エフセキュアブログ

JS/AnglerEK.D を含む記事

ブラウザとメール:マルウェア配信における最大の攻撃経路

 エフセキュアラボでは、顧客が一般的に遭遇するような普及している脅威について継続的に監視している。脅威の大勢を観察する際、我々はサイバー犯罪者が用いる感染経路を調査する。また、こうした攻撃から顧客を保護する効果的な方法を探る。

 以下は、当社の顧客を保護した検知の上位10件である。なお、上位2つはエクスプロイトとスパムメールに関連している。

top10_worldmap_20160428

 まず、最上位にランクされた検知について見ていこう。

ブラウザ経由での攻撃:Angler EK(エクスプロイトキット)

 当社における検出でExploit:JS/AnglerEK.DとなるAngler EK(現在もっとも活動的なエクスプロイトキット)は、当社の世界地図上の統計で最上位の1つになっていることが多い。

 ここ24時間で、同エクスプロイトキットは攻撃的なキャンペーンを再開したように見える。

AnglerEK_hits_20160428

 ユーザは大抵の場合、侵害されたWebサイトを訪れることで感染する。こうしたWebサイトには、インジェクションするリダイレクタのスクリプトや、悪意ある広告(マルバタイジング)が含まれている。このキャンペーンでは、ヒットするのは侵害されたWebサイトからだが、一部はOpenXの広告プラットフォーム経由でもやってくる。

angler_adplatform_blur

 Angler EKは、ワンクリック詐欺のトロイの木馬をインストールすることで知られているBedepを配信し続けている。また、最近ではランサムウェアCryptXXXもインストールする。

angler_saz_20160427_blur

メール経由での攻撃:JavaScriptのダウンローダ

 当社の統計で2番目に多く検知したのは、JavaScriptのダウンローダであるTrojan:JS/Kavala.Dだ。このJavaScriptのダウンローダは、大抵の場合スパムメールに添付されたzipファイルに格納されて届く。当社のテレメトリー上で急上昇を引き起こした、現行のスパムキャンペーンのメールのサンプルを以下に示す。

locky_spam1

locky_spam2

 Locky、TeslaCryp、Dridex、GootKit、Kovter、Boaxxe、Gamarueのようなマルウェアを配信するスパムキャンペーンにおいて、過去数か月の間、ダウンローダとしてJavaScriptを使用するケースが増加しているのを当社では目撃してきた。通常、このようなスパムは様々なテーマで届く。「請求」「写真共有」「支払・注文」「履歴書」「スキャン画像」「VISAの景品」「宅配便の通知」「保険」「Amazonの注文」といったものだ。攻撃者は被害者の範囲を広げるべく、より大きな網を打とうとしているのだ。

 JavaScriptのダウンローダで使用されているファイル名の例を以下に挙げる。

0061705_006774.js
CAN0000013502.js
20160403_914618_resized.js
01c4b975.js
details.jse
63e0f3bc.js
2016 Sales Invoice 700422016.pdf.js
bill.js
copy.js
ADCWYuEi.js
dino kennedy.js

 今回のキャンペーンでは、JavaScriptのダウンローダはランサムウェアLockyの配信を試みる。

locky_blur
Lockyの脅迫メッセージ

 当社の世界地図上でのこれら2つの検知は、マルウェアを配信する最大の攻撃経路がブラウザとメールであることを示唆している。

 顧客の皆さんには、常にブラウザおよび、Flash PlayerやSilverlightといったプラグインを最新バージョンに更新するように注意喚起する。また使用しないのであればプラグインを無効にすることをお勧めする。スパムについては、メールの添付ファイルには慎重になるようにアドバイスする。

LenovoのスタートページがAnglerを配信

 当社の顧客のアップストリーム検知レポートに基づくと…、どうやら3月13日にLenovo関連のWebサイトが侵害されたようだ。ある期間(比較的短期間)、ポータルサイト「startpage.lenovo.com」を訪れた人が、悪名高いAnglerエクスプロイトキットにリダイレクトされていた。少なくない量の暗号化ランサムウェアの発生源だ。

 そのため侵害が一定期間内に限られていたとしても、その影響は重大だろう。日曜の夜に、このサイトへのトラフィックが多くなかったのであればいいのだが。

startpage.lenovo.com

 今回の注目すべきアップストリームレポートで検知されたのは、Exploit:JS/AnglerEK.Dだ。Anglerの最近のペイロードはTeslaCryptである。そして当社ではこれをTrojan:W32/Rimecud.A!DeepGuardおよびTrojan:W32/TeslaCrypt.X!DeepGuardとして検知する。

 個人的には、私は「スタートページ」にポータルは使わない。私の場合、about:blankが好みだ。

When Firefox starts…

Anglerを送りつけるSkype経由のマルバタイジング

 最近のマルバタイジングのキャンペーンが示すのは、ブラウザに限らず広告を表示するプラットフォームというものは攻撃に対する免疫がないということだ。

 広告を表示する、ありふれた非ブラウザのアプリケーションの例に、Skypeがある。以下のような画像は、熱心なSkypeユーザにはおなじみのものだろう。

Skype Ad

Skype Call Ad
Skypeの広告

 昨夜までは、これはたいして煩わしいものではなかった。AppNexus(adnxs.com)という広告プラットフォーム経由でのマルバタイジング・キャンペーンによる、異常なピークを当社のグラフ上で目にするまでは。

Spike

URLs

 当社が観測した、感染させるプラットフォームにはSkypeが含まれていた。ブラウザの外部にあるプラットフォーム上に広告を表示したとしても、ブラウザからアクセスできないことでユーザが影響を受けなくなるわけではないのは興味深い。

http://ams1.ib.adnxs.com/if?e=wqT_3QLNBPBCRA[...]uAQA&s=1d86c6[...]&referrer=skype.com
    led to http://dwuplaszczyznowosc.checkcashingbridgeport.com/boards/index.php
http://ams1.ib.adnxs.com/if?e=wqT_3QLVBPQAAU[...]uAQA&s=a9adea[...]&referrer=skype.com
    led to http://staraly1savage.bendovr.com/forums/viewtopic.php

 ただSkypeを起点に感染が始まったのは、これが初めてではない。以前にも、フォーラムセキュリティニュースでSkypeのシナリオについて報告がなされている。

 今回のキャンペーンでは、最終的にエクスプロイトキットAnglerにリダイレクトされる。

 もちろん普通のブラウザでのアクセスもあるが、これはこの攻撃がSkypeユーザを標的にしているわけではないことを意味する。ブラウザを使用するユーザのために、当社で観察をした感染経路の例を以下に挙げる。

  • ユーザがebay.itを訪れる
  • ebay.itは、ad-emea.doubleclick.netから広告を取ってくる
  • doubleclick.netは、fra1.ib.adnxs.comから広告を取ってくる
  • adnxs.comは、Anglerエクスプロイトキットのランディングページであるeleison.virtualrealitybros.comへリダイレクトする
  • Anglerエクスプロイトキットが、TeslaCryptというランサムウェアをダウンロード、インストールする

 TeslaCryptに感染したマシンには、以下のメッセージが表示される。

TeslaCrypt

 adnxs.comへリダイレクトする人気のWebサイトとしては他にゲーム関連サイト(wowhead.comgsn.comzam.comwikia.com)、ニュースサイト(dailymail.co.uk)、msn.comのようなインターネットポータルなどがある。

 今回のキャンペーンは非常に速やかに終結したように見える。キャンペーンが活発なときに良かったことと言えば、当社のユーザはこの脅威から保護されていた点である。当社ではExploit:JS/AnglerEK.Dとして、Anglerを検知している。

バックナンバー
セキュリティ関連リンク
セキュリティ機関

政府関連

セキュリティ関連団体

研究機関・大学
詳細カテゴリ
メディア関係者の皆様へ
エフセキュアブログメンバー
エフセキュアブログメンバー
ミッコ・ヒッポネン
エフセキュア CRO(セキュリティ研究所主席研究員)(ヘルシンキ)
(Twitterアカウント)
(研究所Twitter)
ショーン・サリバン
エフセキュア セキュリティ・アドバイザー(ヘルシンキ)
(Twitterアカウント)
高間 剛典
メタ・アソシエイツ代表
(公式ブログ)
(Twitterアカウント)
星澤 裕二
株式会社セキュアブレイン 最高技術責任者
(公式ブログ)
(人物紹介)
岩井 博樹
デロイト トーマツ リスクサービス株式会社 (〜2013年3月 株式会社ラック) 情報セキュリティ大学院大学 客員研究員
(Twitterアカウント)

(人物紹介)
福森 大喜
株式会社サイバーディフェンス研究所 上級分析官
CDI-CIRTメンバー
(人物紹介)
鵜飼 裕司
株式会社FFRI 代表取締役社長
(人物紹介)
福本 佳成
楽天株式会社
執行役員
OWASP Japan
アドバイザリーボード
Rakuten-CERT representative
(人物紹介)
神田 貴雅
エフセキュア株式会社 プロダクトグループ 部長
富安 洋介
エフセキュア株式会社 プロダクトグループ
コーポレートセールスチーム
エフセキュア株式会社
(エフセキュアブログ公式Twitterアカウント)

海外記事翻訳
株式会社イメージズ・アンド・ワーズ
エフセキュアメールマガジン

ブログに載らないメルマガ限定情報や、技術者インタビュー、製品情報、技術解説を掲載して毎月一回配信します。アドレスのみの登録で購読無料。

エフセキュアブログQRコード
QRコード