エフセキュアブログ

ポリシーマネージャ を含む記事

エフセキュア、全国の自治体のマイナンバー制度対応状況を調査

エフセキュアが全国の自治体の情報セキュリティ担当者を対象に実施したアンケートの結果により、マイナンバー制度への対応が完了している自治体は8%に過ぎないことがわかりました。このアンケートは、2015年5月13日から6月8日の期間に全国749の自治体に対して、電話によるヒアリング形式で行われ、655の自治体から回答をいただきました。このうち「マイナンバー制度への対応が完了している」と回答いただいた自治体は54でした。

昨今、日本でも100万人以上の個人情報が流出する事案が発生するなど、マルウェア感染に起因する個人情報漏洩が大きな問題となっています。エフセキュアでは、マイナンバー制度の運用開始に向けて、特に自治体での安全な運営の支援を目的として、PCやサーバでのサンドボックスによる未知のウイルスを含む検知性能の向上を提唱し、「エフセキュア 公共ライセンス プレミアム」のキャンペーンを展開しています。本キャンペーンでは、2016年3月28日までにエフセキュア受注分の「エフセキュア 公共ライセンス プレミアム」を対象に、新規ライセンス購入価格を一律10%ディスカウントしています。

「エフセキュア 公共ライセンス プレミアム」には、下記のエフセキュア製品のライセンスが含まれており、PCやサーバのようなエンドポイントのみならず、ゲートウェイ・セキュリティも含まれる、導入し易い包括的なスイート製品です。

  • エフセキュア クライアント セキュリティ プレミアム
  • エフセキュア Windows サーバセキュリティ プレミアム
  • エフセキュア Microsoft Exchange & XenAppセキュリティ プレミアム
  • エフセキュア アンチウイルス Linux ゲートウェイ
  • エフセキュア Linux セキュリティ フルエディション
  • エフセキュア Linux セキュリティ コマンドラインエディション
  • エフセキュア 仮想スキャンサーバ
  • エフセキュア ポリシーマネージャ

「エフセキュア 公共ライセンス プレミアム」は、Windows、Windowsサーバ、Linuxサーバを対象プラットフォームとするスイート製品で、サンドボックス技術のみならず、パッチ管理の自動化による脆弱性対策機能や、集中管理ツールによる可視化など、マイナンバー制度運用に際して求められる強固なセキュリティ機能を備えています。

「エフセキュア 公共ライセンス プレミアム」に含まれるPC向けのソリューション「エフセキュア クライアント セキュリティ」は、AV-TEST*により4年連続でBest Protection Awardを受賞した、高い防御能力を備えており、自治体のお客様はコストパフォーマンスの高い対策を実現することができます。


* AV-TESTについて
AV-TEST GmbHは、ITセキュリティおよびアンチウイルス研究分野の独立系機関です。最新の悪質なソフトウェアとその利用法の検出および分析に焦点を当て、セキュリティ製品の総合的な比較検証を行っています。

エフセキュア、地方公共団体向けにマイナンバー制度対応のキャンペーン開始

エフセキュア株式会社は、地方公共団体での「社会保障・税番号制度(以下、マイナンバー制度)」の運用開始に向けて、セキュリティを強化し安全なデータアクセスを支援する統合的な製品「エフセキュア 公共ライセンス プレミアム」のキャンペーンを展開することを発表します。

マイナンバー制度は、社会保障や税務、災害対策行政での利用を目的に、2015年10月より個人への番号通知が開始され、2016年1月から利用が開始されます。エフセキュアは、地方公共団体におけるマイナンバー制度の安全な運用の支援を目的に、公共団体向けの統合的なセキュリティ製品「エフセキュア 公共ライセンス プレミアム」のキャンペーンを展開します。

「エフセキュア 公共ライセンス プレミアム」は、AV-TEST*により4年連続でBest Protection Awardを受賞した、高い防御能力で定評のあるPC向けのソリューション「エフセキュア クライアント セキュリティ」に加え、Windowsサーバ、Linuxサーバならびにメールゲートウェイも対象としたアンチウイルスのスイート製品です。

マイナンバー制度の運用開始にあっては、情報漏洩の原因となるウイルス感染を未然に防止する高い防御能力が求められています。こうした要件に対し「エフセキュア 公共ライセンス プレミアム」は次のような機能を提供し、公共団体でのシステムの情報漏洩防止対策の能力を強化します。

  • サンドボックスによる未知のウイルスを含む検知性能
  • アプリケーション制御による出口対策と可視化
  • 集中管理ツール「エフセキュア ポリシーマネージャ」によるポリシーベースの管理機能
  • 「ソフトウェア アップデータ」でのパッチ管理による脆弱性対策

本キャンペーンは2015年5月11日より開始し、2016年3月28日までにエフセキュア受注分の「エフセキュア 公共ライセンス プレミアム」を対象に、新規ライセンス購入価格を一律10%ディスカウント致します。


* AV-TESTについて
AV-TEST GmbHは、ITセキュリティおよびアンチウイルス研究分野の独立系機関です。最新の悪質なソフトウェアとその利用法の検出および分析に焦点を当て、セキュリティ製品の総合的な比較検証を行っています。

エフセキュア、ソネットの仮想クライアントソリューションに快適でセキュアなマルウェア対策を提供

エフセキュア株式会社(本社: 東京都港区、カントリーマネージャ: アリエン ヴァン ブロックランド、以下 エフセキュア)は、ソネット株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長 石井隆一、以下 ソネット)の法人向け仮想クライアント新サービス「Mobility Acceleration」に、エフセキュアのマルウェア対策ソリューション「エフセキュア仮想スキャンサーバ」が標準搭載されたことを発表いたします。

ソネットの「Mobility Acceleration」は、2014年5月21日に提供が開始された、”bit-drive”ブランドで展開される法人向け仮想クライアントソリューションです。「Mobility Acceleration」のDaaS型ソリューション「仮想デスクトップサービス」および「Windows Server パッケージ」に、エフセキュアの仮想環境向けマルウェア対策ソリューションが標準搭載されました。「仮想デスクトップサービス」には「エフセキュア 仮想スキャンサーバ」と「エフセキュア Windows サーバ セキュリティ」が、「Windows Server パッケージ」には「エフセキュア 仮想スキャンサーバ」がそれぞれ採用されています。これにより両サービスのユーザは、高い検知率や防御機能を持ち仮想環境に最適化されたエフセキュアのテクノロジーによって保護されます。

ソネット株式会社の執行役員(bit-drive事業担当)、雁瀬繁氏は、「企業のIT環境においてはスマートフォンやタブレットの普及に伴い、クライアントの仮想化が急速に発展しています。この度、So-netではこのようなニーズに対応すべく、DaaSをはじめとしたクライアント仮想化ソリューション 『Mobility Acceleration』の提供開始に至りました。本サービスでは高度なセキュリティ環境を構築することが極めて重要です。仮想環境に最適化されたエフセキュアの仮想スキャンサーバにより、高度なセキュリティ対策が実現できることを喜ばしく思います。」と語っています。

またエフセキュア株式会社のカントリー・マネージャ、アリエン・ヴァン・ブロックランドは「ソネットの、仮想化時代を先取りした新サービス『Mobility Acceleration』に対し深く賛同申し上げます。エフセキュアはソネットのこのような先進的なサービスにおいて選ばれたことを誇りに思い、同サービスのお客様に対して妥協のないかつ快適なセキュリティ環境を提供してまいります。」と述べています。

「エフセキュア 仮想スキャンサーバ」はクラウド・サービスや仮想化環境でのシステム構築が益々普及して行く時代に向け、脆弱性攻撃、標的型攻撃などに対しても高い防御能力を持ち、これらを最適化されたリソース消費で実現する画期的なアンチ・マルウェアソリューションです。「エフセキュア 仮想スキャンサーバ」はHyper-V、vSphere、XenServerなどさまざまなハイパーバイザーをサポートしており柔軟性と拡張性を実現したセキュリティ対策を提供します。

また、「エフセキュア ポリシーマネージャ」を使うことにより物理・仮想環境の混在する複雑なハイブリッド環境であっても容易に構築、管理することが可能となります。

OpenSSLにおける ’HeartBleed’脆弱性のエフセキュア製品への影響

HeartBleedは、OpenSSLの暗号化ライブラリにおける重大なセキュリティの脆弱性 (CVE-2014-0160)です。このライブラリは、オンラインのサイトやWebベースのサービスで安全な通信を提供するために広く使用されています。この脆弱性は、攻撃者が痕跡を残すことなくサーバのメモリから情報を読むことを潜在的に許容します。つまり、Webサーバの秘密鍵情報やユーザパスワードのような非常に機密性の高い情報が、攻撃者によりコピーされた可能性があります。

エフセキュア製品の中にも、当該セキュリティ勧告の影響を受ける製品・サービスが存在します。

当該セキュリティ勧告は、以下のURLで追加情報のアップデートを行います。

http://www.f-secure.com/ja/web/business_jp/support/support-news/view/story/1450043


リスクファクター:  重大  (低/中/高/重大)


影響を受ける製品とバージョン:
  • エフセキュアMicrosoft Exchange & XenAppセキュリティ 10.00 – 11.00
  • エフセキュア Windowsサーバ セキュリティ10.00-11.00
  • エフセキュア プロテクションサービスビジネス サーバ10.00
  • エフセキュア プロテクションサービスビジネス メールサーバ10.00

影響を受けるプラットフォーム:  上記製品がサポートする全てのプラットフォーム

<<<2014年4月14日追加>>>

1) 2014年04月14日19:00現在、以下の製品に Hotfix 1 がリリースされています。各製品のダウンロードの Hotfixes の項目を参照ください。 上記の対応における記事にも Hotfix のリンクや適用方法が記載されていますので、合わせてご参照ください。
  •  サーバセキュリティ、および、メールとサーバセキュリティ 10.x - 11

        - F-Secure サーバセキュリティ 11.0 Hotfix 1
          http://www.f-secure.com/ja/web/business_jp/support/downloads/-/carousel/view/135
        - F-Secure サーバセキュリティ 10.xx Hotfix 1
          http://www.f-secure.com/ja/web/business_jp/support/downloads/-/carousel/view/135/10.x
        - F-Secure メールとサーバセキュリティ 11.0 Hotfix 1
           http://www.f-secure.com/ja/web/business_jp/support/downloads/-/carousel/view/134
        - F-Secure メールとサーバセキュリティ 10.xx Hotfix 1
           http://www.f-secure.com/ja/web/business_jp/support/downloads/-/carousel/view/134/10.x

 

2) 2014年04月14日19:00現在、以下の製品で MultiFix がチャネル配信済です。

  • PSB サーバセキュリティ、および、PSB Emailサーバセキュリティ 10.00
   「自動更新」→「ダウンロード」において、"PSB ESS 10.00 MF01" (PSB ESSの例)が表示されていれば適用済です。

<<<ここまで>>>

注意:  以下の製品は影響を受けません。
  • エフセキュア クライアント セキュリティ
  • エフセキュア アンチウイルス ワークステーション
  • エフセキュア Linuxセキュリティ
  • エフセキュア アンチウイルス Linuxゲートウェイ
  • エフセキュア ポリシーマネージャ
  • エフセキュア プロテクションサービス ビジネス ワークステーション
  • エフセキュア プロテクションサービス ビジネス 管理ポータル
  • エフセキュア プロテクションサービス ビジネス Linux

---【お問い合わせ】-----------------------------------------------------

エフセキュア株式会社

■ 本件に関する技術的なお問い合わせ窓口
TEL.045-440-6620
E-mail:anti-virus-japan@f-secure.co.jp
  
■ 申請等に関するお問い合わせ窓口
TEL.03-5545-8940
E-mail:japan@f-secure.co.jp
  
□ 製品一般情報URL   
http://www.f-secure.com/ja_JP/products/business/
  
□ 製品サポート情報URL
http://www.f-secure.com/ja_JP/support/business/

エフセキュア Linuxセキュリティ フル エディション / コマンドライン エディションの新メジャーバージョンをリリース

エフセキュア株式会社は、LinuxサーバOS向けセキュリティ対策の「エフセキュア Linuxセキュリティ フル エディション」および「エフセキュア Linuxセキュリティ コマンドライン エディション」の新しいメジャーバージョンとなる、Ver10.00をリリース致しました。Redhat Enterprise Linux6.5やCentOS6.5、Debian7.0、Ubuntu12.04などの最新のOSへ対応を行いました。

Linuxの利用は、WindowsやUnixの代替というだけでなく、クラウドの基盤としても増え続けています。Linuxの利用の増加で、そこを標的にするマルウェアや侵入などの攻撃が今後拡大することが懸念されます。Linuxのセキュリティ対策がOSの新しいバージョンに対応することで、新しいOS利用の一助となり、OS自身の最新のセキュリティ機能との相乗効果となることが期待されます。
なお本年後半には、新しい検査エンジンを搭載し、パフォーマンスと検知率の更なる向上を図った新バージョンのリリースも予定しています。

2種類のエディション

エフセキュアでは、用途に応じ2種類のLinuxサーバ保護ソリューションを提供します。いずれも、Linuxサーバへの不正侵入を防ぎます。

「エフセキュア Linuxセキュリティ フル エディション」は、Linuxへのマルウェア感染やLinuxを踏み台にしたマルウェアの拡散を防ぐだけではなく、外部からの改ざんを防ぐ機能を提供し、Linuxを総合的に保護します。ポリシーマネージャを利用した集中管理にも対応し、多くのサーバを少ないコストでしっかりと管理できます。

「エフセキュア Linuxセキュリティ コマンドライン エディション」は、Linux OSの管理者が親しみやすいコマンドベースのインターフェースを備えたアンチウイルス製品です。コマンドライン上で全ての操作を完了できるので、他のプログラムやシェルスクリプトから呼び出して使うことができ、ソフトウェア組み込みに最適です。

製品の詳細はこちらをご覧ください。

法人向け製品 新バージョンのご紹介1

どうもエフセキュア 富安です。
前回の投稿から随分経ってしまいました。今後はもうちょっと短い間隔で投稿出来るように頑張りたいと思います。。。

それはさておき、昨日、法人向けのWindows用製品の新バージョンをリリースしましたので、旧バージョンから変更/追加された機能を中心にご紹介したいと思います。

今回リリースしたのは、Windows XP等のワークステーション向けエンドポイント製品のエフセキュア クライアントセキュリティ Ver9.00 / エフセキュア アンチウイルス ワークステーション Ver9.00と、それを集中管理するためのポリシーマネージャ Ver9.00になります。

今日は、エフセキュア クライアントセキュリティ Ver9.00に追加された、ブラウザ保護の機能について紹介したいと思います。

先行してリリースしましたコンシューマ向けのエフセキュア インターネットセキュリティ2010には既に搭載されている機能ですが、今回の新バージョンで法人向けのエフセキュア クライアントセキュリティ Ver9.00にも搭載されました。


ブラウザ保護は、ユーザが危険なWebサイトにアクセスしないようにするための機能です。
クライアントセキュリティをインストールして機能を有効にすると、ブラウザにアドオンとしてブラウザ保護のツールバーが追加されます。

browsing_protection_toolbar

「評価: 安全」と「評価: 不明」のWebサイトにアクセスした場合には、通常通りWebサイトが表示されます。

ただし、「評価: 危険」の場合は、Webサイトを表示する代わりに、以下の画面が表示し、ウイルス感染の危険があるようなサイトを開かないようにしています。

browsing_protection_danger


また、ブラウザ保護は直接危険なサイトにアクセスしたときだけではなく、googleやYahoo、MSNサーチ等の検索結果や、

browsing_protection_search


GmailやHotmailなどのWebメールからのリンクについて、評価結果をあらかじめ表示します。

browsing_protection_webmail

※画像は解像度があまり高くないので、クリックして見てください。

ブラウザ保護が対応しているWebブラウザは、以下の製品/バージョンです。
・Internet Explorer Ver6 以降
・Firefox Ver2 以降

検索結果に評価を表示できるサーチエンジンは、以下になります。
・Google
・Yahoo
・MSN

リンクに評価を表示できるWebメールは、以下になります。
・Gmail
・Hotmail

Webサイトの評価は、世界中のエフセキュアのオンラインサーバにデータベースとして保存され、クラウドとしてユーザに情報を提供します。
また、データベースはユーザからの報告も元にして更新されますので、評価が不明なWebサイトを見つけた場合は、「エフセキュアに通知する」のボタンから、評価をご報告頂けますと幸いです。


次回は、「脆弱性シールド」という新機能について紹介したいと思います。
バックナンバー
セキュリティ関連リンク
セキュリティ機関

政府関連

セキュリティ関連団体

研究機関・大学
詳細カテゴリ
メディア関係者の皆様へ
エフセキュアブログメンバー
エフセキュアブログメンバー
ミッコ・ヒッポネン
エフセキュア CRO(セキュリティ研究所主席研究員)(ヘルシンキ)
(Twitterアカウント)
(研究所Twitter)
ショーン・サリバン
エフセキュア セキュリティ・アドバイザー(ヘルシンキ)
(Twitterアカウント)
高間 剛典
メタ・アソシエイツ代表
(公式ブログ)
(Twitterアカウント)
星澤 裕二
株式会社セキュアブレイン 最高技術責任者
(公式ブログ)
(人物紹介)
岩井 博樹
デロイト トーマツ リスクサービス株式会社 (〜2013年3月 株式会社ラック) 情報セキュリティ大学院大学 客員研究員
(Twitterアカウント)

(人物紹介)
福森 大喜
株式会社サイバーディフェンス研究所 上級分析官
CDI-CIRTメンバー
(人物紹介)
鵜飼 裕司
株式会社FFRI 代表取締役社長
(人物紹介)
福本 佳成
楽天株式会社
執行役員
OWASP Japan
アドバイザリーボード
Rakuten-CERT representative
(人物紹介)
神田 貴雅
エフセキュア株式会社 プロダクトグループ 部長
富安 洋介
エフセキュア株式会社 プロダクトグループ
コーポレートセールスチーム
エフセキュア株式会社
(エフセキュアブログ公式Twitterアカウント)

海外記事翻訳
株式会社イメージズ・アンド・ワーズ
エフセキュアメールマガジン

ブログに載らないメルマガ限定情報や、技術者インタビュー、製品情報、技術解説を掲載して毎月一回配信します。アドレスのみの登録で購読無料。

エフセキュアブログQRコード
QRコード