エフセキュアブログ

Java

人気のJava Exploitに改めて注意

現在、UGマーケットではJavaの脆弱性に関連した商品やサービスに注目が集まっています。
下図のようにJavaの脆弱性を標的としたEaaS(Exploit Pack as a Service)が提供されるなど、その注目度の高さが窺えます。このサービスでは、BASICとPROFESSIONALで提供されるExploitコードのタイプが異なります。端的にいえば、PROFESSIONAL版の方は標的に気付かれづらい作りになっています。6ヶ月間で50USDの差額をどう考えるかですが、ビジネスとしてサイバー攻撃を行っているグループには安い買い物でしょう。

security pack


このような背景があってかわかりませんが、2012年は日本国内を含め、ウェブ改竄被害が大変多く報告されています。先日、IPAよりウェブサイトの改竄に対して注意喚起が出ており、2013年も増加し続けています。国外の状況を含め調査しますと、これらの被害サイトの多くには悪性コードが挿入されたり、設置されています。複数のウェブサイトにおいて、類似ケースも確認されていることから、EaaSやSpreader等のサービスが利用された可能性は高いと考えられます。

このような現状に対し、IPAではこの注意喚起の中では、対策として主に次の3点を改めて推奨しています。
・Windowsの自動更新を有効に
・各種プログラムを最新に
・アンチウイルス以外の機能も持つ「統合型セキュリティソフト」の活用

いずれも基本的な対策であり、且つ大変重要な対策です。上図でも確認できるように、EaaSや一部のWeb Exploit Packではアンチウイルスソフトを回避するために、利用するExploitコードや不正プログラム等をチェックするためのツールが提供されています。そのため、アンチウイルススキャンのみでの検出が難しい場合があります。
この点を踏まえますと、上述の対策は最低限実施しておきたいところです。
また、UGマーケット内でのJava Exploitの人気を考えますとウェブブラウザのJavaを無効化等の対策も実施しておくとさらに安心です。

何はともあれ、これらの背景を踏まえますと、
・PCはJavaへの対応策は万全か
・ウェブサーバに覚えの無いコンテンツが設置されていないか
・アクセスログに不審なログは無いか(そもそも適切にログが取得されているか)

など改めて確認されてみては如何でしょうか。
併せて、攻撃トレンドの変化に付いていけるようにExploitコードや不正プログラム等の情報チェックも忘れずに。


グリーティングカードを装った標的型メールに注意

グリーティングカードを装った標的型メールが複数確認されています。
実在するサービスなので、ついクリックしてしまいそうですのでご注意ください!

greeting_card

今回、確認したケースでは記載されたURLへアクセスしますと、CVE-2013-0422(Javaの脆弱性)を悪用する攻撃コードが実行される仕組みとなっていました。
Javaの脆弱性を狙った攻撃は今後も継続することが予想されますので、特に必要のないユーザはアンインストールしておいた方が妥当かもしれません。

ちなみに、ダウンロードされる攻撃コードはmetasploitにより作成された可能性があります。
metasploit用に開発された攻撃コードの多くは研究し尽くされていますので、標的型攻撃で利用されるのは珍しいケースだなぁ、と思いました。(広範囲に対しての攻撃だったのかもしれませんが。)
もしかすると、実験的な攻撃なのかもしれませんね。

jar


Oracle Java 7の脆弱性を狙った攻撃について

28日にJVNに登録されたJavaの脆弱性(0day)が話題です。
影響範囲は、Java 7 (Java SE7, JDK 7, JRE 7)となっています。
既に攻撃コードを悪用したウェブサイトも複数報告されており、警戒が必要な状況となっています。

JVNにも記載されていますが、現在のところOracle社からはセキュリティ・パッチが配布されていません。そのため、一時的な対策としてウェブブラウザのJava Plug-inを無効化することが推奨されています。

現在確認されている悪性サイトには、次のようなコードが含まれており、Javaの脆弱性を悪用後にDrive-by Downloadによりマルウェアをインストールします。
※実際はDadong's JSXX 0.44 VIPにより暗号化されています。Dadong's JSXXは過去にChinese Packと呼ばれるExploit Kitが利用していたことでも知られています。

js_java0day

今回確認された悪性サイトよりダウンロードされるマルウェアに関しては、殆どのウイルス対策ソフトウェアが対応しています。
(ちなみに、F-SecureではGen:Trojan.Heur.FU.bqW@a4uT4@bbで検出します。)
尚、筆者が確認(28日19時頃)したところ、まだ一部の悪性サイトはアクティブなようです。

【WindowsでのJava Plug-inの無効化】
IEの場合は、次のサイトの情報が参考になります。幾つか方法が紹介されていますので、参考になればと思います。

http://www.kb.cert.org/vuls/id/636312
http://kb.iu.edu/data/ahqx.html
https://krebsonsecurity.com/how-to-unplug-java-from-the-browser/
     
【MacOSXでのJava Plug-inの無効化】
OSXの場合はこちらが参考になります。
http://www.maclife.com/article/howtos/how_disable_java_your_mac_web_browser
https://krebsonsecurity.com/how-to-unplug-java-from-the-browser/

safari_javaoff
                SafariのJava Plug-in無効化の例

SANS Internet Storm Centerの記事にもある通り、セキュリティ・パッチが公開されるまで時間がかかりそうです。
The next patch cycle from Oracle isn't scheduled for another two months (October.)
恐らくWeb Exploit Packなどにも組み込まれるのも時間の問題と予測されますため、早めの対策を推奨します。特にBlackhole Exploit Kit などは非常に不気味です。

また、IPSやアンチウイルスゲートウェイなどのセキュリティ機器による対策ですが、パッと思いついた対策を3つ挙げますと、ありきたりですが次の対策を実施しては如何でしょうか。
(1)Web Exploit Packの検知ルールを確認する(念の為)
(2)既知の攻撃コードの検知ルールを適用する
(3)既知の悪性サイトをブラックリストに登録する
とりあえず、現在報告されているドメインは次の3つがあります。
ok.aa24.net
59.120.154.62
62.152.104.149

(2)はMetasploitにより生成された攻撃コードと現在確認された悪性サイトで悪用された攻撃コードの両方を想定しておいた方が良いかもしれません。
今回確認された悪性サイトに関しては、特徴としてDadong's JSXX Scriptを利用していますので、既存のSnortのルールを参考にして作成してみるのも手だと思います。
alert tcp $EXTERNAL_NET $HTTP_PORTS -> $HOME_NET any (msg:"ET CURRENT_EVENTS JavaScript Obfuscation Using Dadong JSXX Script"; flow:established,to_client; file_data; content:"Encrypt By Dadong"; distance:0; classtype:bad-unknown; sid:2014155; rev:2;)

今後、この脆弱性を悪用する攻撃サイトが増加することが予想されます。
現状ではウイルス対策ソフトウェアの定義ファイルを最新の状態にするなどの一般的な対策を見直すことも忘れずに実施しておきたいところです。
当面、関連情報がセキュリティ関連サイトに次々とアップデートされていくと思いますので、情報収集もお忘れなく。。。

私も効果の高い対策がありましたら、随時更新したいと思います。
ではでは。

【参考情報】
http://www.deependresearch.org/2012/08/java-7-0-day-vulnerability-information.html
http://labs.alienvault.com/labs/index.php/2012/new-java-0day-exploited-in-the-wild/
http://blog.fireeye.com/research/2012/08/zero-day-season-is-not-over-yet.html
バックナンバー
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
セキュリティ関連リンク
セキュリティ機関

政府関連

セキュリティ関連団体

研究機関・大学
詳細カテゴリ
メディア関係者の皆様へ
エフセキュアブログメンバー
エフセキュアブログメンバー
ミッコ・ヒッポネン
エフセキュア CRO(セキュリティ研究所主席研究員)(ヘルシンキ)
(Twitterアカウント)
(研究所Twitter)
ショーン・サリバン
エフセキュア セキュリティ・アドバイザー(ヘルシンキ)
(Twitterアカウント)
高間 剛典
メタ・アソシエイツ代表
(公式ブログ)
(Twitterアカウント)
星澤 裕二
株式会社セキュアブレイン 最高技術責任者
(公式ブログ)
(人物紹介)
岩井 博樹
デロイト トーマツ リスクサービス株式会社 (〜2013年3月 株式会社ラック) 情報セキュリティ大学院大学 客員研究員
(Twitterアカウント)

(人物紹介)
福森 大喜
株式会社サイバーディフェンス研究所 上級分析官
CDI-CIRTメンバー
(人物紹介)
鵜飼 裕司
株式会社FFRI 代表取締役社長
(人物紹介)
福本 佳成
楽天株式会社
執行役員
OWASP Japan
アドバイザリーボード
Rakuten-CERT representative
(人物紹介)
神田 貴雅
エフセキュア株式会社 プロダクトグループ 部長
富安 洋介
エフセキュア株式会社 プロダクトグループ
コーポレートセールスチーム
エフセキュア株式会社
(エフセキュアブログ公式Twitterアカウント)

海外記事翻訳
株式会社イメージズ・アンド・ワーズ
エフセキュアメールマガジン

ブログに載らないメルマガ限定情報や、技術者インタビュー、製品情報、技術解説を掲載して毎月一回配信します。アドレスのみの登録で購読無料。

エフセキュアブログQRコード
QRコード