトキット)

 当社における検出でExploit:JS/AnglerEK.DとなるAngler EK(現在もっとも活動的なエクスプロイトキット)は、当社の世界地図上の統計で最上位の1つになっていることが多い。

 ここ24時間で、同エクスプロイトキットは攻撃的なキャンペーンを再開したように見える。

AnglerEK_hits_20160428

 ユーザは大抵の場合、侵害されたWebサイトを訪れることで感染する。こうしたWebサイトには、インジェクションするリダイレクタのスクリプトや、悪意ある広告(マルバタイジング)が含まれている。このキャンペーンでは、ヒットするのは侵害されたWebサイトからだが、一部はOpenXの広告プラットフォーム経由でもやってくる。

angler_adplatform_blur

 Angler EKは、ワンクリック詐欺のトロイの木馬をインストールすることで知られているBedepを配信し続けている。また、最近ではランサムウェアCryptXXXもインストールする。

angler_saz_20160427_blur

メール経由での攻撃:JavaScriptのダウンローダ

 当社の統計で2番目に多く検知したのは、JavaScriptのダウンローダであるTrojan:JS/Kavala.Dだ。このJavaScriptのダウンローダは、大抵の場合スパムメールに添付されたzipファイルに格納されて届く。当社のテレメトリー上で急上昇を引き起こした、現行のスパムキャンペーンのメールのサンプルを以下に示す。

locky_spam1

locky_spam2

 Locky、TeslaCryp、Dridex、GootKit、Kovter、Boaxxe、Gamarueのようなマルウェアを配信するスパムキャンペーンにおいて、過去数か月の間、ダウンローダとしてJavaScriptを使用するケースが増加しているのを当社では目撃してきた。通常、このようなスパムは様々なテーマで届く。「請求」「写真共有」「支払・注文」「履歴書」「スキャン画像」「VISAの景品」「宅配便の通知」「保険」「Amazonの注文」といったものだ。攻撃者は被害者の範囲を広げるべく、より大きな網を打とうとしているのだ。

 JavaScriptのダウンローダで使用されているファイル名の例を以下に挙げる。

0061705_006774.js
CAN0000013502.js
20160403_914618_resized.js
01c4b975.js
details.jse
63e0f3bc.js
2016 Sales Invoice 700422016.pdf.js
bill.js
copy.js
ADCWYuEi.js
dino kennedy.js

 今回のキャンペーンでは、JavaScriptのダウンローダはランサムウェアLockyの配信を試みる。

locky_blur
Lockyの脅迫メッセージ

 当社の世界地図上でのこれら2つの検知は、マルウェアを配信する最大の攻撃経路がブラウザとメールであることを示唆している。

 顧客の皆さんには、常にブラウザおよび、Flash PlayerやSilverlightといったプラグインを最新バージョンに更新するように注意喚起する。また使用しないのであればプラグインを無効にすることをお勧めする。スパムについては、メールの添付ファイルには慎重になるようにアドバイスする。

Flashの最新の脆弱性CVE-2016-1019と共にMagnitude EKが急増

 アドビ社は、Flash Playerのまた異なる脆弱性CVE-2016-1019に対する緊急アップデートを公開した。これは20.0.0.306以前のバージョンのFlash Playerに影響を及ぼすものだ。まず4月5日にアドビはセキュリティアドバイザリを公開し、Flashバージョン21.0.0.182に含まれる脆弱性のさらなる悪用を回避する緩和策を強調した。そして緊急アップデートが公開されたのは4月7日だった。

 ご存じのとおり、エクスプロイトキットの作者は、パッチがまだ利用できないときにこそ脆弱性につけ込む。最初にアドバイザリが公開された時点で、我々は当社のテレメトリでMagnitude EK(Exploit Kit)のヒット数が増大したのに気付いた。

Magnitude EK 2016.04.07

 Magnitude EKはCVE-2016-1019の欠陥に対応するエクスプロイトを盛り込むように更新されたが、当社ではすでに既存のFlashエクスプロイトの検知でブロックしている。

MagnitudeEK_Salama.H_20160407

 1か月前、ユーザをMagnitude EKへと押しやるマルバタイジング・キャンペーンについて記事を投稿した。今回の最新のキャンペーンでも同様の広告プラットフォームが使用されていることだけでなく、ユーザをランディングページへと導く新たなリダイレクタやゲートといった注目に値する追加部分も観察している。当社ではこうしたリダイレクタやゲートもMagnitude EKの検知の一部に含めている。

MagnitudeReferers_AdPlatforms_20160407.PNG

 さらに、一部はアダルトサイトや無料動画サイトからヒットしていることも観察している。

MagnitudeReferers_AdultSites_20160407.PNG

 Magnitude EKは現在、暗号化ランサムウェアCerber(SHA1:1f6f5c03d89a80a725cdff5568fc7b98bd2481b8)を配信している。

 このキャンペーンの影響をもっとも受けている国は、フランス、ベルギー、ドイツ、フィンランド、オランダである。

 当社のユーザは以下の検知により、CerberというランサムウェアやMagnitude EK(リダイレクタや使用する最新のFlashのエクスプロイトを含む)から保護されている。

  • Exploit:JS/MagnitudeEK.G
  • Exploit:SWF/Salama.H
  • Trojan:W32/CryptoRansom.A!DeepGuard

 当社のユーザには、最新版のFlash Playerにアップデートすることをお勧めする。

明らかによろしくない分類

毎度示唆に富んだ記事が投稿されることで人気を博しているエフセキュアブログですが、先日も大変趣のある記事が投稿されました。

エフセキュアブログ : Locky:明らかによろしくない振る舞いより引用:
当社のソフトウェアDeepGuardを実行している場合、ビヘイビア検知エンジンが、Lockyの用いる攻撃の媒介メールと、マルウェアの振る舞いの双方を阻止する。すでにかなり長い間、双方とも検知している。
(中略)
Lockyおよびそのバリアントに関連する悪意ある振る舞いは、以下の3つの検知によりブロックする。
  •     Trojan-Dropper:W32/Agent.D!DeepGuard
  •     Trojan:W32/Pietso.A!DeepGuard
  •     Trojan:W32/TeslaCrypt.PE!DeepGuard
(中略)
もしこのJavaScriptを実行すると、Lockyの実行ファイルをダウンロードし実行する。このバリアントはTrojan-Downloader:JS/Dridex.Wとして検知する。

要するに、LockyというランサムウェアはTeslaCryptやDridexとかの名称で検知する、と。
ほとんどの方は意味が理解できていないと思いますが、TeslaCryptもDridexもLockyとは全く異なるマルウェアだけど、検知するんだからまあいいじゃん、というブログ記事です。
実際のところ、ウイルス対策ソフトの役割はマルウェアを検知して感染を食い止めることであり、白か黒かの判断さえ間違っていなければOKというスタンスなので、方針として間違ってはいないわけですが、フィンランド企業の洗練されたイメージからするとちょっと意外です。
(お客様からのインシデント報告を受けて対応する私の立場からすると、ランサムウェアとバンキングマルウェアとでは対応が全く異なりますので、ちょっと困るのですが。)

このあたりの大雑把さ加減や努力の諦め具合を各社と比較してみると面白いです。

Lockyの実行ファイル (1fd40a253bab50aed41c285e982fca9c)
2016/2/16 2016/3/24
エフセキュア 検知せず Trojan.GenericKD.3048336
カスペルスキー 検知せず Trojan-Ransom.Win32.Locky.d
マイクロソフト 検知せず Ransom:Win32/Locky!rfn
シマンテック Suspicious.Cloud.5 Trojan.Cryptolocker.AF
トレンドマイクロ 検知せず Ransom_LOCKY.A

JavaScriptで書かれたLockyのローダー (6288aee880e2775046f1388b28b87ea0)

2016/3/23 2016/3/28
エフセキュア
Trojan-Downloader:JS/Dridex.W Trojan-Downloader:JS/Dridex.W
カスペルスキー
HEUR:Trojan-Downloader.Script.Generic Trojan-Downloader.JS.Agent.jkb
マイクロソフト 検知せず 検知せず
シマンテック 検知せず 検知せず
トレンドマイクロ 検知せず JS_LOCKY.KB
#ローダーだけでは悪意を判断できないので、「検知せず」は見逃しを意味するものではない。

元記事にある「すでにかなり長い間、双方とも検知している」というのが具体的にどれくらいの間なのかもわかりますね。

LenovoのスタートページがAnglerを配信

 当社の顧客のアップストリーム検知レポートに基づくと…、どうやら3月13日にLenovo関連のWebサイトが侵害されたようだ。ある期間(比較的短期間)、ポータルサイト「startpage.lenovo.com」を訪れた人が、悪名高いAnglerエクスプロイトキットにリダイレクトされていた。少なくない量の暗号化ランサムウェアの発生源だ。

 そのため侵害が一定期間内に限られていたとしても、その影響は重大だろう。日曜の夜に、このサイトへのトラフィックが多くなかったのであればいいのだが。

startpage.lenovo.com

 今回の注目すべきアップストリームレポートで検知されたのは、Exploit:JS/AnglerEK.Dだ。Anglerの最近のペイロードはTeslaCryptである。そして当社ではこれをTrojan:W32/Rimecud.A!DeepGuardおよびTrojan:W32/TeslaCrypt.X!DeepGuardとして検知する。

 個人的には、私は「スタートページ」にポータルは使わない。私の場合、about:blankが好みだ。

When Firefox starts…

PUAが使う広告配信プラットフォームがMagnitudeエクスプロイトキットをも配信

 先月、あるマルバタイジング・キャンペーンについて投稿した。ユーザをAnglerエクスプロイトキットへと向かわせるマルウェアの攻撃に対し、たとえ非ブラウザのアプリケーション上であっても、広告プラットフォームは影響を受けやすいことを明らかにした。

 さらに別のマルバタイジング・キャンペーンに先週気付いたが、こちらはMagnitudeエクスプロイトキットにユーザを押し進める。

Magnitude EK Hits 2016.03.04

Magnitude URLs

 我々は以下の広告プラットフォームが、Magnitudeエクスプロイトキットへのリダイレクトに用いられていることに気付いた。

www.terraclicks.com 
bestadbid.com
onclickads.net
popped.biz
click2.danarimedia.com
onclickads.net
ads.adamoads.com

 その広告プラットフォームの1つであるclick2.danarimedia.comについて、興味深い点を観察した。「潜在的に迷惑(potentially unwanted)」だと考えられているConduit Toolbarsの特定のディストリビューションでも用いられているのだ。Conduit Toolbarsは一般に無料のソフトウェアとバンドルされてやってきて、ブラウザ設定の変更を強要する。

conduit_properties

conduit_strings_text

 同広告プラットフォームから当社のアップストリームを経てMagnitude EKへと差し向けられる様子を以下に示す。

magnitudeek_redirection_20160304

 これは、我々がPUA(Potentially Unwanted Application、潜在的な迷惑アプリケーション)のパワーを過小評価すべきでないことを示す。仮にあるプログラムが潜在的に迷惑なものとして始まったとして、攻撃者がユーザのマシンに他の脅威を配信するのにそうしたプログラムを活用するはずがない、なんていうことはないからだ。ユーザはエクスプロイトキットへとリダイレクトされ、最終的にマルウェア、つまりこちらの特定のエクスプロイトキットCryptoWallランサムウェアへの感染に繋がる。

cryptowall

SHA1: b9bf3131acae056144b070c21ed45623ce979eb3

 当社のユーザはこれらの脅威から保護されており、以下のように検知する。

  • Exploit:JS/MagnitudeEK.A
  • Exploit:SWF/Salama.H
  • Trojan:W32/Crowti.A!DeepGuard
  • Application:W32/Conduit.B

Locky:明らかによろしくない振る舞い

 ここ1週間、「Locky」と呼んでいる新たなる暗号化ランサムウェアの脅威が大きなニュースになっている。

 これまでのところ、Locky感染の媒介としてもっとも一般的なのはメールである。Wordファイルを添付した、請求書だというメールが送付される。このファイルを開くと暗号化されているように見え、表示するためにマクロを有効にするように促される。もしここでマクロを有効にすると、実行ファイル(ladybi.exe)がドロップされる。その後、実行ファイルは128ビットAES暗号によるデータファイルの暗号化を開始する。

_Locky_recover_instructions

 今回のキャンペーンでは、世界中広く展開するために多数のローカライズがなされており、非常に組織立っているように見える。また、それをサポートする大規模で堅牢なインフラが整えられている。数多くの報告で示唆されているのは、現在Lockyを拡散しているスパムキャンペーンの背後にいるのは、バンキング型トロイの木馬Dridexを拡散したのと同一の集団ではないかということだ。

 Lockyは、C&Cに用いるドメイン名を自動生成する。ドメイン生成アルゴリズムについては、Forcepoint社が詳細を掲載している。

 当社のソフトウェアDeepGuardを実行している場合、ビヘイビア検知エンジンが、Lockyの用いる攻撃の媒介メールと、マルウェアの振る舞いの双方を阻止する。すでにかなり長い間、双方とも検知している。以下に述べるような当社で十分に試験された阻止戦略により、DeepGuardはコンテンツをダウンロードしたり、ファイルをドロップしたり、コードを実行したりするOfficeドキュメントのような、悪意のある振る舞いを検知する。DeepGuardでは、こうした類の脅威があなたのマシンを感染させるようなメカニズムをその場で阻止する。

 Lockyおよびそのバリアントに関連する悪意ある振る舞いは、以下の3つの検知によりブロックする。

  • Trojan-Dropper:W32/Agent.D!DeepGuard
  • Trojan:W32/Pietso.A!DeepGuard
  • Trojan:W32/TeslaCrypt.PE!DeepGuard

 この3つの検知により、Pony、Vawtrakおよび最新版のTeslaCryptからも顧客を保護する。

 週末の間に、Lockyの感染を媒介するものが他に表面化した。JavaScriptのファイルを含むzipの添付ファイルだ。もしこのJavaScriptを実行すると、Lockyの実行ファイルをダウンロードし実行する。このバリアントはTrojan-Downloader:JS/Dridex.Wとして検知する。

Wonknu:第3回ASEAN・米国サミットにスパイ

 このAPT攻撃の時代において、政府間の会合があるのにマルウェアが発現しない、というのは何かがおかしいように感じる。しかし2015年11月21日の第3回ASEAN・米国サミットは期待を裏切らなかった。

 クアラルンプールでのサミットの数日前、ARC(ASEAN Secretariat Resource Centre)のドメインが侵害された。これはasean.orgのサブドメインであった。侵害されたスクリプトファイルに悪意のあるコードが加えられ、サイトに訪れた者は43.240.119.35にリダイレクトされる(現在、この悪意あるスクリブトはアクセスできない)。

Redirection Traffic
リダイレクトされたトラフィック

 ARCのWebサイトはいまだ侵害されたままであり、「the 3rd ASEAN Defence Ministers’ Meeting.rar」というファイル名のアーカイブがホストされている。ここに含まれるマルウェアは、当社ではBackdoor:W32/Wonknu.Aとして検知する。

 Wonknuは、防衛分野の顧客を持つ情報管理ソリューション企業であるAwarebase Corp.社により署名されている。

Wonknu Cert
Wonknuの証明書

 このマルウェアは、 c:\programdata\kav.exeとして自身のコピーをシステムにドロップする。次に43.240.119.40:443に接続し、以下のようなコマンドを受け付けるバックドアとして機能する。

  • GetsSysteminfo – バージョン情報の取得
  • GetDiskInfo – ディスクドライブの情報の取得
  • GetFileList – ディレクトリ一覧の取得
  • DownloadFile – ファイルのダウンロード
  • UpFile – ファイルのアップロード
  • RunExeFile – 実行ファイルの起動
  • FileData – ファイルへのデータの書き込み
  • DelFile – ファイルの削除
  • NewDir – ディレクトリの作成
  • CmeShell – シェルからのコマンドの実行
  • プロセスの終了
  • プロセスの列挙

 我々が類似のサンプルについて探してみたところ、同じ証明書を用いている別のサンプルを見つけた。

Signed downloader
署名されたダウンローダ

 このマルウェアが最初に見られるようになったのは、今年の8月初旬辺りだ。そのときはsft.spiritaero.comからダウンロードできた(Spirit AeroSystems社は商用航空構造物の最大のメーカーの1社)。

 このマルウェアはJavaファイルを装っているが、正確にはJavaw.exeのバージョン6.0.0.105だ。オリジナルのJavaファイルは変更されており、178.79.181.246からファイルをダウンロードするという悪意あるコードが含まれている。ダウンロードされたファイルは、影響を受けたマシン上にJava_Down.exeとして保存される。このURLもまた、現在はアクセス不可能だ。

Downloader Code
ダウンローダのコード

 加えて、以下の特定のIPアドレスで、前述のケースと似ているJquery.jsがホストされていることを我々は発見した。しかし現時点ではそのコピーを入手できないでいる。

URLおよびIPアドレス:
43.240.119.40:443
http://arc.asean.org/the%203rd%20ASEAN%20Defence%20Ministers'%20Meeting.rar
http://43.240.119.35/arc/Jquery.js
http://178.79.181.246/microsoft/Java_Down.exe
http://178.79.181.246/microsoft/jquery.js
https://sft.spiritaero.com/java/javaws.exe
Fファイル名:
the 3rd ASEAN Defence Ministers' Meeting.rar
the 3rd ASEAN Defence Ministers' Meeting.exe
c:\programdata\kav.exe
Java_Down.exe
ハッシュ:
a096a44aee0f0ff468c40488eab176d648b1c426
068fa495aa6f5d6b4e0f45c90042a81eecdaec2c
検知:
Backdoor:W32/Wonknu.A
Trojan-Downloader:W32/Wonknu.B

Linux.Encoder.1:Bitcoinでの支払いのみ受け付けます

 現在、実際のLinuxベースのシステムを標的とした、新たな暗号化ランサムウェアのたくらみがある。これはDr.Webの人々から「Linux.Encoder.1」と呼ばれている。基本的にLinux.Encoder.1による脅迫者は、脆弱なWebサーバ上でフィッシングサイトやエクスプロイトキットへのリダイレクトを設定する代わりに、コンテンツを暗号化してWebサーバの所有者を直接標的にする。

 その結果、数々の被害がGoogleにインデックスされている。

 (訳注:「Linux.Encoder.1というトロイの木馬による被害を受けた運用中のWebサイトを、Googleがたくさん発見している」という意味)

 以下はGoogleのキャッシュにある脅迫文のコピーだ。

README_FOR_DECRYPT.txt

 すばらしいFAQだ。

We are accept only Bitcoins. - http://memegenerator.net/instance2/2810855

 「Can I pay another currency?(Bitcoin以外の支払い方法はありますか?)」

 「No.(いいえ)」

 Linux.Encoder.1の被害者がバックアップを取っているといいのだが。さもないと、Bitcoinを入手させられることになる。脅迫者たちが支払いの対価として、本当の復号キーを渡すかどうかはまだ不明だ。そして、彼らのTorで隠ぺいされたサービスが現在オフラインなのだ。これは前途多難だ。

 追記:

 当社のスレットインテリジェンスチームの研究員Daavid Hentunenは、脅迫者たちは1ヶ月で11,934ユーロを稼いだと見積もっている。

ハロウィンのRAT:PageFairのサービス経由でNanoCoreが提供される

 広告ブロックへの対抗ソリューションを提供するPageFairが、この週末を挟んでスピアフィッシング攻撃により侵害された。攻撃者はパスワードのリセットを行い、これにより彼らはCDN(Content Distribution Network)サービスのPageFairのアカウントにアクセスできるようになった。続いて攻撃者は、PageFairのJavascriptを悪意のあるものに置き換えた。


悪意のあるJavascript:ads.min.js

 以下は、このPageFairのサービスを利用しているWebサイトを訪れたときに表示されるものだ。

Fake Flash Player Warning
Flash Playerの偽の警告

 PageFairがいかに人気か示すため、少なくとも当社のユーザベースに関して言えば、ヒット数の統計情報を取り出したところこれまでの14日間で293位にランクされていることが分かる。これはflickr.com(295位)、spotify.com(399位)、steampowered.com(406位)、paypal.com(413位)よりも上位である。つまりこのドメインは大した有名人なのだ。これが、侵害のさなかにグラフ上に山があったことの説明になる。

Telemetry
テレメトリ

 この間、我々は悪意のあるadobe_flashplayer_7.exe6ad0393f506bc6e0a84f1325b3d75cca019c21bc)が以下の場所からダウンロードされているのを目にした。

  • 75.126.160.35
  • 192.155.192.104
  • 184.173.28.170
  • 184.173.28.174
  • 184.173.28.175
  • 184.173.28.176
  • 168.1.88.118

 上記リンクから提供されるマルウェアは、NanoCoreと呼ばれるRATだ。NanoCoreはNetwork、Security、Surveillanceに関係があるプラグインを提供する。


NanoCoreのプラグイン

 PageFairの侵害に関係のある、特定のマルウェアサンプルのC&Cサーバはalotpro2.dynu.com45.35.34.148)である。

Network Events
ネットワークイベント

 当社製品を有効にしているユーザは、この侵害の最中も脅威から保護されていた。検知はTrojan:W32/Golroted.6ad0393f50!Onlineとしてなされる。

 PageFairの侵害や状況についての詳細な情報は、こちらのリンクから確認できる。

SLocker v.s. Marshmallow

 AndroidのランサムウェアであるSLockerが最近になり、非常に深刻な(そして下劣な)やり口でAndroid Lollipopの欠陥を悪用し始めた。しかしAndroid Marshmallowに対しては、SLockerはどのように事を運ぶのだろうか?

 手始めに、SLocker v.s. Lollipopを確認してみよう。

 マルバタイジングは一般に人(men)をおびき寄せて、「Porn Droid(ポルノドロイド)」と呼ばれるアプリをダウンロードさせる(まあ、たぶん男性(men)ばかりだが)。

Porn Droid app

 典型的には、よくありがちな過剰なパーミッションが要求される。

PornPro app permissions

 そしてソーシャルエンジニアリングに対する障壁は、良くても以下のようにほんのわずかだ。

PornPro permissions continued

 もし優れたセキュリティアプリをインストールしているのなら、以下のような画面を目にするだろう。

This app contains a virus

 しかしセキュリティアプリ無しにアプリを開いたのなら、次のプロンプトを受け取ることになる。

Disguised request for admin permissions
Update patch installation

 この「Continue」ボタンは?これは、デバイスの管理者権限の要求を分かりにくくしている(もちろん、非常に重大な欠陥だ)。そしてもし「Continue」をクリックしたとすると、SLockerは強奪に乗り出すために、入手したばかりの管理者権限を用いるだろう。

 以下はFBIをテーマにしたランサムウェアだ。

Slocker's FBI Warning

Slocker's FBI Warning

Slocker's FBI Warning

 一見したところでは、FBIが罰金(fine)ゆすりの支払いに「PayPal My Cash」を受け付けているようだ。

PayPal My Cash

 SLockerは被害者に恐れを抱かせようと、正面カメラで写真を撮る。

 以下の例では、Zimryの席の上の天井に向いている。

Slocker tries to take a picture.

 そして、おまけにPRISM(訳注:NSAの通信監視プログラム)のロゴが付いている。

FBI Mission: PRISM

 この時点で、Androidアプリが管理者権限を得ることが驚くほど簡単にみえることを言及すべきだろう。AppleのiOSでは、VPNのような基本項目を設定する際にはパスコードが要求される。しかしAndroidでは、管理者権限の要求に必要なのは単純な「はい」だけなのだ。

 コンピュータセキュリティのプラクティスとして最良のものは、インストールを限定する制限されたプロファイルの「ユーザ」として実行することだ。そして管理者権限を求めるアプリケーションは「管理者」プロファイルでインストールし、パスコードを要求する必要がある。そのため当社では、通常ユーザ用の制限付きプロファイルを構成しようとしたが、管理が難しいことがわかった。Androidの制限付きプロファイルはペアレンタルコントロールとタブレットのために設計され、またそれに焦点が合わせられている。当社のテスト用スマートフォンに追加のプロファイルを設定したが、我々が望むようなデバイス管理の類は実際には得られなかった。追加プロファイルを作成できるだけで、制限をかけることはできない。

 比較すると、AppleのiOSの機能制限は、iOSを主に使う人でさえはるかに役立つものだ。

 しかし、現在は…。

 Android MarshmallowはSLockerに対し、どのように事を運ぶのだろうか?

 良いニュースがある!SLockerの「Continue」を使った分かりにくさは、Marshmallowを実行しているスマートフォン上では失敗する。そして、管理者権限を与えることが何を引き起こすかについて表示されるだけだ。これはヒドい。全データの消去、スクリーンロックの変更、ストレージの暗号化をする権限だ。言い換えると、SLockerに管理者権限を与えたら…、おしまいだ。スマートフォンのデータがバックアップされていなければ、強奪者に屈する以外に取り戻す方法は無い。

Activate Device Administrator

 しかし次は悪いニュースだ。Android Marshmallowは10月5日リリースされたが、まだ普及していない。そのため、これからかなりの期間SLockerは攻撃を持続しそうだ。

 ハッシュ:

0f25cefa85a0822a08ad23caca24a622fbf4aef0
12dc90592c1945fe647d04902b2707e756e88037
25311dfbc4961a661494a2767d2fb74c532539cc
68e7879074b9e2635d895616d4862383fe5960db
84b541957d7e42b4b7d95763fb48d03fcca21ffd
c0784e974da5b7e82e9921763f957e1f3ec024e7

 

 Trojan:Android/Slocker.BJの分析はZimry Ongから提供を受けた。

Dridexの解体

 先日、英国NCA(National Crime Agency、国家犯罪対策庁)はFBIおよびアメリカ合衆国司法省とともに、Bugat、Cridex、Dridexの作者を告訴した。Andrey Ghinkulは2015年8月28日にキプロスで逮捕された。現在、米国は身柄の引き渡しを求めている。報じられているところでは、Dridexは世界各国で金融機関や金融業者に数百万ドルの損失を招いた。

 Dridexは、正規のファイルに見せかけた、悪意あるマクロコードが埋め込まれたMicrosoft Wordドキュメントを通じて伝播することが分かっている。こうしたマクロはいずれ、C&Cサーバや侵害されたWebサイトから実行ファイルをダウンロードすることになる。エフセキュアでは、Officeドキュメントに特化してファイル内の悪意あるマクロを探す、一般的な検知を行っている(Trojan:W97M/MaliciousMacro.GEN)。

 当局がDridexボットネットを駆除するにつれ、当社のバックエンドの統計情報に悪意のあるマクロの発見が感知され、急増が見られた。

 当社の顧客は、Hydra(スキャンエンジン)およびDeepGuard(ビヘイビアベース)の両技術にて守られている。

Virus and spyware history Trojan:W97M/MaliciousMacro.GEN
Trojan:W97M/MaliciousMacro.GENの検知

F-Secure Internet Security, Harmful file removed
害のあるファイルが削除された

 一般的なシグニチャによって悪意あるマクロの検知を行っているほか、ビヘイビアエンジンであるDeepGuardでもブロックする。1階層より2階層の保護のほうが優れている。

F-Secure Internet Security, Application blocked
不正なビヘイビアのためにブロックされたアプリケーション

 Wordドキュメントが実行ファイルをドロップするって?そうだ、それに良いことなんか1つもない。

 Q:こうしたDridexの動きは、すべて当局がボットネットを解体したことと関係があるのか?
 A:当社では分からない。

スパムメール型のランサムウェアがイタリアとスペインのユーザを標的に

 ここ数日の間、当社はイタリアとスペインの顧客から、いくつかの事例を受け取った。CryptowallCryptolockerといったランサムウェアへと導く、悪意のあるスパムメールに関するものだ。

 このスパムメールは、配送待ちの小包について宅配サービスや郵送サービスから連絡が来たように見せかけている。メールにはオンラインでその小包を追跡するためのリンクが提示されている。

crypt_email (104k image)

 当社の標準のテストシステムでメールの初期調査を行ったところ、このリンクはGoogleにリダイレクトされた。

crypt_email_redirect_italy (187k image)

 では、悪意のある振る舞いはしなかったということだろうか?うーん、我々は最初の2つのURLはPHPだという点が気になった。PHPのコードは、クライアントサイドでローカルに実行されるわけではなく、サーバサイドで実行される。そのため、事前に設定した条件に基づいてユーザをGoogleにリダイレクトするか、あるいは悪意のあるコンテンツを提供するのかをサーバが「決定」できるのだ。

 この特定のスパムメールはイタリア語で書かれている。もしや、イタリアを拠点とする顧客のみが、悪意のあるペイロードを目撃することができるのだろうか?幸運にも我々にはFreedomeがある。実験するために少しの間だけイタリアへ旅行できるのだ。

 そこでFreedomeを起動し、ロケーションをミランに設定して、メール上のリンクを再度クリックした。

crypt_email_mal_italy (302k image)

 このときは、嫌なものを見た。もしユーザがイタリアにいる(ように見える)場合、サーバはクラウドのストレージサーバ上に置かれた悪意のあるファイルへリダイレクトするのだ。

 スペインのユーザに送付されたスパムメールも同様だが、こちらの場合はサイトがより本物っぽく見えるようにCAPTCHAを試すようになっている。スペイン国外にいるユーザがメール内のリンクをクリックした場合、こちらもGoogleに行きつく。

crypt_email_redirect_spain (74k image)

 逆にスペインのIPアドレスからサイトに訪れた場合には、CAPTCHA画面が表示される。

crypt_email_target_spain (57k image)

 そして続いてマルウェアそのものだ。

crypt_email_mal_spain (313k image)

 このスパムキャンペーンでは(今までのところ)エクスプロイトは使っておらず、古風なソーシャルエンジニアリング手法だけを用いている。感染が起きるのは、悪意あるURLで提示されたファイルをユーザが手動でダウンロード、実行したときだけだ。当社の顧客については、URLはブロックされ、ファイルは検知される。

 (今回のマルウェアのSHA1:483be8273333c83d904bfa30165ef396fde99bf2、295042c167b278733b10b8f7ba1cb939bff3cb38)

 Post by — Victor

エフセキュア、「2014年下半期脅威レポート」日本語版を公開

エフセキュアは毎半期、セキュリティ脅威に関する世界的な状況をまとめた「脅威レポート」を発刊、一般公開しています。このたび、2014年の下半期についての脅威レポートの日本語翻訳版を制作し、提供を開始いたしました。

日本での脅威の傾向

2014年下半期にエフセキュア製品のユーザから当社監視システムに報告された、日本での脅威の統計は次のような順になりました。

  1. Worm:W32/Downadup
  2. Trojan:W32/Autorun
  3. Exploit:JS/NuclearEK
  4. X97M.Laroux
  5. Exploit:JS/AnglerEK
  6. Exploit:SWF/Salama
  7. Exploit:Java/Majava
  8. Trojan:HTML/Kilim
  9. Trojan-Downloader:W32/Dalexis
  10. Trojan:JS/Fbook

Downadup:WindowsのMS08-067の脆弱性を悪用するワームで、インターネット、リムーバブルメディア、およびネットワーク共有を介して拡散します。過去7年間、常に世界全体に蔓延しています。

Autorun:多くの場合、感染したリムーバブルメディアとハードドライブを介して感染が拡大するワームのファミリーです。データを盗む、バックドアをインストールするなどの有害な操作を実行することができます。

2014年下半期脅威レポートの日本語版は、こちらでご覧いただけます。
http://news.f-secure.com/ThreatReport2014H2

UG市場と懐かしのVBA悪用の流行で思うこと

昨年よりVBAを悪用した攻撃報告が相次いでいます。2月にSANS ISCからも報告されていますし、Dridex Banking Trojan のような攻撃も報告されています。
#当初はVBAの悪用に対して懐かしさを感じていました。
一時代前の状況との違いのひとつは、攻撃時のソーシャルエンジニアリング的な要素を強化したことが挙げられます。例えば、マクロを有効化しなければ文章本文が閲覧できないようにするなどです。

このVBAを悪用するトレンドは、アンダーグラウンド市場においても確認できます。
現在、複数のサイバー犯罪者向けのサービスプロバイダー(?)が確認されており、ほとんどがマクロに対応しているようです。
#もっとも、ちゃんと取引が成立するのかは不明ですが。

officeexp
                    図 攻撃コード生成サービス例

約3年前頃と記憶していますが、マルウェア開発者コミュニティ間において、VBSによるマルウェア開発の依頼が記載された時期がありました。恐らく、その頃からVBSやVBAといったエンコード可能な言語による悪性コード開発の需要が高まってきたのではないでしょうか。そして、現在は一定の市場が出来てきたのかもしれません。
この辺の状況は悪性コードにも表れており、VBAがダウンロードする関連ファイルなどは非常に酷似しているものが多く確認されています。例えば、下図の場合は一部のパラメータなどが変わっているだけのものです。
#エンコードはいずれもbase64を利用。
つまり、同一のツールもしくはサービスを利用して作成したものと推測されます。

download malicious files

既に報告された悪性コードだけでも複数種類あり、全てへの対策は中々骨の折れる作業となります。
また、従来よりも攻撃手口は複雑化しているため、単一のセキュリティソフトウェアだけで検出することも難しい状況です。そういった意味では、様々な観点から検知を試みる必要があるといえます。
ちなみに、独自でIOCなどのルールを記述する場合は、次の文字列の組み合わせが使えそうです。

■ダウンロード機能をYaraなどで検出する場合(例)
    strings:
        $a = "VBA"
        $b = "Root Entry"
        $c = "workbook_open" nocase
        $d = "GET"
        $e = "XMLHTTP" nocase
        $f = "WinHttpRequest" nocase
        $g = "adodb.stream" nocase
       
    condition:
        $a and $b and $c and ($d or $e or $f or $g)

#中途半端な形での記載で恐縮ですが、使いやすい形にしてご活用ください(笑)

なお、私見ですがVBAやVBSの悪用は暫く続くものと推察しています。と言いますのも、いずれも被害報告が減る兆しが見えないことに加え、既知の攻撃ツールの開発が継続されているためです。
いずれも悪性コードの開発において自由度が高く、従来のセキュリティ対策に対して柔軟に対応可能であることが特徴です。そういった意味では、しばらくイタチごっこの状況となるのではないでしょうか。
近い将来、これらの課題も解決する日が来ると思います。それまではIOCをはじめとした脅威情報を活かすためのフレームワークを作ることが先決かもしれません。現在、世界ではこれらの取組み(STIXなど)がはじまっています。国内においてもそろそろ動き出す頃かもしれません。
その際は是非ご協力頂き、脅威情報など共有頂けると幸いです。

ドキュメントにないLNKの機能に隠れるJanicab

 2年前、我々はJanicabというマルウェアを発見した。MacとWindowsを標的としており、それぞれPythonとVBSスクリプトを使用している。

 このマルウェアは、Windows OSではCVE-2012-0158を悪用したドキュメント経由で配信される。さらに2013年あたりから近頃まで、埋め込まれたエンコード済みのVBScriptをドロップする、Microsoft Shell Linkファイル(.lnk)の形式での配信も目にしている。

 目的を分かりにくくするため、このドロッパーが用いるトリックはいくつかある。

 - 拡張子を二重にしたファイル名(例:.jpg.lnk や .doc.lnk)
 - (デフォルトのcmd.exeの代わりに)notepad.exeのアイコンを使用
 - センシティブな可能性のあるデータ、たとえばマシンIDや相対パスなどはゼロで潰す

 しかしもっとも興味深いのは、コマンドライン引数の文字列をWindowsエクスプローラーから隠ぺいするために、ドキュメントにない方法を使っている点だ。一般的にWindowsエクスプローラーでは、ショートカットアイコンを右クリックすることで、プロパティの中でリンク先とその引数を一つの文字列として見ることができる。だが、今回のシナリオではコマンドラインの引数が見えないのだ。

1_Fotomama_screenshot (34k image)

 一連のシェルコマンドを&演算子で結合したものが、隠されたコマンドライン引数としてLNK内に存在している。

2_Fotomama_lnk (52k image)

 以下は、悪意あるVBEのドロップと実行を行う実質的な部分のコマンドのリストだ。

3_commands (34k image)

 このマルウェアスクリプトはMicrosoft Script Encoderを用いてエンコードされており、LNKファイルの末尾に埋め込まれている。

 実行すると、このスクリプトは以下のような囮のファイルをドロップする。

4_mama (68k image)

5_doc (555k image)

 Janicabは以前のバリアントと同様、C&Cサーバを取得するために、YouTubeなどサードパーティーのWebサービスをいまだに利用している。

6_youtubecomments (30k image)

7_blogspot (8k image)

8_googleplus (14k image)

 実際のC&CサーバのIPアドレスは、YouTube上で示されていた。しかし上図のように、マルウェア作者はC&Cサーバを分かりづらくしようとしてきた。最近のバリアントでは「our (.*)th psy anniversary」という形式のコメント内にある数値を収集する。

 実際のIPアドレスを得るには、当該Webサービスで見つけた数値を分割したり変換したりする。

9_ipconv (54k image)

 このバリアントで見つかったもう1つの変更点は、%UserProfile$\SystemFoldersnapIt.exeをドロップするところだ。このアプリケーションはスクリーンショットをキャプチャし、~PF214C.tmpとして保存するためにJanicabが使用している。

 また今では、自身がVirtualBox、Parallels、VMWareといった仮想マシン内で実行されている形跡があるか確認も行っている。同様に、以下のような実行中のプロセスを調べることにより、分析用のマシン上で実行されているかどうか確認している。

10_processes (77k image)

 今回のバリアントで、これまでに見つけたC&Cサーバの一覧は以下になる。
 • 87.121.52.69
 • 87.121.52.62
 • 94.156.77.182
 • 95.211.168.10

 C&Cサーバとの通信フォーマットは次のとおりだ。
 • [C&C]/Status2.php - C&Cサーバのステータスを確認
 • [C&C]/a.php?id=[SerialIDfromCnC]&v=[malware_version]&av=[InstalledAV] - cookieおよび囮ファイルが削除されたことを通知
 • [C&C]/gid.php?action=add&cn=[ComputerName]&un=[UserName]&v=[malware_version]&av=[InstalledAV]&an=[notifyName] - Serial IDを取得
 • [C&C]/rit.php?cn=[ComputerName]&un=[UserName]&an=[notifyName]&id=[SerialIDfromCnC]&r=[VMorRunningProcessName] - 分析用の実行中プロセスもしくはサンドボックス環境を通知
 • [C&C]/sm.php?data=[InstalledAV] - 起動メカニズムを取得
 • [C&C]/c.php?id=[SerialIDfromCnC] - コマンド群を取得
 • [C&C]/rs.php - スクリーンショットを送信
 • [C&C]/rk.php - データを送信
 • [C&C]/d.php?f=[Base64EncodedData] - ファイルをダウンロード

 このサンプルはTrojan-Dropper:W32/Janicab.Aとして検知される。

 SHA1のハッシュ
 • 4bcb488a5911c136a2c88835aa06c01dceadbd93
 • 41688ef447f832aa13fad2528c3f98f469014d13



 Post by — Jarkko and Karmina

ランサムウェア・レポート:BandarChorの台頭

 今週になり、さらに別のランサムウェアであるBandarChorについて、当社では多数の報告を受けた。

 厳密には、このランサムウェアは新しいものというわけではない。このファミリーに関連して最初に感染に気付いたのは、去年11月までさかのぼる。

November

 BandarChorは、メール経由で拡散しているという報告を受け取ったほか、エクスプロイトキットで配信されている可能性が示唆されている。

 実行すると、当該マルウェアは自身のコピーと共に、身代金について指示する画像をスタートアップディレクトリにドロップする。

filenames

 次に、doc、xls、jpgのような各種のファイル拡張子を持つファイルの暗号化を試みる。

fileext

 暗号化の後、ファイル名を[filename].id-[ID]_fud@india.comにリネームする。

files

 さらにHTTP POSTにより、ユーザのコンピュータの名前とIDをあるリモートサーバに報告する。

network

 身代金メッセージについては、以下に掲載する。

fud@india.com

 以下は、今回の脅威に関連して、当社で目にしたその他のドメインの一覧だ。

   •  martyanovdrweb.com
   •  www.fuck-isil.com
   •  www.ahalaymahalay.com
   •  kapustakapaet.com
   •  www.decryptindia.com
   •  www.enibeniraba.com
   •  www.netupite.com
   •  89025840.com
   •  xsmailsos.com
   •  sosxsmaillockedwriteonxsmailindia.com
   •  baitforany.com
   •  euvalues.com

 この脅威は当社ではTrojan:W32/BandarChorとして検知する。

 ハッシュ:

   •  31aa8ec187e1241a94127336996f9cb38719eb9b
   •  4b356b88fb3a3dce1f009e4e92cd4a59383e0764
   •  5f71be645e8ac995555a891087b46ed357386dbe
   •  afd4216e93a82feebafd3a68e9308ca4b0b54372
   •  b4362fcd75fd071fc8237c543c56df5736b8e177
   •  ba8909eef5ee280ae43b935cf4ae38ccf21bde56
   •  de7ced27456a1e4581d6a4bf126f56061b7f9859

CTB-Lockerへの感染が増加中

 近頃、CTB-Lockerという悪質なファイル暗号ランサムウェアへの感染が、大幅に増加しているのを観測している。

CTB-Locker infection statistics
本年におけるCTB-Lockerの総感染数に対する1日あたりの感染数の割合

 CTB-Lockerはスパムメール経由で拡散するのがもっとも一般的だ。こうしたメールにはたいていzipファイルが添付されている。このファイルはさらに別のzipファイルを格納しており、最終的には実行形式のscrファイルが入っている。この実行ファイルは悪意のあるダウンローダーで、Dalexisと呼ばれている。ユーザが当該scrファイルを実行すると、Dalexisは事前に定義された一連の侵害されたWebサイトへの接続を試みる。こうしたWebサイトは暗号化したCTB-Lockerを提供している。続いてDalexisはCTB-Lockerをダウンロードし、復号、実行へと進む。他の事例では、悪意のある添付ファイルがzipファイルではなくcabファイルになっている。繰り返しになるが、cabファイルは実際にはDalexisで、被害者のコンピュータをCTB-Lockerに感染させる。

Example of spam used to spread CTB-Locker
CTB-Lockerの拡散に使われるスパムメールの例

 感染すると、CTB-Lockerは被害者のファイルを暗号化し、ランダムに生成した7文字の長い拡張子をオリジナルのファイル名に追加する。加えて、ユーザのローカルの一時ファイル用フォルダに自身のコピーを書き込む。名前はランダムに生成された7文字のもので、exeという拡張子が付く。CTB-Lockerを継続的に実行するために、ランダムに生成された7文字の名前でタスクのスケジューリングを行う。最後にCTB-Lockerは身代金についての注意書きと、身代金支払いに残された時間を示すカウントダウンタイマーを被害者に提示する。さらに被害者のデスクトップの壁紙も、同じ身代金支払いの指示を含む画像へと変える。最後に、被害者のMy Documentフォルダに、同じ指示が画像ファイルとテキストファイルの両方で格納される。ファイル名はそれぞれDecrypt All Files [ランダムな7文字].bmpとDecrypt All Files [ランダムな7文字].txtだ。身代金の指示では、被害者に特定のBitcoinアドレスに宛ててBitcoinで支払うよう案内している。ほとんどの事例で、身代金は3 BTC(おおよそ650米ドルもしくは575ユーロ)であることを確認してきた。

CTB-Locker ransom notice
CTB-Lockerが表示する身代金についての注意書き

 CTB-Lockerが使用する暗号方式を破る方法は分かっていない。したがって、バックアップから復元するか、マルウェアの運用者から復号鍵を受け取るしか、被害者が自身のファイルを戻す方法はない。ただし、マルウェア運用者の犯罪行為に資金援助するだけなので、決して身代金を支払うべきではない。また身代金を支払うことで実際にファイルが元に戻る保証は何もない。これはただひたすらこの犯人の信頼性次第だ。

 CTB-Lockerやその他のファイル暗号ランサムウェアの脅威から身を守るには、最新のアンチウィルス・ソリューションを確実に実行するようにすべきだ。また、メールの添付ファイルとして受け取った実行ファイルを開かないように注意する必要もある。予防的な措置に加えて、ランサムウェアの感染によって引き起こされる被害を最小化するようにするのも良い考えだろう。もっとも重要なのは、データすべての定期バックアップを取ることだ。ネットワーク共有を利用しているなら、一層の注意を払わなければならない。CTB-Lockerはネットワークストレージや他のマッピングされた共有ドライブも含め、全てのマウントされているドライブから暗号化するファイルを探す。こうした場合には、共有ドライブへの書き込み権限を制限し、厳密に必要なときのみマウントするように検討することをお勧めする。

 当社ではCTB-Lockerを
Trojan.CTBLocker.Gen.1およびTrojan.Downloader.CryptoLocker.Fのように種々に検知する。

 また、CTB-Lockerへと導く、悪意のある添付ファイルは
Trojan-Downloader:W32/Dalexis.Bとして検知する。

 サンプルのハッシュ値:

 6eb03d6cb4f9a5aae49a9d85652a4daa4f984ba8 (Dalexis)
 f1897120c2bbcd5135db0295249118aa5f5eb116 (Dalexis)
 81f68349b12f22beb8d4cf50ea54d854eaa39c89 (CTB-Locker)

 CTB-Lockerへの感染を示唆するファイル:

 %TEMP%\[ランダムな7文字].exe
 %USERPROFILE%\My Documents\Decrypt All Files [ランダムな7文字].bmp
 %USERPROFILE%\My Documents\Decrypt All Files [ランダムな7文字].txt
 ランダムな7文字の拡張子を持つ任意のファイル

OphionLocker:ランサムウェア・レースに参戦

 今年8月、SynoLockerCryptoWallといった一連のランサムウェアについてのブログを書いた。Cryptowallに関するポストの中で、より高度なランサムウェアファミリーCTB-Lockerについて簡単に触れている。これはファイルの暗号化に楕円曲線暗号を、またC&Cサーバとの通信にTorを使用している。

 今週になり、暗号化に同じ暗号処理を用いている別のランサムウェアが出現した。最初は、RIGエクスプロイトキットを使用したマルバタイジングキャンペーンの中から、Trojan7Malwareにより見出された。彼らはそのマルウェアをOphionLockerと名づけた。

 感染すると、送金して復号ツールを入手する方法について、Tor2webを用いて指示を送ってくる。

 このランサムウェアは、次の拡張子を持つファイルを暗号化する。

extensions (8k image)

 以下は、暗号化後にユーザに表示するメッセージだ。

ransom_pop (14k image)

 ENCRYPTED[..].txtというフォーマットの複数のファイルが作成される。これには被害者のマシン用に生成したhwid(ハードウェアID)が含まれる。

tor_hwid_instruction2 (20k image)

 hwidを入力すると、1 BTCを要求する身代金メッセージが表示される。

ransom_page2 (32k image)

 ただし、仮想環境上で感染すると、OphionLockerは少々異なる芸当を見せる。hwidは依然として提示するのだが、表示されるメッセージの中で身代金の支払いは求めない。

fake_ransom (41k image)

 無料で復号を提示するのだ!いや、そんなうまい話が本当だとは思えないんだが、我々は引き続き試さなければならない。念のため、セキュリティ研究者に親切である場合に備えて。

 復号機能を試すと、以下のメッセージが示される。

decryptor_message (9k image)

 「OK」をクリックすると、直後に別のメッセージをポップアップする。

decryptor_message2 (6k image)

 ただ残念ながら、どのファイルも復号されなかった。


 SHA1:
 eb78b7079fabecbec01a23c006227246e78126ab (ransomware) - Trojan:W32/Ransomware.D


ArchieとAstrum:エクスプロイトキット市場の新たな担い手

 エクスプロイトキットは依然として、クライムウェアの増殖に重要なツールである。このポストでは、今年登場した新たなエクスプロイトキットの中から、ArchieとAstrumの2つについて論じる。

Archie EKは当初、8月には簡素なエクスプロイトキットとして説明されていた。Metasploit Frameworkからコピーしたエクスプロイトモジュールを使っているためだ。

 我々はArchie EKで使用されているエクスプロイトを検知して、当社のテレメトリーを参照した際に、当該エクスプロイトキットが7月第1週に初登場していることを確認した。以来、活動的なままだ。

Archie hits, Jul to Dec

 7月からArchie EKのトラフィックと共にCVE-2014-0515(Flash)のエクスプロイトがヒットしているのを我々は目にしてきた。続いて8月には、CVE-2014-0497(Flash)、CVE-2013-0074(Silverlight)、CVE-2013-2551(Internet Explorer)の各エクスプロイトを検知していることに気付いた。11月までにKafeineが指摘したところでは、このエクスプロイトキットに新しいFlashの脆弱性CVE-2014-0569とIEの脆弱性CVE-2014-6332が統合されている。これもまた当社の上流からも明確に示されている。

Archie vulnerability hits

 当社では、Archie EKが使用するエクスプロイトを以下のように検知する。

  •  Exploit:HTML/CVE-2013-2551.B
  •  Exploit:JS/ArchieEK.A
  •  Exploit:JS/ArchieEK.B
  •  Exploit:MSIL/CVE-2013-0074.E
  •  Exploit:SWF/CVE-2014-0515.C
  •  Exploit:SWF/CVE-2014-0569.A
  •  Exploit:SWF/Salama.D

 他のエクスプロイトキットとまったく同様に、このキットは脆弱性のサポートの範囲内だけではなく、ランディングページでも何か月にも渡って展開している。当社が遭遇した、Archieの初期のサンプルでは「pluginDet.js」や「payload」のような直接的なファイル名や変数名を使っていた。

 以下は、初期のランディングページのコード片である。

Archie Flash payload

 しかし11月中は、少々修正をして難読化を試みた新たなサンプルを目にするようになった。現在では、単純で説明的な変数名の代わりにランダムに見える文字列を使用している。以下は、最近のランディングページのサンプルのコード片である。

archie_flash_payload_v2 (28k image)

 さらに、初期のバージョンでは行っていなかった、アンチウィルスやVMwareのファイルの確認も含まれている。

archie_AVandVMcheck (46k image)

 当社ではこうしたランディングページをExploit:JS/ArchieEK.AおよびExploit:JS/ArchieEK.Bとして検知する。

 ArchieのURLのパターンでもまた、以下のようにトラフィック内で説明的なファイル名を使用していた。

  •  http://144. 76.36.67/flashhigh.swf
  •  http://144. 76.36.67/flashlow.swf
  •  http://144. 76.36.67/ie8910.html
  •  http://144. 76.36.67/silverapp1.xap

 しかし最近では、ファイル名にSHA256の文字列を用いた異なるパターンを観測している。

  •  http://31. 184.194.99/0d495794f41827de0f8679412e1823c8
  •  http://31. 184.194.99/cd8e0a126d3c528fce042dfb7f0f725055a04712d171ad0f94f94d5173cd90d2.html
  •  http://31. 184.194.99/9edcdf010cd9204e740b7661e46c303180e2d674417193cc6cbadc861fdf508a.swf
  •  http://31. 184.194.99/e7e8ed993b30ab4d21dd13a6b4dd7367308b8b329fcc9abb47795925b3b8f9d0.swf

 以下は、当社の上流から報告された、このエクスプロイトキットがホストされているIPアドレスだ。

Archie IP table

 当社のテレメトリーによると、もっとも影響を受けている国はアメリカとカナダである。

Archie, country hits

 Archie EKの共通のペイロードは、トロイの木馬型のクリッカーだ。以下は、当社の上流を基にしたこのエクスプロイトキットのハッシュの例と、続いて当社で検知したときの識別子だ。

  •  8b29dc79dfd0bcfb22e8954c65066be508bb1529 - Gen:Variant.Graftor.152508
  •  1850a174582c8b1c31dfcbe1ff53ebb67d8bde0d - Gen:Trojan.Heur.PT.fy4@bOYsAwl
  •  2150d6762db6ec98e92bb009b3bdacb9a640df04 - Generic.Malware.SFdld!!.8499435C
  •  5a89a48fa8ef92d1a4b31ee20f3f630e73c1c6c2 - Generic.Malware.SFdld!!.294B1B47

 Astrum EKはもう1つの、エクスプロイトキット市場における今年の新たな担い手である。これは9月にKafeineが初めて報告したもので、Revetonという集団が使い始めたキットのうちの1つであることが判明している。

 当初はCVE-2014-0515/CVE-2013-0634(Flash)、CVE-2013-0074/CVE-2013-3896(Silverlight)、CVE-2013-2551/CVE-2014-0322(Internet Explorer)、CVE-2010-0188(Adobe Reader)の各脆弱性をサポートしていた。10月になって、Astrum EKがFlashの脆弱性CVE-2014-8439を侵害していることをKafeineが指摘した。この脆弱性は、Kafeineと共に当社が発見したものだ。

Astrum vulnerability support

 エクスプロイトキット市場の新たな担い手の1つとなったことは、当社のテレメトリー上でもはっきりと示されており、現在も活動を活発化させ続けている。

Astrum hitcount

 エクスプロイトキットArchieと異なり、Astrumはランディングページにおいて数多くの難読化を行っている。以下は、基本的には同一の2つのランディングページのコード片だ。2つ目のほうはコードの合間に屑コメントや空白文字を追加して、一層の難読化を図り、検知されるのを阻害している。

Astrum landing page codesnippet

Astrum landing page codesnippet 2

 これもKafeineによって述べられているとおりだが、コードの難読化を解除すると、分析ツールやKaspersky社のプラグインを確認することが示されている。

Astrum tools check

Astrum, Kaspersky plugin

 当社ではランディングページをExploit:JS/AstrumEK.A and Exploit:JS/AstrumEK.Bとして検知する。

 以下はAstrum EKがホストされていると報告済みのIPアドレスだ。

  •  http://ad7. […].com.ar/QRtVMKEnSCR8eD9fnxd2SHxwOl7GRXQaKC5kXc4ULxt6IWlcy0omTTI9bg-cDmhPKQ..
  •  http://adv2. […].com.ar/Zhc_UrNYeTNRKVVsiDscWV57AGvSbhcJAy5baY0-EA4NLFQ73WETCxUxBG2OcVlYDg..
  •  http://pic2. […].net.au/nGtsDdma82ajBwA2t_jOC6FUCjW--MsC-FVZYeOuywn3BgYy4fPIV-9NVTjks9MO8w..
  •  http://pic2. […].net.au/nHEeB7017BijH3duhVKAdqJJJDvcVtIh90UvaNdf03ylHSY7gwrQJu9XJzKAHMxw8w..
  •  http://cdn-net4. […].net.au/Y9fEaE97uN9d7v0FdRyCs1yy_wopS9zhDO_3CSVI3uAI7KhQI0fV4RDx_1R3Upi0Cg..
  •  http://cdn-net8[…].net.au/4xuNWu0qxwyNdLxn0xysbIsg6jPeTq9jjnO5MNsZoWPTcbNqgBL_PJA9tmbVA-dnig..

Below are reported IP addresses where Astrum EK is hosted:

Astrum IP table

 当社のテレメトリーに基づくと、次のような国々にてAstrum EKがヒットしている。

Astrum country hits

 ArchieおよびAstrumは、新しいキットのうちの2つに過ぎない。新しいキットはRigNull HoleNiteris(CottonCastle)のように他にもあるし、それ以外にもAngler、Nuclear、Neutrino、FlashEK、Fiesta、SweetOrange、その他のエクスプロイトキットが増殖、発達を継続している。

 こうしたエクスプロイトキットで特筆すべき1つの特徴は、いまやアンチウィルスのファイル、VMwareのファイル、その他の分析ツールを確認することが一般的になった点である。他のNuclearやAnglerのようなエクスプロイトキットも、マルウェア研究者による分析を回避するために、こうした確認を統合している。さらなる詳細については、Kafeineのブログで確認できる。

バックナンバー
セキュリティ関連リンク
セキュリティ機関

政府関連

セキュリティ関連団体

研究機関・大学
詳細カテゴリ
メディア関係者の皆様へ
エフセキュアブログメンバー
エフセキュアブログメンバー
ミッコ・ヒッポネン
エフセキュア CRO(セキュリティ研究所主席研究員)(ヘルシンキ)
(Twitterアカウント)
(研究所Twitter)
ショーン・サリバン
エフセキュア セキュリティ・アドバイザー(ヘルシンキ)
(Twitterアカウント)
高間 剛典
メタ・アソシエイツ代表
(公式ブログ)
(Twitterアカウント)
星澤 裕二
株式会社セキュアブレイン 最高技術責任者
(公式ブログ)
(人物紹介)
岩井 博樹
デロイト トーマツ リスクサービス株式会社 (〜2013年3月 株式会社ラック) 情報セキュリティ大学院大学 客員研究員
(Twitterアカウント)

(人物紹介)
福森 大喜
株式会社サイバーディフェンス研究所 上級分析官
CDI-CIRTメンバー
(人物紹介)
鵜飼 裕司
株式会社FFRI 代表取締役社長
(人物紹介)
福本 佳成
楽天株式会社
執行役員
OWASP Japan
アドバイザリーボード
Rakuten-CERT representative
(人物紹介)
神田 貴雅
エフセキュア株式会社 プロダクトグループ 部長
富安 洋介
エフセキュア株式会社 プロダクトグループ
コーポレートセールスチーム
エフセキュア株式会社
(エフセキュアブログ公式Twitterアカウント)

海外記事翻訳
株式会社イメージズ・アンド・ワーズ
エフセキュアメールマガジン

ブログに載らないメルマガ限定情報や、技術者インタビュー、製品情報、技術解説を掲載して毎月一回配信します。アドレスのみの登録で購読無料。

エフセキュアブログQRコード
QRコード