エフセキュアブログ

AV-Comparatives を含む記事

ウイルス対策ソフトの第三者評価

ウイルス対策ソフトの選定にお困りの方は多いと思います。そのため、第三者評価ということでいくつかの機関が評価結果を出しています。が、評価機関も複数あって、どの評価機関のものを信用していいかわからないというのが実情だと思います。

さらに、当然のことながら各社のマーケティングは自分たちに都合の良い結果が出ている評価を意図的に選んで使うため、結局、各社ともに「自分たちがトップ!」というグラフが出てきます。

ThirdParty_Symantec ThirdParty_Trendmicro ThirdParty_Kaspersky
第三者機関の評価・受賞暦|シマンテックストアより引用 エンドポイントセキュリティ製品(個人向け)の技術評価 | トレンドマイクロより引用 カスペルスキー製品、2015年の第三者評価機関のテストに94回参加し、60回のトップ評価を受賞 | カスペルスキーより引用

そんな中、エフセキュアブログの記事、エフセキュアブログ : AV-Comparativesによる現実世界のテスト結果は一味違います。
ThirdParty_FSecure
エフセキュアブログ : AV-Comparativesによる現実世界のテスト結果より引用

よく見るとこれは「自分たちがトップ!」というグラフではなく、あえて順位を書き出してみると、
一位:カスペルスキー
二位:トレンドマイクロ
三位:エフセキュア
となっているのです。

これは確かに信用できそうですね。

AV-Comparativesによる現実世界のテスト結果

 AV-Comparativesは月次で「Whole Product Dynamic Real-World Protection」というテストを実施している。この組織は、2016年4月を対象とした3回目のテスト結果を今しがた公表した。そして今年これまでのところ、当社製品はよくやっており、非常に喜ばしく思っている。

AV Comparatives April Real-World test results
AV Comparativesの4月の「Whole Product Dynamic Real-World Protection」テストの結果

 AV-Comparativesの人たちは極めて網羅的なテストを実施している。現実世界の脅威に対し、セキュリティ製品がどれほど機能するかをきっちりと確かめるべく、実際に侵害されたサイトを求めてインターネットを調査して回るのだ。大抵の場合、侵害されたサイトは発見されると速やかに削除されることを考えると、これはきつい仕事だ。今回の最新のテストでは、彼らはWindows 7 SP1と、完全に更新した最新版のサードパーティ製のソフトウェア群をシステムに導入した。完全にパッチを当てられたソフトウェアを侵害し得る悪意あるサイトを見つけるのは大変だ。我々は彼らの勤勉さを称賛する。

 AV-Comparativesの今年のこのテスト全般において、当社は投げつけられた脅威を100%ブロックした(3回連続でブロックした、わずか2社のうちの1社だ!#hattrick)。しかしながら、わずかな誤検知に苦しめられた。これは主に、当社製品はサンプルの普及に基づいて決定を行うロジックを使用しているという事実による。テスト対象のサンプルの1つを目撃したことのある顧客がいなかったり、あるいは非常に少なかったりした場合には、サンプルの特異性に基づいてこれをブロックする可能性がある。当社の顧客がいまだ遭遇したことがないクリーンなサンプルを見つけたときに、Andreas Clementiと(彼らのクレジットによれば)彼のチームは、非常に狡猾なのだ。それが当該テストにおいて、当社がしばしば過検知してしまう理由である。しかし、それについて我々は大きなストレスを感じているわけではない。サンプルはいずれも重要なシステムファイルではなく、また当社製品に特別なロジックを組み込んでおり、システムやソフトウェアを破壊しかねないファイル群を決して誤検知と判定しないようにしている。結局我々にとっては、潜在的なちょっとした問題をすべて回避するよりも、出会う脅威をすべてブロックするほうが重要なのだ。

 しかし我々はそのロジックに基礎を置くわけではない。過去の投稿を思い出して頂きたい。我々は正規のファイルの収集および分析の自動化を改善する開発プロセスの途上にある。クリーンなサンプルを追い詰めたときには、Clementiと彼のチームを出し抜きたいと考えている。

 Andreasや、AV-Comparativesのすべてのスタッフに対し、彼らの行っている大変な仕事に謝意を示したい。彼らのテストは当業界には重要だ。そしてこうしたテストが我々にとって、顧客をどれだけ保護しているかについて、計り知れないほど貴重な測定結果となる。

エフセキュア、AV-Comparativesの最高評価「Advanced +」を受賞



エフセキュアは、オーストリアの非営利機関AV-Comparativesの最新のサマリーレポートで次のように評価されました。「エフセキュアは3つのテストで最高評価である ’Advanced+’ を獲得。わかりやすい斬新なデザインの新しいユーザインターフェースが非常に使いやすく、優れたアラート機能を備えている」

AV-Comparativesのテストでは、各製品の「実世界におけるインターネットの脅威に対する保護能力、新たに出現する数千もの悪意のあるプログラムの識別能力、PCの処理速度を落とさずにセキュリティ保護を提供する能力を評価しているほか、オプションのテストではウイルスに感染したPCからマルウェアを除去する能力、新たな未知の脅威をブロックする能力、ユーザをフィッシング攻撃から守る能力」をテストしています。

このレポートでは、各インターネットセキュリティソフトがインストールされた時点からの使いやすさを評価しています。ユーザへの警告、検索サービス、ブラウザのカスタマイズ、ウイルススキャンといった各製品の主要機能が詳細に検査されています。

レポートにおけるエフセキュアの評価は以下のとおりです。「シングルウィンドウを採用したエフセキュアの新しいインターフェースのデザインにはすばらしい印象を受けた。わかりやすいホーム画面からは、ステータスを確認できるほか、ヘルプ機能とスキャン機能を実行できる一方、その他の機能はすべてToolsタブをクリックすることで簡単にアクセスできる」

F-Secure インターネット セキュリティは既存および未知のオンラインの脅威からお客様を守ります。迅速にインストールでき、使用方法はシンプルで、さらにお使いのコンピューターの処理速度に負荷を与えません。

詳細情報:
F-Secure インターネット セキュリティ

第三者機関AV-Comparativesについて
AV-Comparativesは、「実世界におけるインターネットの脅威」に対するセキュリティ・ソフトウェアの能力を評価する、オーストリアの独立系機関です。


>>原文へのリンク

「Poika」を連れて街を練り歩く:2014

 当社のF-Secureクライアント セキュリティは、つい先日AV-TESTのBest Protection Award 2013を受賞した。

 そして伝統に従い、街を巡るツアーにその「Poika」を連れ出した。

Poika's from the past

  •  Best Protection Award 2012
  •  Best Protection Award 2011
  •  AV-Comparatives Product of the Year 2010

 数多くの企業がテストの対象となっている。この集団の先頭で走るには献身が必要だ。

 チームの皆さん、おめでとう!

Poika
本社にいるPoika

Poika
ヘルシンキ大聖堂の外にいるPoika

Poika
岩の上のPoika…

Poika
セキュリティ製品担当ディレクタVeli-Jussi KestiとPoika

—————

写真撮影:Paolo Palumbo

再び「Poika」を連れて街を練り歩く

  1年前、我々はAV-Comparatives Product of the Yearアワードを受賞した。そして、同賞がいつのまにか、ヘルシンキのあちこちを回っている「「Poika」を連れて街を練り歩く」という記事を掲載した。

  さて、我々は今日、「エフセキュア クライアント セキュリティ」で「AV-TEST Best Protection Award」のトロフィーを受けた。

  そして再び街に出る時が来た。

Cathedral
ヘルシンキ大聖堂前の「AV-TEST Poika」

HQ
エフセキュア本社と「Poika」

Snow
雪に埋もれる「Poika」

Valtioneuvoston Linna
Valtioneuvoston Linnaを背にした「Poika」

Sea
海辺にたたずむ「Poika」

  「Poika」は、優勝トロフィーを意味するフィンランド語のホッケー用語だ。以下のビデオが詳しく説明してくれるだろう。



「Poika」を連れて街を練り歩く

  我々フィンランド人は、スウェーデン人が嫌いだ。

  これはホッケーに関連している。

  ご承知の通り、ホッケーはフィンランドの国技だ。なのに我々はたいてい、スウェーデンに負けてしまう。

  だが負けなかったときは、盛大にお祝いする。

  我々の伝統の一つに、我がホッケーチームがトロフィーをあらゆる所に持って行くというものがある。そしてトロフィーは常に「Poika」(フィンランド語で「息子」)と呼ばれる。

  ところで、エフセキュアは「AV-Comparatives Product of the Year」アワードを受賞したばかりだ。

  以下が、我々の獲得したトロフィーだ:

F-Secure - AV-Comparatives Product of the Year

  我々は伝統を受け継ぐべきだと考えた。

  以下は、街を練り歩く我々の「Poika」の様子だ:

F-Secure - AV-Comparatives Product of the Year
エフセキュア本部の側の「Poika」

F-Secure - AV-Comparatives Product of the Year
ヘルシンキ大聖堂近くの「Poika」

F-Secure - AV-Comparatives Product of the Year
ヘルシンキ中心部の「Poika」

F-Secure - AV-Comparatives Product of the Year
公園の「Poika」

F-Secure - AV-Comparatives Product of the Year
雪の中、一人たたずむ「Poika」

F-Secure - AV-Comparatives Product of the Year
Esplanadi Parkの「Poika」

F-Secure - AV-Comparatives Product of the Year
Valtioneuvoston Linna側の「Poika」

F-Secure - AV-Comparatives Product of the Year
海辺の「Poika」

F-Secure - AV-Comparatives Product of the Year
マーケットスクエアの「Poika」

F-Secure - AV-Comparatives Product of the Year
氷結した海を見つめる「Poika」

F-Secure - AV-Comparatives Product of the Year
サウナで温まる「Poika」

F-Secure - AV-Comparatives Product of the Year
「Poika」とKiasmaアートギャラリー

F-Secure - AV-Comparatives Product of the Year
「Poika」と国会議事堂(左)

F-Secure - AV-Comparatives Product of the Year
ニコライ2世号と凍える「Poika」

P.S. AV-ComparativesおよびAV-Test.org(リンク)による最新のテストで、我々は他社全てを凌駕した。これらのテストには、スピードのほか検出率も含まれている。これにより、エフセキュアは「The Best Antivirus in The World」となった。

Tonight We Dine in Hell

  今年、我々は非常に一生懸命働いてきた。そしてそのすべてが報われた!

  エフセキュアがAV-Comparativesの「Whole Product Dynamic Test for 2010」を受賞し、また一つ、今年7番目となるAdvanced+アワードを獲得したのだ。我々は現在、AV-Comparativesが2010年に授与した最高カテゴリーのアワードを、最も多く保持しているベンダだ。

  「Whole Product Dynamic Test」での1位と2位の差は、これ以上無いほどに僅差だ。

http://www.av-comparatives.org/comparativesreviews/dynamic-tests
Image from AV-Comparatives Whole Product Dynamic Test — Summary 2010

  エフセキュアはテストされたファイルのうち1946をブロックし、Symantecは1936をブロックした。しかしSymantecはさらに、19のファイルについてユーザの意見を求めている。これらに関してSymantecは、それぞれに半分のポイントが与えられた。

  その結果、最終スコアは以下のようになった:

エフセキュア:1946
Symantec:1945.5

  僅差だ。我々はサンプル半分の差で勝利した。

This is AV-Comparatives!

  ソーリー、Symantec!

セキュリティ製品の評価・認証機関

9月は新製品ラッシュです。セキュリティ対策ベンダー各社からウイルス対策製品などのセキュリティ製品の新バージョンが発表されています。エフセキュア社も「エフセキュア インターネット セキュリティ2010」を9月4日より発売開始しています。

市場にはセキュリティ製品があふれています。選択肢が増え、自分に見合った機能や価格の製品を購入することができるようになりました。しかし一方で多種多様な製品にとまどってしまうこともあるようです。筆者もセミナーなどで講演すると必ずといって良いほど「おすすめのウイルス対策ソフトは?」と聞かれます。

製品の購入を検討する際、セキュリティ製品の評価・認証機関の情報を参考にするというのも有効な方法のひとつでしょう。どの評価が信頼できるものかという問題がありますので、さまざまな評価を横断的にみて判断するのが良さそうです。下にセキュリティ製品のの評価・認証機関のサイトをご紹介いたします(ほかにご存じの方がいらっしゃいましたらぜひ教えてください)。
Checkmark (West Coast Labs)
ICSA Labs

いろいろな評価をチェックしすぎてさらに混乱ということになりませんように。あしからず。
バックナンバー
セキュリティ関連リンク
セキュリティ機関

政府関連

セキュリティ関連団体

研究機関・大学
詳細カテゴリ
メディア関係者の皆様へ
エフセキュアブログメンバー
エフセキュアブログメンバー
ミッコ・ヒッポネン
エフセキュア CRO(セキュリティ研究所主席研究員)(ヘルシンキ)
(Twitterアカウント)
(研究所Twitter)
ショーン・サリバン
エフセキュア セキュリティ・アドバイザー(ヘルシンキ)
(Twitterアカウント)
高間 剛典
メタ・アソシエイツ代表
(公式ブログ)
(Twitterアカウント)
星澤 裕二
株式会社セキュアブレイン 最高技術責任者
(公式ブログ)
(人物紹介)
岩井 博樹
デロイト トーマツ リスクサービス株式会社 (〜2013年3月 株式会社ラック) 情報セキュリティ大学院大学 客員研究員
(Twitterアカウント)

(人物紹介)
福森 大喜
株式会社サイバーディフェンス研究所 上級分析官
CDI-CIRTメンバー
(人物紹介)
鵜飼 裕司
株式会社FFRI 代表取締役社長
(人物紹介)
福本 佳成
楽天株式会社
執行役員
OWASP Japan
アドバイザリーボード
Rakuten-CERT representative
(人物紹介)
神田 貴雅
エフセキュア株式会社 プロダクトグループ 部長
富安 洋介
エフセキュア株式会社 プロダクトグループ
コーポレートセールスチーム
エフセキュア株式会社
(エフセキュアブログ公式Twitterアカウント)

海外記事翻訳
株式会社イメージズ・アンド・ワーズ
エフセキュアメールマガジン

ブログに載らないメルマガ限定情報や、技術者インタビュー、製品情報、技術解説を掲載して毎月一回配信します。アドレスのみの登録で購読無料。

エフセキュアブログQRコード
QRコード