エフセキュアラボでは、顧客が一般的に遭遇するような普及している脅威について継続的に監視している。脅威の大勢を観察する際、我々はサイバー犯罪者が用いる感染経路を調査する。また、こうした攻撃から顧客を保護する効果的な方法を探る。

 以下は、当社の顧客を保護した検知の上位10件である。なお、上位2つはエクスプロイトとスパムメールに関連している。

top10_worldmap_20160428

 まず、最上位にランクされた検知について見ていこう。

ブラウザ経由での攻撃:Angler EK(エクスプロイトキット)

 当社における検出でExploit:JS/AnglerEK.DとなるAngler EK(現在もっとも活動的なエクスプロイトキット)は、当社の世界地図上の統計で最上位の1つになっていることが多い。

 ここ24時間で、同エクスプロイトキットは攻撃的なキャンペーンを再開したように見える。

AnglerEK_hits_20160428

 ユーザは大抵の場合、侵害されたWebサイトを訪れることで感染する。こうしたWebサイトには、インジェクションするリダイレクタのスクリプトや、悪意ある広告(マルバタイジング)が含まれている。このキャンペーンでは、ヒットするのは侵害されたWebサイトからだが、一部はOpenXの広告プラットフォーム経由でもやってくる。

angler_adplatform_blur

 Angler EKは、ワンクリック詐欺のトロイの木馬をインストールすることで知られているBedepを配信し続けている。また、最近ではランサムウェアCryptXXXもインストールする。

angler_saz_20160427_blur

メール経由での攻撃:JavaScriptのダウンローダ

 当社の統計で2番目に多く検知したのは、JavaScriptのダウンローダであるTrojan:JS/Kavala.Dだ。このJavaScriptのダウンローダは、大抵の場合スパムメールに添付されたzipファイルに格納されて届く。当社のテレメトリー上で急上昇を引き起こした、現行のスパムキャンペーンのメールのサンプルを以下に示す。

locky_spam1

locky_spam2

 Locky、TeslaCryp、Dridex、GootKit、Kovter、Boaxxe、Gamarueのようなマルウェアを配信するスパムキャンペーンにおいて、過去数か月の間、ダウンローダとしてJavaScriptを使用するケースが増加しているのを当社では目撃してきた。通常、このようなスパムは様々なテーマで届く。「請求」「写真共有」「支払・注文」「履歴書」「スキャン画像」「VISAの景品」「宅配便の通知」「保険」「Amazonの注文」といったものだ。攻撃者は被害者の範囲を広げるべく、より大きな網を打とうとしているのだ。

 JavaScriptのダウンローダで使用されているファイル名の例を以下に挙げる。

0061705_006774.js
CAN0000013502.js
20160403_914618_resized.js
01c4b975.js
details.jse
63e0f3bc.js
2016 Sales Invoice 700422016.pdf.js
bill.js
copy.js
ADCWYuEi.js
dino kennedy.js

 今回のキャンペーンでは、JavaScriptのダウンローダはランサムウェアLockyの配信を試みる。

locky_blur
Lockyの脅迫メッセージ

 当社の世界地図上でのこれら2つの検知は、マルウェアを配信する最大の攻撃経路がブラウザとメールであることを示唆している。

 顧客の皆さんには、常にブラウザおよび、Flash PlayerやSilverlightといったプラグインを最新バージョンに更新するように注意喚起する。また使用しないのであればプラグインを無効にすることをお勧めする。スパムについては、メールの添付ファイルには慎重になるようにアドバイスする。